(54)【考案の名称】マークシール一体型シール名刺

(73)【実用新案権者】有限会社丸子ラベル印刷

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、業務用名刺として企業名、氏名、役職、住所等を記載した部分と業務的または日常的に使用する図柄を一体化させたシール名刺に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来のシール名刺は企業名、氏名、役職、住所等の企業情報をタック紙に印刷することでシール名刺としている。
【0003】

【効果】

【0006】
上述の様に、本考案は単に企業名、氏名、役職、住所等の情報を印刷したシール名刺ではなく、受取る側が業務的または日常的に使用する頻度が高く利便性のあるマークシールをデザインし、企業名等の情報と合わせてシール印刷することにより業務用名刺としての使用価値を高めている。
【図面の簡単な説明】
【0007】
【図1】本考案の平面デザインのシール印刷物を示す図である。
【図2】本考案のシール印刷後の抜き型例及びミシン目を示す図である。
【図3】本考案のマークシール一体型シール名刺の実施使用例である。

【0008】
企業名、氏名、役職、住所等の情報と、デザインされたマークシールをタック紙に型抜き印刷し、ミシン目を入れることで二つ折りにする。
【0009】
以下、貼付図面に従って実施例を説明する。1は名刺を受取る側が業務的または日常的に使用するマークシール、2は企業名、氏名、役職、住所等の情報である。前述1,2をシール印刷し、シール印刷後型抜き3、且つミシン目4を入れることで二つ折りにする。
【産業上の利用可能性】
【0010】
本考案は、シール印刷による名刺を製造する産業で利用される。
【0011】
1 シール印刷物のマークシール部分
2 シール印刷物の企業名、氏名、役職、住所等の情報等の部分
3 シール印刷後の抜き型
4 シール印刷後のミシン目

(57)【要約】

【課題】従来のシール名刺に記載さていた企業名、氏名、役職、住所等の情報に新たなツールを加えることで使用価値及び利便性を高めた名刺を提供する。【解決手段】二つ折りの片面に様々な用途に適応したデザインのマークシール1をシール印刷し、もう片面には企業名、氏名、役職、住所等の情報2を印刷し、印刷後に型抜きミシン目の加工をすることによりシール名刺としての使用価値及び利便性を高めた。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):