(54)【考案の名称】点字部強化銘板

(73)【実用新案権者】株式会社名栄社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、視覚障害者用の点字板に関するものであり、詳しくは、基材に点字をエンボス加工し、前記基材の裏面のエンボス凹部に樹脂を充填して、点字部分を強化した点字部強化銘板に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来より、点字板には種々のものが提案されているが、その中でも、病院、ホテル、駅等に使用される点字板は、一般的に、比較的に加工が容易な合成樹脂シート、又は薄肉状のアルミ、ステンレス等の金属板に点字をエンボス加工したものが知られている。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
しかしながら、上記した合成樹脂シート及び薄肉状のアルミ製等の点字板では、エンボス加工された凸部分の内部は裏打ちされておらず、空洞状態であるため、好意のない人により潰されることがあり、触読が不可能となる問題があった。そこで、当該凸部分の内部を裏打ちして内部を埋めることで、潰れないようにすることが考えられる。ただ、凸部分の内部を、空洞が出来ないように精度良く、裏打ちして埋める作業は面倒であり、手間がかかるという問題があった。
【0004】
本考案は、上記の事情に鑑みてなされたもので、その解決すべき課題は、上述した従来の点字板が具備する問題点を解決することであり、その目的は、点字を構成する凸部分が潰れたりすることがない点字部強化銘板を廉価に且つ容易に提供することである。

【効果】

【0006】
以上詳述した通り、本考案に係る点字部強化銘板は、エンボス可能な基材に点字をエンボス加工し、前記基材の裏面のエンボス凹部に樹脂を充填したものである。従って、長期間使用しても、点字の凸部分は摩耗、つぶれ、剥離等の損傷が起きることなく、また、好意のない人によって点字の凸部分が潰されることを防止することができる。さらに、紫外線硬化性樹脂を利用しているので、前記基材の裏面のエンボス凹部に、隙間無く、均一かつ容易に紫外線硬化性樹脂を充填でき、その後、紫外線を照射すれば当該樹脂層が硬化する。そのため、本考案に係る点字部強化銘板は、廉価に且つ容易に提供することができるのである。
【図面の簡単な説明】
【0007】
【図1】本考案に係る点字部強化銘板を示す断面図である。
【図2】本考案に係る点字部強化銘板を示す断面図である。
【図3】本考案に係る点字部強化銘板を斜視図である。

【0008】
100 点字部強化銘板
10 基板
11 エンボス凹部
20 樹脂
21 樹脂層
30 貼着部
31 粘着剤層
32 離型シート

【0009】
本考案に係る点字部強化銘板の実施の形態を説明するが、これは代表的な例を示したものであり、その要旨を越えない限り、以下の実施例により本考案が限定されるものでない。
【0010】
図1は、本各考案にかかる点字部強化銘板100を示したものである。図1に示すように、点字部強化銘板100は、エンボス可能な基材10に点字をエンボス加工し、エンボス凹部11を含めて前記基材10の裏面に樹脂層21を形成したものである。
【0011】
具体的には、まず、基材10としての透明のポリエステル性の樹脂シート10(B5サイズ/枚葉シート、188μm)に対して、その裏面にスクリーン印刷により、着色を施す。
【0012】
次に、前記樹脂シート10の所定位置にPC制御自動点字機により、点字のエンボス加工を施す。このPC制御自動点字機は、一般的に使用されている点字ワープロなどで製版原稿を編集後、プリンターケーブルを差し替えるだけで容易に樹脂シート10上に点字を圧痕を作り出すことができるものである。尚、点字をエンボス加工する方法は上記した実施例に限定されることはなく、例えば、金属製の原版に点字の原型を手作業によって個々に押出成形し、この原版を上下に配するとともに、この原版間に樹脂シートを挟持し、圧接して点字をエンボス加工してもよいが、製作容易性を顧慮すると、PC制御自動点字機によって加工する方法が好ましい。
【0013】
そして、上記の如く、樹脂シート10上に点字をエンボス加工した後、樹脂シート10と樹脂20との密着度を向上させるため、樹脂シート10の裏面のエンボス凹部11に、サイジングニス等によるアンカー処理を施す。続いて、紫外線硬化性樹脂をエンボス凹部11を含めて基材10の裏面に樹脂層21を形成させるように充填する。その際、紫外線Uを照射する前の紫外線硬化性樹脂は流動性があるので、エンボス凹部11内に、空洞が出来ないように、均一かつ容易に充填することができる。その後、充填された樹脂層21に紫外線Uを照射すれば、樹脂層21は硬化する。
【0014】
次に、図2に示すように、硬化した樹脂層21の裏面に貼着部30を貼り付ける。この貼着部30の構成は、点字部強化銘板100を構成する樹脂層21の裏面に粘着剤層31を介して離型シート32を備えたものである。このように、点字部強化銘板100は、ラベル状に形成されたものであり、離型シート32を剥せば容易に被貼着体に貼着することができるのである。被貼着体の例として、自動販売機の表示ボタンの横、駅等の自動切符販売機の表示ボタン、または階段の手すり等を例示することができるが、これに限定することはなく、貼着可能なところであればよい。尚、貼着部30の構成は、上記実施例に限定することはなく、例えば、両面粘着テープを前記樹脂層21に貼着したものでもよく、本考案の要旨を逸脱しない範囲のものであれば、どのようなものでもよい。
【0015】
最後に、加工された樹脂シート10のうち、必要な点字部分をトムソン型を使用して所望のサイズに打ち抜き加工することにより、図3に示すような、点字部強化銘板100を得ることができる。
【0016】
このように、樹脂シート10にエンボス加工されたエンボス凹部11には紫外線硬化性樹脂が充填されているので、摩耗、つぶれ、点字部分の剥離等の損傷が起きることがないため、長期にわたって使用することができる。また、紫外線を照射する前の紫外線硬化性樹脂は流動性があるので、エンボス凹部11内に、空洞が出来ないように隙間無く、均一かつ容易に充填することができ、品質の良い点字部強化銘板を、廉価に且つ容易に提供することができる。
【0017】
なお、上記基材10としては、例えば、ポリブチレンテレフタレート等のポリエステル、セルローストリアセテート、硬質性塩化ビニル、ポリカーボネート等の樹脂シートの他に、アルミニウム、銅、鉄、ステンレス等の金属箔若しくはシート又は板等、またはグラシン紙、クラフト紙、合成紙等を接着した積層シートも使用可能であるが、コスト面及び製作容易性を考慮すると、ポリエステルの樹脂シートが好ましい。
【0018】
また、エンボス加工された基材10のエンボス凹部11を含めて、当該基材10の裏面に形成される樹脂層21に使用される樹脂としては、人の指等の力では潰すことが困難である紫外線硬化性樹脂がよく、分子中に反応基を有する汎用の単量体、プレポリマー又はポリマーから硬質性の樹脂を選択して使用できる。例えば、1分子中にアクリロイル基、メタアクリロイル基、アクリロイルオキシ基、メタアクリロイルオキシ基等の重合性不飽和結合、エポシキ基、チオール基等の重合性基を2個以上もつ単量体、プレポリマー、又はポリマー単体、又は両者の混合体を主成分とすることができる。単量体の例としては、ジペンタエリスリトールヘキサアクリレート、トリメチロールプロパントリメタアクリレート等が、プレポリマーとしては、ウレタンアクリレート、不飽和ポリエステル、エポシキ等のプレポリマーがある。
【0019】
また、本考案にかかる点字部強化銘板100は、上述した実施例に限定されるものではなく、本考案の目的を達成できる範囲内での改良、変形等は本考案に含まれるものである。例えば、エンボス加工を施す前の透明なポリエステル性の樹脂シート10に、各階の案内図として、例えば、ロビー、宴会場、浴場、レストラン等の構成部分がすぐに理解できるように、スクリーン印刷を施し、それぞれの構成部分に対応するように、点字をエンボス加工し、前記樹脂シート10の裏面のエンボス凹部11に樹脂20を充填したものでもよい。このように構成した点字部強化銘板においては、目の不自由な人だけでなく、目の健康な人も建物等の構成部分を容易に理解することができ、点字のエンボス凹部11には硬質性樹脂が充填されているため、長期間の使用でも摩耗、潰れ、点字部分の剥離等の損傷がないのである。

(57)【要約】

【課題】点字を構成する凸部分が点字型どおりに正確に再現できて且つ長期間使用しても点字を構成する凸部分が潰れたり、剥離することのない点字部強化銘板を廉価且つ容易に提供する。【解決手段】エンボス可能な合成樹脂シートからなる基材10に点字をエンボス加工し、基材の裏面のエンボス凹部11を含めて基材の裏面に紫外線硬化性樹脂層21を形成し、紫外線硬化性樹脂層の裏面に離型シートを備えた貼着部を設ける。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):