(54)【考案の名称】傘を立て置き可能な石突構造

(73)【実用新案権者】東莞市為寛塑膠製品有限公司

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は傘分野の技術に関し、とりわけ傘を立て置き可能な石突構造に関する。

【従来の技術】

【0002】
傘は陽光又は雨、雪を遮る道具である。一般的には油紙、油布又は合成樹脂布等でなる。雨傘の英語Umbrellaはラテン語のUmbraを語源とし、陽光を遮る、陰という意味がある。現代の傘は石突を備える。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
しかしながら、現在、傘の石突はいずれも一体型尖状構造であって、傘全体を水平面上に立て置きすることができず、もし立て置きしたいのであれば、傘立てを用いることになり、傘立てを用いなければ傘を立て置きすることができないことから、使用者の使用上での不便をもたらしていた。
【0004】
これに鑑み、本考案では従来技術における不足を対象とするものであり、主な目的は、従来の傘石突では傘を水平面上に立て置きできず使用上で不便があるという問題を効果的に解決することができる傘を立て置き可能な石突構造を提供するというものである。

(57)【要約】

【課題】傘を立て置き可能な石突構造を提供する。【解決手段】傘を立て置き可能な石突構造であって、固定ポスト10と、可動スリーブ20と、スプリング30と、少なくとも二枚の石突フラップ40とを備える。可動スリーブは固定ポストの下端に上下可動的に被せられ、スプリングの両端は固定ポスト及び可動スリーブにそれぞれ当接し、スプリングは可動スリーブを下方に復帰させ、石突フラップは固定ポストの外周に配置され、各々の石突フラップの上端はいずれも固定ポストの上端側部に枢接され、各々の石突フラップにはいずれもリンク50が設けられ、各々のリンクの上端は対応する石突フラップに枢接され、下端はいずれも可動スリーブの上端側面に枢接されている。可動スリーブを水平面に押当てると、各々の石突フラップが自動的に開いて、安定したスタンドを形成する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):