(54)【考案の名称】封印シール

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は主として、シール材料に対して多目的に使用できる利便性の高い印刷商品に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来の封印シールは糊などですでに封印が施された封書などに貼ることで、その封印の精度を高めるものであるが、通常は封書の開封とともに廃棄されてしまうものであった。

(57)【要約】

【課題】封印としての性能を保ちつつ多目的な販促効果をもつ封印シールを提供する。【解決手段】粘着剤が設けられた貼付面を貼付対象面に接着することで貼付対象面に貼り付けられるシール1であって、貼付面T1、T2、T3に粘着力の異なる粘着剤を使用することで貼付対象面への接着強度に差を設け、さらに粘着度の境界部分にトムソン加工によりミシン目m1、m2を設けることで、貼付対象面から当該シール1を剥離しようとするときに、粘着強度の弱い部分は剥離、分離し、粘着強度の強い部分は貼付対象面にとどまる。当該シール1は、貼付面T1、T2、T3に貼り付けられた台紙をはがした後に、貼付対象面に貼り付けられ、また、印刷をほどこすことで多目的な販促物として使用できる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):