(54)【考案の名称】厚さ可変式ブックカバー

(51)【国際特許分類】

B42D 3/18 ・他の付属装置

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、本の厚さに対して可変的に対応する、ブックカバーに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
通常、本の大きさは縦横の寸法は同じであっても厚さは本毎に異なる。異なった本の厚さに対応する市販のブックカバーは裏表紙側の折込みカバー部分の長さ調整により対応可能であるが、取り付け方法が煩雑で、本を傷つけてしまうことも多い。
【0003】

【効果】

【0007】
上述の様に、本考案の厚さ可変式ブックカバーは本の背表紙部分を可動させることにより厚みのある本でも利用することができ、連結部分の一方を閉じることによりブックカバーの脱離を防ぐことができる。また、本の表紙部、裏表紙部をしっかりと固定することができるため、利用者を不快にさせるブックカバーのずれも防ぐことができ、本のしおり等を格納するポケットを表紙部、裏表紙部には設けることも可能となり、デザインの拡張性にも役立つ。
【図面の簡単な説明】
【0008】
【図1】本考案の厚さ可変式ブックカバーの実施例を示す組み立て後の平面図
【図2】可変式ブックカバーの本体A部
【図3】可変式ブックカバーの本体B部
【図4】可変式ブックカバーの本体A部に取り付けるストッパー兼背表紙保護部
【図5】使用例

【0009】
本考案の作製材料は、革、布、プラスチック系のビニール素材が適しており、紙材料には適さない。連結させるための挿入穴をあけた本体A部に本体Bの連結部を差し込み後にストッパー兼背表紙保護部を取り付けることにより、本体B部の連結部の長さの分だけ本の厚さに対して可動なブックカバーが出来上がる。
【0010】
以下、添付図面に従って一実施例を説明する。1は本体A部であり、2は本体B部である。1には3の連結部を挿入する挿入口4を2つあける。この挿入項4の幅4aはブックカバーの素材の厚さより若干大きい程度とし、長さ4bは本体B部の連結部3の3bの長さより若干大きい程度にする。この挿入口4に連結部3を外側から通し、5のストッパー兼背表紙保護部を連結部の末端に接合することにより、本の厚さに応じて3aの長さだけ可動させることができる。
【0011】
本体A部1と本体B部2の6、7はそれぞれ本の裏表紙と表表紙を差し込むポケットであり、予めポケットの長さ6a分だけ大きく1と2を作成して織り込んでから上下部分を接合してもよいし、ポケットの大きさ分の部材を別に用意して同様に上下とブックカバーの縦の片側端部分を接合してポケット部を作製してもよい
【0012】
挿入口4は1つ、もしくは3つ以上でも可能であれが、容易に可動させるためには2つもしくは3つが適切である。
【0013】
連結部3とストッパー兼背表紙保護部5の接合は接着や縫合により接合してもよいが、ホック金具等で着脱可能な形式にすれば、作製が簡略化でき利用者にも解りやすい構造とすることができる。本実施例では縫合して接合した形態を示した。
【産業上の利用可能性】
【0014】
本考案は厚さ可変式ブックカバーを製造する産業で利用される。
【0015】
1 本体A部
2 本体B部
3 連結部
3a 連結部の長さ
3b 連結部の幅
4 挿入口
4a 挿入口の寸法(幅)
4b 挿入口の寸法(縦径)
5 ストッパー兼背表紙保護部
6 本体A部裏表紙差し込みポケット
6a 本体A部裏表紙差し込みポケットの寸法(横径)
7 本体B部表表紙差し込みポケット
7a 本体B部表表紙差し込みポケットの寸法(横径)
8 ストッパー兼背表紙保護部縫い代
8a 連結部縫い代
8b 本体A部裏表紙差し込みポケット縫い代
8c 本体B部表表紙差し込みポケット縫い代
9 使用例(厚さの薄い本使用時)
10 使用例(厚さの厚い本使用時)

(57)【要約】

【課題】異なった本の厚さに対応するブックカバーの脱落と本へのダメージを回避し、使用性に優れた厚さ可変式ブックカバーを提供する。【解決手段】本の厚さにより可動する連結部分を持つ2つの部品からなるブックカバーを本の背表紙部分で連結させ、連結後に一方の連結末端部分を止め部材により固定することにより脱離しないようにしている。本の背表紙部分に配した可動な連結部分に保護カバーを取り付け、可動な連結部分の構造により本へ与えるダメージを緩和している。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):