(54)【考案の名称】多機能ヘアアイロン

(73)【実用新案権者】深▲せん▼怡栄盛科技有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、ヘアケア用品領域に関し、特に、ストレートヘアのための多機能ヘアアイロンに関する。

【従来の技術】

【0002】
パーマは理髪プロセスにおいて不可欠な要素であり、主に使用される用具はヘアアイロンである。市場には多くのストレート用アイロンやウェーブ用アイロンがあり、ストレートヘア、ウェーブやセットをするために、美容理容業界に使用されている。しかし、これらのヘアアイロンの両挟持板は、使用しない時は、開いた状態であるため、スペースを要し、収納や携帯に不便である。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
本考案は、ヘアアイロンを使用しない時に、上下の両挟持板を押し合わせることにより、わずかなスペースしか必要としない、収納や携帯が便利な多機能ヘアアイロンを提供することを目的とする。

【効果】

【0014】
従来技術と比較して、本考案が提供する多機能ヘアアイロンは、上部毛髪挟持板、下部毛髪挟持板及び電源コードのコネクタを装着するための固定部を備える。上部毛髪挟持板の下端に、固定部に近い側にフランジが設けられており、固定部はハウジングとスライダを含む。上部毛髪挟持板が回転して下部毛髪挟持板に押し合わされるとき、スライダを押して、その一端をフランジの下にスライドさせ、フランジを押し上げる。使用しないときには、テコの原理によって上下両毛髪挟持板を合わせて収納し、上部毛髪挟持板の下端がスライダにより押し上げられて回転できなくなり、下部毛髪挟持板と押し合わせた状態になる。このため、わずかなスペースのみを必要とし、収納や携帯が便利になる。
【0015】
以下、添付の図面及び実施形態と併せて、本考案についてさらに詳しく説明する。
【図面の簡単な説明】
【0016】
【図1】本考案が提供する多機能ヘアアイロンの構造を示す図である。
【図2】図1における固定部の分解図である。
【図3】図1における多機能ヘアアイロンの構造を別方向から示す図である。

【0017】
図面を参照しながら、本考案の好ましい実施形態について、詳細に説明する。
【0018】
図1及び図2に示すように、本考案は、好ましい実施形態を有する多機能ヘアアイロンを提供している。多機能ヘアアイロンは、上部毛髪挟持板10、下部毛髪挟持板20及び電源コードのコネクタ30を装着するための固定部40を備える。上部毛髪挟持板10の下端は、回転可能に下部毛髪挟持板20に取付けられている。上部毛髪挟持板10の下端に、固定部40に近い側にフランジ11が設けられている。固定部40は、ハウジング41とスライダ42を含み、ハウジング41が下部毛髪挟持板20と一体に形成され、スライダ42が摺動可能にハウジング41に取付けられている。上部毛髪挟持板10が回転して下部毛髪挟持板20に押し合わされるとき、スライダ42を押して、その一端をフランジ11の下にスライドさせ、フランジ11を押し上げる。ヘアアイロンを使用しないときには、テコの原理によって上下両髪毛挟持板を合わせて収納し、上部毛髪挟持板10の下端がスライダ42に押し上げられて回転できず、下部毛髪挟持板20と押し合わされた状態になる。このため、わずかなスペースのみを必要とし、収納や携帯が便利になる。
【0019】
具体的には、ハウジング41の取付けや取外しを容易にするために、ハウジング41は、お互いに係合可能な上側ハウジング41aと下側ハウジング41bを含み、下側ハウジング41bが下部毛髪挟持板20と一体に形成され、上側ハウジング41aとスライダ42が共に下側ハウジング41bに取付けられている。本実施形態では、スライダ42は、プッシュブロック42aとストップ板42bとを含み、プッシュブロック42aが摺動可能に下側ハウジング41bに取付けられている。上部毛髪挟持板10に近い側の端面が傾斜面であり、ストップ板42bが傾斜面に設けられている。当該傾斜面は、上部毛髪挟持板10のフランジ11が回転する時にプッシュブロック42aと衝突することを有効に回避できる。上部毛髪挟持板10を回転させて下部毛髪挟持板20と押し合わせる時、プッシュブロック42aを押して、ストップ板42bをフランジ11の下にスライドさせ、フランジ11を押し上げる。押し上げやすくするために、プッシュブロック42aには複数の滑り止めリブが設けられている。その他のヘアアイロンと同様に、上部毛髪挟持板10と下部毛髪挟持板20の間に、圧縮ばねが設置され、上部毛髪挟持板10は圧縮ばねにより開くことが可能になる。
【0020】
使用者はヘアアイロンを使用する際、様々な姿勢をとるので、電源コードにはトルクが発生し、使用に不便が生じることを防止するために、電源コードのコネクタ30は、360度回転可能にハウジング41に取り付けられている。具体的には、電源コードのコネクタ30とハウジング41との間に、弾性ワッシャー43が設置されて、電源コードのコネクタ30が振動するのを回避できるとともに、ハウジング41の摩耗も低減できる。
【0021】
具体的には、多機能ヘアアイロンは、挟持板の温度を調節するための温度調節器50も備え、温度調節器50は下部毛髪挟持板20に取り付けられる。本実施形態において、温度調節器50は下部毛髪挟持板20の内側に取り付けられており、ダイヤルを回転することにより温度調節を行うため、簡単かつ便利である。また、温度調節器50を下部毛髪挟持板20の内側に取り付けるため、構造をコンパクトにでき、ヘアアイロンの美観性を確保できる。また、温度調節器50は温度スイッチの機能も有するため、ダイヤルが終了位置まで回転する時、電流が遮断される。
【0022】
図3に示すように、多機能ヘアアイロンは、マイナスイオン発生器60も備え、マイナスイオン発生器60は上部毛髪挟持板10の内側に取り付けられているため、ストレートパーマをかける時、髪にマイナスイオンを噴射し、髪の健康に効果がある。
【0023】
なお、上記した実施例はただ本考案の実施形態を説明したが、それによって本考案の実用新案登録請求の範囲を限定するものと理解されるべきではない。当業者にとって、本考案の構想を逸脱しない前提で、上述した実施例に記載された実施形態について、改良或いは一部の技術的特徴を変形することが可能である。これらの改良や変形は、いずれも本考案の保護範囲に属する。
【0024】
10 上部毛髪挟持板
11 フランジ
20 下部毛髪挟持板
30 コネクタ
40 固定部
41 ハウジング
41a 上側ハウジング
41b 下側ハウジング
42 スライダ
42a プッシュブロック
42b ストップ板
43 弾性ワッシャー
50 温度調節器
60 マイナスイオン発生器

(57)【要約】

【課題】使用しない時に、上下両挟持板を押し合わせることにより、省スペースとし、収納や携帯が便利になる多機能ヘアアイロンを提供する。【解決手段】多機能ヘアアイロンは、上部毛髪挟持板10、下部毛髪挟持板20及び電源コードのコネクタ30を装着するための固定部を備え、上部毛髪挟持板の下端は、回転可能に下部毛髪挟持板に取付けられ、上部毛髪挟持板の下端に、固定部に近い側にフランジ11が設けられ、固定部はハウジング41a、bとスライダ42を含み、ハウジングが下部毛髪挟持板と一体に形成され、スライダが摺動可能にハウジングに取付けられる。使用しないときには、テコの原理によって上下両毛髪挟持板を合わせて収納し、上部毛髪挟持板の下端がスライダに押し上げられて回転できず、下部毛髪挟持板と押し合わされた状態になる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):