(54)【考案の名称】多機能のペン

(73)【実用新案権者】桐廬金榜筆業有限公司

(73)【実用新案権者】桐廬愛多進出口有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図6

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、ペンに関し、特に携帯電話スタンドを有する多機能のペンに関する。

【従来の技術】

【0002】
現在、携帯電話は携帯しやすいため重要な通信用具として、既に益々多くの人に使用されている。携帯電話の普及に伴い、携帯電話の機能も益々多様に発展している。携帯電話の機能性の発展に伴い、携帯電話が人々の娯楽レジャーに不可欠なものとなり、携帯電話は、映画を見ること、音楽を聴くこと、ゲームプレイ等のレジャー娯楽を提供でき、特に人々が仕事以外に、映画を見る及び音楽を聴くことができる。しかし、映画を見る時に携帯電話の載置スタンドは使用する場合に持ち運ばないことが多く、手で持つとレジャーに不利であるため、従って、使用する場合に適合しながら、携帯電話を載せられ、かつ携帯しやすい多機能ペンが必要である。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
上記技術的問題を解決するため、本考案の目的は、携帯電話スタンドを有する多機能のペンを設計することである。

【効果】

【0022】
本考案によれば、下軸筒が連結する位置で上軸筒へ折り曲げて傾斜し、クリップの外側面を下向きに机の上に置き、携帯電話スタンドとして用いることができる。下軸筒の末端ソフト性ラバーリングがスタイラスとして携帯電話を制御することができ、本ペンは携帯電話制御ペンとすることができ、乾燥又は湿っている天気の場合に、指でスタイラス制御して長い時間操作することに比べれば指先の不快感の状況を回避できる。上軸筒は照明灯、レーザーを設けることができ、又はUSB信号端子によってコンピュータPPTの演示リモコンとし、本考案は、一本のペン中に複数の電子製品のセット機能が集められ、携帯に適合し携帯電話、コンピュータを配合して使用する。
【図面の簡単な説明】
【0023】
【図1】本考案の一種の構成概略図である。
【図2】本考案を最大角度に折り曲げる構成概略図である。
【図3】本考案の携帯電話を載せている使用状態図である。
【図4】本考案の第二種の構成概略図である。
【図5】本考案の第二種の構成折り曲げ図である。
【図6】本考案の第二種の携帯電話を載せている実用状態図である。
【図7】本考案の上軸筒と下軸筒との連結端部が連結する構成概略図である。

【0024】
これから具体的な実施例によって、かつ図面を結合し、本考案の技術的解決手段についてさらに詳細に説明する。
【0025】
実施例1、図1、図2および図3に示すように、多機能のペンであって、軸筒とリフィルとを含み、リフィルは軸筒内に設けられ、軸筒にクリップ3が設けられ、軸筒は上軸筒1と下軸筒2とを含み、上軸筒は下軸筒に連結され、下軸筒は連結する位置で上軸筒へ折り曲げて傾斜することができ、クリップは上軸筒に設けられ、クリップは上軸筒と下軸筒とに跨り、クリップ末端に内へ突起した携帯電話突き当て凸条7が設けられ、上軸筒の連結端部は内凹円弧面4であり、下軸筒の連結端部は外凸円弧面8であり、下軸筒の連結端部が内凹円弧面の中部に連結され、下軸筒は連結する位置で上軸筒へ折り曲げて傾斜可能な角度は、0から120°であり、上軸筒の先端部と下軸筒の基端部にそれぞれソフト性ラバーリング6が設けられ、上軸筒に光反射器5が設けられる。
【0026】
該多機能のペンの上軸筒は下軸筒に連結され、下軸筒は連結する位置で上軸筒へ折り曲げて傾斜することができ、かつクリップ末端に内へ突起する携帯電話突き当て凸条が設けられ、ペンのペン先を下に向けて横向きに机上に置くことによって、下軸筒が折り曲げられて傾斜し、傾斜する下軸筒と携帯電話突き当て凸条とによって携帯電話9が傾斜する下軸筒に立て掛けてられ携帯電話突き当て凸条に当接して斜に置かせられることで、携帯電話を置きやすく、仕事以外のレジャー娯楽に便利であり、かつ使用する場合に適用し、下軸筒の折り曲げ傾斜角度を調節することにより、携帯電話の配置角度を調節することができ、かつ該多機能のペンを垂直にすることで携帯しやすい。
【0027】
以上記載の実施例は、本考案の好適な解決手段であり、本考案をいずれかの形式に制限することではなく、請求項に記載された技術的解決手段を逸脱しないことを前提に、他に置換及び変形される。
【0028】
実施例2、図4及び図5に示すように、多機能のペンであって、軸筒とリフィルとを含み、軸筒は上軸筒1と下軸筒2とを含み、軸筒1にクリップ3が設けられ、リフィルが下軸筒2内に設けられ、下軸筒は相対回転自在の二段シャフト構造に分かれ、下軸筒の二段シャフトが相対回転して、リフィルが下軸筒に繰り出し及び繰り入れられることを実現する。上軸筒は下軸筒に連結され、下軸筒は連結する位置で上軸筒へ折り曲げて傾斜することができ、クリップ3は上軸筒1の片側に設けられ、クリップは下軸筒の折り曲げ方向と逆の片側に設けられ、クリップの末端は下軸筒の位置に伸ばされ、クリップ末端に内へ突起する携帯電話突き当て凸条7が設けられ、クリップの外側面は平面であり、かつクリップ3の両側に外へ突起する半円型ミッドスパン部が設けられ、クリップ内側面と上軸筒下端との間に支持ベース12によって固定接続され、半円型ミッドスパン部と支持ベース12は携帯電話を支持する時により安定な支持が形成される。
【0029】
上軸筒の連結端部は内凹円弧面4であり、下軸筒の連結端部は外凸円弧面8であり、下軸筒の連結端部は内凹円弧面の中部に連結される。図7に示すように、内凹円弧面4の中部突起に連結カラム17が設けられ、下軸筒の連結端側はU形チャック16と見なされ、U形チャックは連結カラムに挟んで連結され、かつ下軸筒の外凸円弧面8は内凹円弧面に当接される。内凹円弧面の両端が平面に沿って伸びる状態を呈し、下軸筒の伸びた状態の伸ばし突き当て平面14と下軸筒の最大折り曲げ状態の折り曲げ突き当て平面13とし、伸ばし突き当て平面14と上軸筒1軸線と平行し、伸ばし突き当て平面の末端と上軸筒の外側側壁との間に外に向き下斜め平面へ遷移する。折曲げ突き当て平面13と上軸筒軸線との角度が下軸筒の最大折り曲げ角度と一致する。下軸筒が連結する位置によるが、上軸筒へ折り曲げる最大の角度は120°である。下軸筒2の外凸円弧面8は連結軸を軸心とし、外凸円弧面はクリップを遠く離れる片側に下軸筒外側側壁とタンジェンシャル遷移し、外凸円弧面はクリップに近寄る片側に下軸筒軸線と平行する段差面15をタンジェンシャル遷移し、前記段差面は伸ばし突き当て平面と協力し、段差面と下軸筒とのシャフトがずれたところを有しかつ段差が形成される。上軸筒の側面に上下揺動可能なスイッチ10が設けられ、上軸筒の先端部に照明灯が設けられ、スイッチによりオンオフを制御する。上軸筒の先端部にスイッチにより制御されるレーザーが設けられてもよく、コンピュータのスライドショーを指示する作業に用いられる。又は上軸筒の側面に抜け出すことができるUSB接合信号端子が設けられ、上軸筒のスイッチはページ捲りポタンを変形することができ、USB接合信号端子を抜き出してコンピュータに差し込んで接続され、上軸筒のスイッチによりUSB接合信号端子の信号接合によってコンピュータPPT等のソフトのページ捲りを遠隔制御し、PPTの演示リモコンとする。下軸筒の基端部はリフィルの伸縮口であり、サラウンドリフィルの伸縮口にソフト性ラバーリング6が設けられ、ソフト性ラバーリングは携帯電話のスタイラスのコンタクトとして携帯電話のバネルをタッチすることで制御し、同時にペン先を保護する。
【0030】
該多機能のペン上軸筒が下軸筒に連結され、下軸筒は連結する位置で上軸筒へ折り曲げて傾斜することができ、かつクリップ末端に内へ突起した携帯電話突き当て凸条が設けられ、下軸筒が折り曲げられて傾斜し、クリップの外側面が机の上に置かれ、傾斜する下軸筒と携帯電話突き当て凸条とによって携帯電話9が傾斜する下軸筒に立て掛けて携帯電話突き当て凸条に当接して斜に置かれ、図6に示すように、携帯電話を置きやすく、仕事以外のレジャー娯楽に便利である。下軸筒の末端ソフト性ラバーリングが携帯電話のスタイラスを制御することができ、本ペンは携帯電話制御ペンとすることができ、乾燥又は湿っている天気の場合に、指でスタイラス制御して長い時間操作することに比べれば指先の不快感の状況を回避さできる。上軸筒は照明灯、レーザーを設けることができ、又はUSB信号端子によってコンピュータPPTの演示リモコンとし、本装置は一本のペン中に複数の電子製品のセット機能が集められ、携帯に適合し携帯電話、コンピュータと合わせて使用する。
【0031】
(付記)
(付記1)
多機能のペンであって、軸筒とリフィルとを含み、リフィルは軸筒内に設けられ、軸筒にクリップが設けられ、前記軸筒は上軸筒と下軸筒とを含み、上軸筒は下軸筒に連結され、下軸筒は連結する位置で上軸筒へ折り曲げられて傾斜することができ、クリップは上軸筒に設けられ、クリップは上軸筒と下軸筒に跨り、クリップ末端に内へ突起する携帯電話突き当て凸条が設けられることを特徴とする多機能のペン。
【0032】
(付記2)
前記上軸筒の連結端部は内凹円弧面であり、下軸筒の連結端部は外凸円弧面であり、下軸筒の連結端部が内凹円弧面の中部に連結され、下軸筒が連結する位置で上軸筒へ折り曲げて傾斜可能な角度は、0から120°であることを特徴とする付記1に記載の多機能のペン。
【0033】
(付記3)
前記上軸筒の連結端部は内凹円弧面であり、下軸筒の連結端部は外凸円弧面であり、下軸筒の連結端部が内凹円弧面の中部に連結され、下軸筒が連結する位置で最大に折り曲げて傾斜可能な角度は100−130°であることを特徴とする付記1に記載の多機能のペン。
【0034】
(付記4)
前記上軸筒と下軸筒との連結軸は、下軸筒軸線を遠く離れるクリップの片側へバイアスして設けられることを特徴とする付記2又は3に記載の多機能のペン。
【0035】
(付記5)
前記内凹円弧面の両端が平面に沿って伸びる状態を呈し、下軸筒の伸びた状態の伸ばし突き当て平面と下軸筒の最大折り曲げ状態の折曲げ突き当て平面とし、伸ばし突き当て平面と上軸筒軸線とが平行であり、折曲げ突き当て平面と上軸筒軸線との角度が下軸筒の最大折り曲げ角度と一致することを特徴とする付記4に記載の多機能のペン。
【0036】
(付記6)
伸ばし突き当て平面の末端と上軸筒の外側側壁との間に外向き下斜め平面又は弧面へ遷移することを特徴とする付記5に記載の多機能のペン。
【0037】
(付記7)
下軸筒連結端部の外凸円弧面は連結軸を軸心とし、外凸円弧面はクリップを遠く離れる片側で下軸筒外側側壁にタンジェンシャル遷移し、外凸円弧面はクリップに近寄る片側で下軸筒軸線と平行する段差面にタンジェンシャル遷移し、前記段差面は伸ばし突き当て平面と協力し、段差面は下軸筒のシャフトと段差を形成することを特徴とする付記5に記載の多機能のペン。
【0038】
(付記8)
前記クリップの外側面は平面であり、クリップは下軸筒の折り曲げ方向の他方側に位置することを特徴とする付記2又は3に記載の多機能のペン。
【0039】
(付記9)
前記クリップの幅は、上軸筒の直径以上であることを特徴とする付記8に記載の多機能のペン。
【0040】
(付記10)
前記クリップの内側と上軸筒の下端との間に支持ベースを介して固定接続されることを特徴とする付記1乃至3の何れか1つに記載の多機能のペン。
【0041】
(付記11)
前記支持ベースは、下軸筒の最大折り曲げ状態での軸線延長線に位置し、又は下軸筒の最大折り曲げ状態での軸線延長線の近くにクリップ末端の片側に設けられることを特徴とする付記10に記載の多機能のペン。
【0042】
(付記12)
前記クリップの内側と上軸筒の下端との間に支持ベースを介して固定接続されることを特徴とする付記5に記載の多機能のペン。
【0043】
(付記13)
前記支持ベースは、下軸筒の最大折り曲げ状態での軸線延長線に位置し、又は下軸筒の最大折り曲げ状態での軸線延長線の近くにクリップ末端の片側に設けられることを特徴とする付記12に記載の多機能のペン。
【0044】
(付記14)
前記クリップの内側と上軸筒の下端との間に支持ベースを介して固定接続されることを特徴とする付記6に記載の多機能のペン。
【0045】
(付記15)
前記支持ベースは、下軸筒の最大折り曲げ状態での軸線延長線に位置し、又は下軸筒の最大折り曲げ状態での軸線延長線の近くにクリップ末端の片側に設けられることを特徴とする付記14に記載の多機能のペン。
【0046】
(付記16)
内凹円弧面の中部突起に連結カラムが設けられ、下軸筒の連結端部はU形チャックと見なされ、U形チャックは連結カラムに挟まれて連結され、かつ下軸筒の外凸円弧面が内凹円弧面に当接することを特徴とする付記2又は3に記載の多機能のペン。
【0047】
(付記17)
前記上軸筒の先端部と下軸筒の底部とにそれぞれソフト性ラバーリングが設けられることを特徴とする付記1に記載の多機能のペン。
【0048】
(付記18)
前記リフィルが下軸筒内に設けられ、下軸筒は相対回転自在の二段シャフトに分かれ、二段シャフトが相対回転してリフィルの繰り出し及び繰り入れを制御することを特徴とする付記1乃至3の何れか1つに記載の多機能のペン。
【0049】
(付記19)
前記上軸筒の側面にスイッチが設けられ、上軸筒の先端部にスイッチにより制御される照明灯が設けられることを特徴とする付記1乃至3の何れか1つに記載の多機能のペン。
【0050】
(付記20)
前記上軸筒の側面にスイッチが設けられ、上軸筒の先端部にスイッチにより制御されるレーザーが設けられることを特徴とする付記1乃至3の何れか1つに記載の多機能のペン。
【0051】
(付記21)
前記上軸筒の側面にUSB接合信号端子が嵌められ、USB接合信号端子が抜け出してコンピュータに挿設することができ、上軸筒の他方側にUSB接合信号端子に対応するリモコンボタンが設けられることを特徴とする付記1乃至3の何れか1つに記載の多機能のペン。
【0052】
(付記22)
前記上軸筒に光反射器が設けられることを特徴とする付記1に記載の多機能のペン。
【0053】
1 上軸筒、2 下軸筒、3 クリップ、4 内凹円弧面、5 光反射器、6 ソフト性ラバーリング、7 携帯電話突き当て凸条、8 外凹円弧面、9 携帯電話、10 スイッチ、11 照明灯、12 支持ベース、13 折り曲げ突き当て平面、14 伸ばし突き当て平面、15 段差面、16 U形チャック、17 連結カラム

(57)【要約】

【課題】多機能のペンを提供する。【解決手段】軸筒とリフィルとを含み、リフィルは軸筒内に設けられ、軸筒にクリップ3が設けられ、軸筒は上軸筒1と下軸筒2とを含み、上軸筒1は下軸筒2に連結され、下軸筒2は連結する位置で上軸筒1へ折り曲げて傾斜することができ、クリップ3は上軸筒1に設けられ、クリップ3は上軸筒1と下軸筒2に跨られ、クリップ3末端が内へ突起して携帯電話突き当て凸条7が設けられる。本装置は折り曲げて携帯電話ホルダとすることができ、携帯電話9のスタイラスペンとすることができ、上軸筒1は照明灯、レーザーを設けることができ、又はUSB信号端子によってコンピュータPPTの演示リモコンとし、本考案は一本のペン中に複数の電子製品のセット機能が集められ、携帯に適合し携帯電話9、コンピュータと合わせて使用する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):