(54)【考案の名称】名刺シート

(73)【実用新案権者】株式会社SEIUNDO

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、賀詞交歓会、株主総会、株主説明会、記念行事、周年行事などの企業イベントで配布される名刺シートに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来から賀詞交歓会、株主総会、株主説明会、記念行事、周年行事などの企業イベントでは、主催企業側とゲストとの間で名刺交換が活発に行われている。この名刺交換は、名刺交換だけを目的として参加するゲストが相当数存在する程、企業イベントにおいて重要な位置を占めている。特に、主催企業側の代表取締役などの特定の人物との名刺交換を望むゲストは多い。
【0003】

【効果】

【0012】
本考案によれば、企業イべントにおいて主催企業側とゲスト側双方の時間のロスや負担を軽減することができる。
【図面の簡単な説明】
【0013】
【図1】名刺シートの平面図である。
【図2】名刺シートのII−II線断面矢視図である。
【図3】名刺シートから所望の名刺が切り取られた状態を示す斜視図である。
【図4】第2の実施形態に係る名刺シートの平面図である。

【0014】
<第1の実施形態>
次に、本考案に係る名刺シートの第1の実施形態について図1から図3までを参照しつつ説明する。
【0015】
名刺シート1は、賀詞交歓会等の企業イベントで配布される名刺シートである。この名刺シート1には、図1に示すように、名刺10が並んで印刷されており、各名刺の周縁部には破断線11が設けられている。
【0016】
前記名刺シート1は、大きさが横210mm×縦297mmのA4サイズの厚紙であって、厚さが0.1mm〜0.5mmとされている。名刺シート1は、名刺10が横2列および縦4列に並んで印刷されている。名刺シート1は、上部に会社名および企業イベントの名称が印刷されている。これにより、ゲストは、名刺シートがどの会社および/または企業イベントのものであるかを明確に把握することができる。
【0017】
前記名刺10は、主催企業における特定の異なる人物の名刺であって、名刺シート1に横2列および縦4列に並んで印刷されている。各名刺10は、大きさが横91mm×縦55mm(4号サイズ)とされている。これにより、ビジネスで頻繁に使用されるA4サイズの名刺シートに4号サイズの名刺を無駄なく並べることができ、一の名刺シートにより多数の名刺を効率良く配布することが可能となる。この名刺10は、破断線11により切り取り可能に設けられている。
【0018】
名刺10は、該名刺10に関する人物の顔写真10aが印刷されている。顔写真10aは、横12mm×縦17mm程度の大きさとされている。これにより、ゲストは、名刺に関する人物に面識がない場合であっても、顔写真を参照することにより名刺に関する人物がどの人物かを容易に把握することができる。なお、該名刺10に関する人物は、名刺交換の希望が多いと予測される人物であって、本実施形態では、A株式会社の取締役、執行役員、部長などのA株式会社幹部である。
【0019】
前記破断線11は、図1および図2に示すように、名刺10の周縁部に設けられており、該破断線11が破断されることにより名刺10が切り取り可能に設けられている。破断線11は、既に破断されている既破断部11aとまだ破断されていない未破断部11bとからなる。未破断部11bは、名刺10の角部、左右の縁部の中央、上下の縁部であって両端から1/4程度内側に設けられている。各未破断部11bの長さは、0.5mm程度とされている。これにより、ゲストは、未破断部11bを丁寧に手で破断して、名刺10を名刺シート1から切り取ることができる。なお、未破断部11bの位置および長さは、上述のものに限られず、適宜変更することができる。
【0020】
なお、名刺10は、縦方向に隣接して並んでいる。具体的には、上側の名刺10の下縁部を形成する破断線11と上側の名刺10に隣接する下側の名刺10の上縁部を形成する破断線11は共通している。そのため、一の破断線11を破断することにより、上側の名刺10の下縁部と下側の名刺10の上縁部を同時に形成することができ、名刺10の切り取りが容易となる。
【0021】
次に、名刺シート1の使用方法について述べる。
【0022】
主催企業は、企業イべントの開催前にA4サイズの厚紙に名刺交換の希望が多いと予測される企業側の特定の人物の名刺10を印刷し破断線11を設け、名刺シート1を作成する。
【0023】
そして、企業イべントにおいて、主催企業側が、来場したゲストに本名刺シート1を受付で配布する。
【0024】
そして、名刺シート1を配布されたゲストは、まず、名刺シート1をキーパーソンの名簿として閲覧する。これにより、ゲストは、誰がキーパーソンであるかを容易に把握することができる。
【0025】
そして、ゲストは、本名刺シート1から一ないし複数の特定の人物の名刺10を、破断線11を破断して切り取る。
【0026】
具体的には、図3に示すように、ゲストがA株式会社の甲田太郎氏とA株式会社の乙田次郎氏の名刺を受け取りたい場合、甲田太郎氏と乙田次郎氏の名刺10の縁部の破断線11の未破断部11bを丁寧に手で破断し、甲田太郎氏と乙田次郎氏の名刺10を名刺シート1から切り取る。
【0027】
これによれば、主催企業側の特定の人物とゲストの間での名刺交換が不要となり、ゲストが主催企業側の特定の人物の前に列をなして並ぶことを防止し得る。このため主催企業側の特定の人物およびゲストの双方の時間のロスや負担を軽減することができる。よって、例えば主催企業側の代表取締役が速やかに挨拶に移行することができたり、ゲストと主催企業側の人物がイベント会場で自由に通行して交流を図ることができるため、企業イベントを円滑に進めることが可能となる。
【0028】
また、名刺10には、名刺10に関する人物の顔写真10aが印刷されているため、ゲストが名刺10に関する人物に面識がない場合であっても、顔写真10aを参照することにより名刺10に関する人物がどの人物かを容易に把握することができる。
【0029】
また、ゲストは、名刺10の大きさが横91mm×縦55mmの4号サイズであるため、名刺10を他の名刺と同様にして保管することができる。
【0030】
<第2の実施形態>
次に、本考案に係る名刺シートの第2の実施形態について図4を参照しつつ説明する。
【0031】
なお、以下では上記の実施形態と異なる構成についてのみ説明することとし、同一の構成については説明を省略することとする。
【0032】
名刺シート2は、大きさが横110mm×縦297mmの厚紙である。名刺シート2は、名刺20が横1列および縦3列に並んで印刷されている。
【0033】
破断線21は、マイクロミシン加工によりミシン目状に形成されている。
【0034】
名刺20は、間隔を空けてに並んでいる。これにより、各破断線21が一の名刺20固有の破断線となる。そのため、名刺20が破断線21を介して名刺シート2に確実に固定される。
【0035】
なお、名刺シート1は、厚紙としたが、合成樹脂などその他の材質のものであってもよい。
【0036】
なお、破断線11、21は、図1および図2に表したものやミシン目状のものとしたが、手できれいに破断できるものであれば、どのようなものであってもよい。
【0037】
また、名刺10は、大きさが横91mm×縦55mmの4号サイズとしたが、これ以外の大きさであってもよい。
【0038】
なお、名刺10に関する人物は、名刺交換の希望が多いと予測される人物としたが、名刺交換の希望が多いと予測される人物でなくてもよい。
【0039】
以上、図面を参照して本考案の実施形態を説明したが、本考案は、図示した実施形態のものに限定されない。図示された実施形態に対して、本考案と同一の範囲内において、あるいは均等の範囲内において、種々の修正や変形を加えることが可能である。
【0040】
1、2…名刺シート
10、20…名刺
10a…顔写真
11、21…破断線

(57)【要約】

【課題】企業イベントの会場において、主催企業の特定の人物およびゲストの双方の時間のロスや負担を軽減することができ、ひいては企業イベントを円滑に進めることが可能な名刺シートを提供する。【解決手段】名刺シート1は、賀詞交歓会、株主総会、株主説明会、記念行事、周年行事などの企業イベントで配布される名刺シートであって、主催企業における特定の異なる人物の名刺10が複数並んで印刷され、各名刺10が破断線11により切り取り可能に設けられている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):