(54)【考案の名称】エネルギー貯蔵制御システム

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案はエネルギー貯蔵給電技術の分野に属しており、具体的には、太陽エネルギーと、商用電源のオフピーク期の電気エネルギーとを貯蔵してユーザーの給電使用に供するためのエネルギー貯蔵制御システムに関する。

【従来の技術】

【0002】
風力発電、太陽光発電自体に固有の間欠性の問題は、新エネルギーの発展の阻害要因である。新エネルギーの発電規模が拡大し続けていくにつれて、この問題が一段と切迫の度を増している。余ったエネルギーを貯蔵し、エネルギー使用のピーク期に再び放出することが、新エネルギーの間欠性を解決する重点である。
【0003】
また、電力網における負荷には最高時と最低時の差が存在しており、電力使用策にはオフピーク時間帯優遇策があり、エネルギー貯蔵の逆変換システムを利用すれば、安価な電力を貯蔵してピーク時に使用し、コストを節約する機能を果たすことができ、貯蔵した電力量を自ら使い切ることができなければ、電力網に売電することもできる。
【0004】
一時的に使い切れなかった電気エネルギーを貯蔵し、給電を要するときに使用に供したり、オフピーク時間帯の電気エネルギーを貯蔵してピーク時間帯の使用に供したりすることをこれまで誰も想到しておらず、従来技術にも、上記の問題を解決する装置がなかった。
【考案が解決しようとする課題】
【0005】
本考案の目的は、上記の技術問題を解決するため、余った電源エネルギーを貯蔵し、電力使用のピーク期に再び放出してユーザーの使用に供するエネルギー貯蔵制御システムを提供することである。

【効果】

【0010】
本考案で設計されるエネルギー貯蔵制御システムは、太陽光発電、風力発電等の発電装置の電気エネルギーをリチウム電池に貯蔵してユーザーの使用に供し、電力網の電力使用量を節約することができ;夜間のオフピーク時間帯の安価な電気エネルギーをリチウム電池に貯蔵し、ピーク給電時には、ユーザーと電力網の接続を切断してリチウム電池給電モードに切り換え、リチウム電池に貯蔵された電気エネルギーを使って給電し、電力使用コストを節約することもできる。
【図面の簡単な説明】
【0011】
【図1】図1は本考案の原理ブロック図である。

【0012】
以下、図面および具体的な実施例を参照しながら、本考案についてさらに詳しく述べる。
【0013】
図1に示すエネルギー貯蔵制御システムは、商用電源の出力端1に接続された充電器AC/DCモジュール2と、太陽光発電システム3と、リチウム電池パック4と、MCU制御モジュール7とを備えており、充電器AC/DCモジュール2と太陽光発電システム3の出力端はいずれもリチウム電池パック4の入力端に接続され、リチウム電池パック4の出力端にUPSモジュール5が接続されており、UPSモジュール5の入力端は断路器6を介して商用電源の出力端1に接続される。リチウム電池パック4の入力端に風力発電充電システム15がさらに接続されている。リチウム電池パック4中のリチウム電池は、ポリマーリチウムイオン電池である。
【0014】
MCU制御モジュール7の入力端は商用電源入力サンプリングモジュール8を介して商用電源の出力端1に接続され、MCU制御モジュール7の入力端は電池パラメータサンプリングモジュール9を介してリチウム電池パック4の出力端に接続され、MCU制御モジュール7の入力端は出力サンプリングモジュール10を介してUPSモジュール5の出力端に接続され、MCU制御モジュール7の出力端は充電器制御スイッチ11に接続され、充電器AC/DCモジュール2は充電器制御スイッチ11を介して商用電源の出力端1に接続され、MCU制御モジュール7の出力端は断路器6の入力端に接続され、MCU制御モジュール7の出力端はUPS制御モジュール12を介してUPSモジュール5の入力端に接続される。
【0015】
MCU制御モジュール7には7インチのLCD液晶ディスプレイ13が接続されており、MCU制御モジュール7とLCD液晶ディスプレイ13の入力端がいずれも電源給電モジュール14に接続され、LCDと制御システムがRS485を介して通信し、遠隔操作で制御することができ、パラメータ設定および手動操作を実現し、LCDディスプレイ上で表示可能な交流電力パラメータには電圧、電流、周波数等のパラメータがあり、電池の余剰電力量が表示される。
【0016】
本考案の動作原理および動作過程は次の通りである。
【0017】
1)エネルギー貯蔵制御システムの給電:
電源給電モジュール14は、MCU制御モジュール7と、LCD液晶ディスプレイ13と、商用電源入力サンプリングモジュール8と、電池パラメータサンプリングモジュール9と、出力サンプリングモジュール10とに給電することで、システムの正常な動作を維持する。電源給電モジュール14の給電モードには次の2種類がある。
【0018】
a.リチウム電池パック4から直接、DC/DCモードによりDC24Vに変換してLCD液晶ディスプレイ13の使用に供し、+/−15Vを商用電源入力サンプリングモジュール8と、電池パラメータサンプリングモジュール9と、出力サンプリングモジュール10とに供給し、+5VをMCU制御モジュールの基準電源に供し;
b.リチウム電池パック4の電圧が低いかまたはリチウム電池パック4に電気がない場合、電源給電モジュール14内のAC/DCモードにより+48Vに変換し、さらに、DC/DCモードにより、必要な電圧に変換する。
【0019】
上記2種類の給電モードは、商用電源や電池がない場合に、システムがいずれも正常に動作できることを保証することができる。
【0020】
2)電力使用オフピーク時間帯のエネルギー貯蔵動作の過程:
23:00〜07:00の時間帯は、工業および民間電力使用のオフピーク時間帯に属し、MCU制御モジュール7が充電器制御スイッチ11を制御してオンにし、商用電源の出力端1が出力した交流電流が充電器AC/DCモジュール2を介してリチウム電池パック4を充電するとともに、MCU制御モジュール7が断路器6を制御してオンにし、商用電源がBY PASSのバイパスモードにより出力され、BY PASSモードの際、商用電源はUPSモジュール5の内部回路においては直接出力され、商用電源をAC/DCを介してUPSモジュール5の直流電圧に変換しておらず、そして、UPSモジュール5がさらにDC/ACを介して逆変換するという過程は、BY PASSモードの際には効率が99%前後であるのに対し、逆変換の効率は85%前後しかなく、電気エネルギーの変換過程における損失を減少させる。
【0021】
3)電力使用のピーク時間帯における給電動作の過程:
MCU制御モジュール7が充電器制御スイッチ11を制御してオフにするとともに、MCU制御モジュール7が断路器6を制御してオフにし、安価な時間帯にリチウム電池パック4に貯蔵した電力量をUPSモジュール5を介してDC/ACモードで電気設備に供給して使用する。
【0022】
AC/DC変換により電気エネルギーをリチウム電池パック4に貯蔵し、さらに、リチウム電池パック4中の直流電流がDC/ACを経て交流電流に変換されるに至るすべての給電過程において、電気エネルギーの変換効率は55%であり、日本などの国では、電力使用のオフピーク時間帯の電力価格がピーク時間帯の1/3しかなく、このようなモードでは、電力使用コストが20〜30%前後低下することになる。
【0023】
4)太陽エネルギー貯蔵モード:
太陽エネルギー貯蔵モードでは、日中に太陽光発電システム3がMCU制御モジュール7を介してDC/DC変換を行った後、UPSモジュール5で逆変換してから電気設備に供給することができるが、太陽光は発電量が不安定なため、太陽電池パネルの出力に応じ、太陽エネルギー出力が十分であれば、システムが優先的に太陽エネルギーを制御してUPSモジュール5に供給して逆変換し、太陽エネルギー出力が、電気設備に供給するのに不十分な場合には、MCU制御モジュール7が太陽エネルギーを制御して電池のみに充電するとともに、商用電源ネットワークに一時的に切り替えることで電力使用の安定性を保証する。リチウム電池パック4の電圧が許容逆変換電圧に達したことをモニターした場合、システムがUPSモジュール5を制御して商用電源を遮断し、電池に切り換えて逆変換し、電力網の電力使用量を節約する。リチウム電池パック4の切り換え電圧は、ユーザーがLCD液晶ディスプレイの操作画面上で設定することができる。
【0024】
5)オフピーク時間帯のエネルギー貯蔵および太陽エネルギー貯蔵動作:
本考案はオフピーク時間帯のエネルギー貯蔵と太陽エネルギー貯蔵動作モードを同時にサポートすることができ、電力網の電力使用量を最大限節約するものであり、商用電源の電力価格が高く再生不能資源が欠乏している地域や国で用いるのに特に適している。
【0025】
本考案で詳細に記述していない部分は従来技術に属する。
【0026】
1:商用電源の出力端、2:充電器AC/DCモジュール、3:太陽光発電システム、4:リチウム電池パック、5:UPSモジュール、6:断路器、7:MCU制御モジュール、8:商用電源入力サンプリングモジュール、9:電池パラメータサンプリングモジュール、10:出力サンプリングモジュール、11:充電器制御スイッチ、12:UPS制御モジュール、13:LCD液晶ディスプレイ、14:電源給電モジュール、15:風力発電充電システム

(57)【要約】

【課題】余った電源エネルギーを貯蔵し、電力使用のピーク期に再び放出してユーザーの使用に供するエネルギー貯蔵制御システムを提供する。【解決手段】商用電源の出力端1に接続された充電器AC/DCモジュール2と、太陽光発電システム3と、リチウム電池パック4とを備えており、充電器AC/DCモジュール2と太陽光発電システム3の出力端はいずれもリチウム電池パック4の入力端に接続され、リチウム電池パック4の出力端にUPSモジュール5が接続されており、UPSモジュール5の入力端は断路器6を介して商用電源の出力端1に接続される。本考案は、太陽光発電、風力発電等の発電装置の電気エネルギーをリチウム電池に貯蔵してユーザーの使用に供し、電力網の電力使用量を節約することができ、夜間のオフピーク時間帯の安価な電気エネルギーをリチウム電池に貯蔵し、ピーク給電時には、ユーザーと電力網の接続を切断してリチウム電池給電モードに切り換え、電力使用コストを節約することもできる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):