(54)【考案の名称】回転接触式美容ローラー

(73)【実用新案権者】東莞市馬馳科塑膠制品有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、美容製品、特に回転接触式美容ローラーに関する。

【従来の技術】

【0002】
経済の発展及び科学技術の進歩に伴い、生活に便利である様々な製品が開発されており、美容ローラーはその1つである。
【0003】
美容院では、美容ローラーを用いて顧客にサービスを提供する場合が多いことが周知である。美容ローラーの回転ボールの皮膚での運動及び美容ローラー自体が発生するアニオンにより、皮膚の皺を軽減し、美容の目的に達することができる。そのため、美容ローラーは、美容業界に幅広く適用されており、注目されている。
【0004】
従来の美容ローラーでは、回転ボールとハンドルの頭部が延伸してなる頸部構造とを接続する接続部材のデザインが不合理であるため、回転ボールの回転ノイズが大きく、回転が鈍いから、回転ボールと皮膚との摩擦抵抗が大きくなり、使用の快適さが害される。
【0005】
上記の欠点を克服するために、回転が柔軟で、ノイズが小さく、快適である回転接触式美容ローラーを提供する必要がある。
【0006】
本考案は、回転が柔軟で、ノイズが小さく、快適である回転接触式美容ローラーを提供することを目的とする。
【0007】
前記目的に達するために、本考案は回転接触式美容ローラーを提供する。該美容ローラーは、回転ボール、ハンドル、前記ハンドルの頭部から外側に延在する頸部構造、及び前記回転ボールを前記頸部構造に回転自在に接続する接続部を含む。前記接続部は、取付軸、スリーブ、カバー、前軸キャップ、後軸キャップ、及び軸受座を含む。前記取付軸は、前記頸部構造内に穿設される取付部と、前記頸部構造外に位置する外延部と、前記取付部と外延部との間位に位置する階段部とを含み、前記階段部の外径が前記外延部及び取付部の外径より大きく、前記外延部の先端にねじ山構造が設けられ、前記ねじ山構造に締付ナットがねじ結合され、前記取付部と前記頸部構造との接合箇所にシールリングが設けられる。前記スリーブが前記取付部に套設され、後端の端部が前記シールリングに当接し、前記スリーブの先端の端部が前記階段部の後端の端部に当接する。前記カバーの先端が前記階段部に套設され、前記カバーの後端が前記頸部構造に係合して套設され、前記スリーブが前記カバー内に位置する。前記前軸キャップが前記外延部の前記ねじ山構造に近接する部位に套設され、前記前軸キャップの先端の端部が前記締付ナットに当接する。前記後軸キャップが前記外延部に套設され、前記後軸キャップの後端の端部が前記階段部の先端の端部に当接する。前記軸受座が前記前軸キャップ及び後軸キャップに套設され、前記軸受座の後端の端部が前記後軸キャップの先端の端部に当接し、前記軸受座の後端の端部が外側に延伸して凸台部を形成し、前記軸受座の中部に外側に突出する弾性フックを有し、前記軸受座の先端の端部が前記前軸キャップの後端の端部に当接し、前記前軸キャップと後軸キャップはともに前記軸受座が前記取付軸の軸方向にそって変位することを阻止し、前記回転ボールが前記軸受座に套設され、且つ前記凸台部と弾性フックとの間に嵌合され、前記回転ボールが前記凸台部と弾性フックとの阻止により前記外延部の回りに回転する。
【0008】
好ましくは、前記回転ボールは、内ボール体及び外ボールカバーを含み、前記外ボールカバーが前記内ボール体を包み、前記内ボール体が前記軸受座に套設され、且つ前記凸台部と前記弾性フックとの間に嵌合される。
好ましくは、前記外ボールカバーの外表面は、複数の三角形からなる。
好ましくは、前記内ボール体は、互いに嵌挿し合う前内ボール部と後内ボール部とを含み、前記後内ボール部が前記凸台部と前記弾性フックとの間に嵌合される。
好ましくは、前記外ボールカバーは、前記頸部構造に延伸して前記カバーを遮る。
好ましくは、前記スリーブの先端の端部は、前記カバーの内側壁に延伸して環状台を形成し、前記環状台が前記カバーの内側壁に密接する。
好ましくは、前記頸部構造の外側壁は、円弧状凸リングを有し、前記カバーの内側壁は、前記円弧状凸リングに整合する円弧状溝を有し、前記カバーは前記円弧状凸リングと円弧状溝を前記頸部構造に係合される。
好ましくは、前記ハンドルの頭部は延伸して2つの前記頸部構造を形成し、各前記頸部構造は1つの前記回転ボール及び1つの前記接続部に対応する。
好ましくは、2つの前記頸部構造は鋭角に配置される。
好ましくは、前記ハンドルは、頭部が大きく、尾部が小さい柱状構造である。
【0009】
従来技術に比べて、本考案の接続部は、取付軸、スリーブ、カバー、前軸キャップ、後軸キャップ及び軸受座を含む。取付軸は、頸部構造内に穿設される取付部と、頸部構造外に位置する外延部と、取付部と外延部との間に位置する階段部とを含み、階段部の外径は外延部及び取付部の外径より大きく、取付部と頸部構造との接合箇所にシールリングが設けられ、スリーブがシールリングと階段部の後端の端部との間に当接し、外延部の先端にねじ山構造が設けられ、ねじ山構造に締付ナットがねじ結合され、カバーの先端が階段部に套設され、カバーの後端が頸部構造に係合して套設されることにより、カバーと頸部構造はともに取付軸を頸部構造に固定する。前軸キャップが外延部に套設され、且つその先端の端部が締付ナットに当接し、後軸キャップが外延部に套設され、且つその後端の端部が階段部の先端の端部に当接し、軸受座が前軸キャップ及び後軸キャップに套設され、且つ前軸キャップ及び後軸キャップによって阻止され、前軸キャップと後軸キャップはともに軸受座が取付軸の軸方向に沿って変位することを阻止し、軸受座の後端の端部が外側に延伸して凸台部を形成し、軸受座の中部に外側に突出する弾性フックを有し、回転ボールが軸受座に套設され、凸台部と弾性フックとの間に嵌合されることにより、回転ボールが凸台部と弾性フックとの阻止により外延部の回りに回転するため、回転ボールの回転が柔軟で、皮膚との摩擦抵抗が小さくなり、もっと快適で、さらにノイズが小さくなる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
【図1】本考案の回転接触式美容ローラーの立体構造模式図である。
【図2】図1に示す回転接触式美容ローラーの立体分解構造模式図である。
【図3】左側の取付軸の軸線に沿う、図1に示す外ボールカバーの後ろに隠している回転接触式美容ローラーの左部分の断面図である。

【0011】
以下、図面を参照しながら本考案の実施例を説明する。本考案の図面において、同様或いは類似する図面符号により、同様或いは類似する部品を示す。
【0012】
図1〜3に示すように、本考案の回転接触式美容ローラー100は、回転ボール10、ハンドル20、ハンドル20の頭部から外側に延在する頸部構造30、及び回転ボール10を頸部構造30に回転自在に接続する接続部40を含む。例えば、図1、2に示すように、本実施例において、ハンドル20の頭部は延伸して2つの頸部構造30を形成し、各頸部構造30は1つの回転ボール10及び1つの接続部40に対応することで、皮膚の2つの部位を同時にマッサージすることができる。図1、2に示すように、ハンドル10は、頭部が大きく、尾部が小さい柱状構造であることで、握りやすい。好ましくは、2つの頸部構造30は、鋭角に配置され、且つハンドル20に対して対称配置されることにより、皮膚の2つの部位とより良好に接触できるが、この限りではない。
【0013】
図2、3に示すように、接続部40は、取付軸41、スリーブ44、カバー45、前軸キャップ46、後軸キャップ47、及び軸受座48を含む。取付軸41は、頸部構造30の内に穿設される取付部41aと、頸部構造30の外に位置する外延部41bと、取付部41aと外延部41bとの間に位置する階段部41cとを含む。階段部41cの外径は、外延部41b及び取付部41aの外径より大きいため、階段部41cは外延部41b及び取付部41aから突出する。外延部41bの先端にねじ山構造411が設けられ、ねじ山構造411に締付ナット42がねじ結合されることにより、前軸キャップ46、後軸キャップ47及び軸受座48の、外延部41bでの組立・分解が便利である。取付部41aと頸部構造30との接合箇所にシールリング42が設けられ、シールリング42により、取付部41aと頸部構造30との接合箇所がシールされる。
【0014】
図2、3に示すように、スリーブ44は、取付部41aに套設され、且つ後端の端部がシールリング42に当接し、スリーブ44の先端の端部が階段部41cの後端の端部に当接することにより、スリーブ44はシールリング42と階段部41cとの間に固定され、さらに、スリーブ44は、カバー45内に位置する。例えば、図3に示すように、本実施例において、スリーブ44の先端の端部がカバー45の内側壁に延伸して環状台441を形成し、環状台441がカバー45の内側壁に密接することにより、スリーブ44とカバー45の内側壁との接合はより緊密になるが、この限りではない。
【0015】
図2、3に示すように、カバー45の先端は階段部41cに套設され、カバー45の後端は頸部構造30に係合して套設され、カバー45及び頸部構造30により取付軸41を頸部構造30に固定する。例えば、図3に示すように、本実施例において、頸部構造30の外側壁に円弧状凸リング31を有し、カバー45の内側壁に円弧状凸リング31に整合する円弧状溝451を有し、カバー45は円弧状凸リング31と円弧状溝451により頸部構造30に係合されることにより、カバー45と頸部構造30との組立てが便利であるが、この限りではない。前軸キャップ46は外延部41bのねじ山構造411に近接する部位に套設され、前軸キャップ46の先端の端部は締付ナット42に当接し、後軸キャップ47は外延部41bに套設され、後軸キャップ47の後端の端部が階段部41cの先端の端部に当接し、軸受座48は前軸キャップ46及び後軸キャップ47に套設され、軸受座48の後端の端部が後軸キャップ47の先端の端部に当接し、軸受座48の後端の端部が外側に延伸して凸台部481を形成し、軸受座48の中部に外側に突出する弾性フック482を有し、軸受座48の先端の端部が前軸キャップ46の後端の端部に当接することにより、前軸キャップ46と後軸キャップ47はともに軸受座48が取付軸41の軸方向に沿って変位することを阻止できるため、前軸キャップ46、軸受座48、及び後軸キャップ47が締付ナット42と階段部41cとの間に固定される。
【0016】
図1〜3に示すように、回転ボール10は軸受座48に套設され、且つ凸台部481と弾性フック482との間に嵌合され、回転ボール10は、凸台部481と弾性フック482との阻止により外延部41bの回りに回転する。具体的には、本実施例において、回転ボール10は、内ボール体11と外ボールカバー12とを含み、外ボールカバー12は内ボール体11を包み、好ましくは、外ボールカバー12が頸部構造30に延伸して前記カバー45を遮ることにより、回転ボール10と頸部構造30との接合はより緊密になるが、この限りではない。内ボール体11は、軸受座48に套設され、且つ凸台部481と弾性フック482との間に嵌合される。例えば、外ボールカバー12の外表面は、複数の三角形からなり、それにより皮膚に対するマッサージ効果が高まる。内ボール体12は、互いに嵌挿し合う前内ボール部12aと後内ボール部12bとを含み、後内ボール部12bは、凸台部481と弾性フック482との間に嵌合されることにより、接続部30の内ボール体12で組立てが便利であるが、この限りではない。
【0017】
従来技術に比べて、本考案の接続部40は、取付軸41、スリーブ44、カバー45、前軸キャップ46、後軸キャップ47、及び軸受座48を含む。取付軸41は、頸部構造30内に穿設される取付部41aと、頸部構造30外に位置する外延部41bと、取付部41aと外延部41bとの間に位置する階段部41cとを含み、階段部41cの外径は、外延部41b及び取付部41aの外径より大きく、取付部41aと頸部構造30との接合箇所にシールリング43が設けられ、スリーブ44はシールリング43と階段部41cの後端の端部との間に当接し、外延部41bの先端にねじ山構造411が設けられ、ねじ山構造411に締付ナット42がねじ結合され、カバー45の先端は階段部41cに套設され、カバー45の後端は頸部構造30に係合して套設されることにより、カバー45と頸部構造30はともに取付軸41を頸部構造30に固定する。前軸キャップ46は外延部41bに套設され、且つその先端の端部が締付ナット42に当接し、後軸キャップ47は外延部41bに套設され、且つその後端の端部が階段部41cの先端の端部に当接し、軸受座48は前軸キャップ46及び後軸キャップ47に套設され、且つ前軸キャップ46及び後軸キャップ47に阻止されることにより、前軸キャップ46と後軸キャップ47はともに軸受座48が取付軸41の軸方向に沿って変位することを阻止する。さらに、軸受座48の後端の端部は、外側に延伸して凸台部481を形成し、軸受座48の中部に外側に突出する弾性フック482を有し、回転ボール10は軸受座48に套設され、且つ凸台部481と弾性フック482との間に嵌合されることにより、回転ボール10は、凸台部481と弾性フック482との阻止により外延部41bの回りに回転し、回転ボール10の回転が柔軟で、皮膚との摩擦抵抗が小さく、より快適で、さらにノイズが小さい。
【0018】
上記の説明は本考案の好適な実施例に過ぎず、本考案の範囲を限定するものではないため、同等の変更又は修飾は本考案の範囲内に含まれるべきである。

(57)【要約】

【課題】回転接触式美容ローラーを提供する。【解決手段】回転ボール10、ハンドル20、頸部構造30、及び接続部を含む。接続部は、取付軸、スリーブ、カバー、前後軸キャップ、及び軸受座を含む。取付軸は、取付部、外延部、及び階段部を含み、外延部の先端に締付ナットがねじ結合され、取付部と頸部構造との間にシールリングが設けられ、スリーブは取付部に套設され、且つシールリングと階段部との間に当接し、カバーの先端が階段部に套設され、後端が頸部構造に套設され、スリーブはカバー内に位置し、前軸キャップは外延部に套設され、且つその先端の端部が締付ナットに当接し、後軸キャップは外延部に套設され、且つその後端の端部が階段部の先端の端部に当接し、軸受座は前軸キャップ及び後軸キャップに套設され、前後軸キャップにより阻止され、軸受座は凸台部と弾性フックとを有し、回転ボールは軸受座に套設され、且つ凸台部と弾性フックとの間に嵌合される。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):