(54)【考案の名称】改ページを容易にする新聞紙端面

(51)【国際特許分類】

B42D 7/00 新聞 その類似物

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、新聞紙の左側および右側端面にギザギザの切断面を設けた、新聞紙に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
新聞紙の切断面は、上側および下側の端面はギザギザの切断面、左側および右の端面は直線の切断面となっている。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
新聞を閲覧する場合、両手で新聞を見開き、改ページする時は右または左の1枚を指でめくるが、新聞紙の左側および右側端面が直線で切断されていると、1枚をめくることが難しい場合がある。

【効果】

【0005】
新聞閲覧時に、改ページを容易にすることでスムースな閲覧と苛立ちを防止することができる。
【図面の簡単な説明】
【0006】
【図1】新聞紙の全体図(1枚)
【図2】図1のA部拡大図
【図3】図1のB部拡大図

【0007】
1 新聞紙(見開き状態)
2 上側
3 下側
4 右側
5 左側

(57)【要約】

【課題】新聞閲覧時に1枚をめくりやすい形状の新聞紙を提供する。【解決手段】新聞閲覧時の改ページの時に触る左側および右側の切断端面の形状を、新聞紙の上側および下側端面と同様のギザギザの切断面とすることで、新聞紙相互に微小な乖離が生じて凸部が指にかかりやすいことで、重なった新聞紙から1枚をめくりやすくする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):