(54)【考案の名称】立体的な装飾紙製品

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、和紙に装飾的な刺繍デザインを施し、立体感と高級感を演出した紙製品に関するものである。
さらに詳細は、刺繍用の和紙に予め下地デザインをあしらい、当該下地デザイン部全体またはその一部分に立体的な装飾的刺繍を施して立体感と高級感を演出した紙製品に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来から、のし袋等の紙製品の外観を装飾し高級感を高めるために、紙面の一部あるいは全面に刺繍加工が施されることがあり、紙面本体に直接刺繍加工する技術は公知である(例えば、特許文献1)。
【0003】
しかしながら、紙面に対してよれが生じて破れたり、紙品質や相性等によっては図案化したものとの縫い目の位置づれ等が生じ、安定的な制作に支障が生じることも多々あった。
【0004】
また、外観上の立体感や重厚感を出すためには重ね縫いが必要で、結果、一部の解れや綻びが発生して外観を損ねることとなり、意匠的な効果が低下するなどの問題が発生していた。
【0005】
これに対しては、縫製方法の工夫や布当ての利用若しくは接着剤の併用などによって外観改善の処置が取られたが、手間やコストがかかり、いまだに抜本的な対策になっていない(例えば、特許文献2乃至4)。
【0006】
また、高級感や重厚感の演出はもとより、立体感の演出が不十分であった。
【0007】

【効果】

【0011】
和紙にあしらった刺繍部分と背景のデザイン部との絶妙な相乗効果によって遠近感が演出でき、その結果、重厚感と高級感を引き立たせることができる装飾的な紙製品を提供し得るものである。また、和紙を使用することによって、よれやほつれが改善でき、和紙独特の優雅な雰囲気によって醸し出されるデザイン効果も引き立つものである。
すなわち本考案によれば、特別な想いを伝え、或いは気持ちを込めたお祝いごと等に対して大変喜ばれ、時と思い出を刻みうるオリジナルな逸品を提供することできるため、社交上も大変有用である。また、贈られた側にとっては、刺繍製品を一つの作品として、サイズに適合する額にアレンジしてはめ込み、飾ることによって再利用することも可能である。
【0012】
また、伝統的な図柄、例えば螺鈿細工風のアレンジや家紋等を刺繍と組合せるのも重厚さをより表現できて最適なテーマ材料である。
【図面の簡単な説明】
【0013】
【図1】本考案の機能性封筒の実施例を示す展開図である。

【0014】
本考案によれば、先ず制作をするアイテムにあわせて和紙の材質を選択する。和紙は、麻、楮、みつまた、雁皮、まゆみ及び苦参のいずれかを原料として製造されたものが好適に使用できるが、厚さや強度は目的に応じて適宜選択する。
【0015】
次に製造目的のアイテムに関して設計図面を用意し、修飾的な刺繍をする箇所の位置と図柄・デザインを決定し、和紙に予め図柄・デザインを印刷または下塗りする。色合いは刺繍する糸や図柄等に応じて選択するが、背景として用いるため、立体的な効果をより高めるために、縫製の糸と背景色が同系にならないようなバランスをとる必要がある。例えば、夜のイメージ背景として黒色を選択した場合には星空に輝く星は黄色の糸で点在させる刺繍構成をとるなどのバランスが重要である。また、和紙との融和性を考慮した色構成やいわゆる補色調和の加減も適宜調整しながら、高級感と重厚感の演出を図ることが重要である。
【0016】
刺繍の工程が終了したら、目的のアイテムに加工して紙製品に仕上げる。例えば、封筒や水引などの場合は、展開図面を裁断して組みたてる。カレンダーについては、製本化等して仕上げる。はがきや便箋なども所望のサイズに応じて裁断加工して仕上げる。このようにして仕上げた製品は立体感のある重厚で高級感の醸し出される製品として仕上がるものである。
【0017】
以下、添付図面に従い、実施例により本考案をさらに具体的に説明するが、本考案の範囲は当該実施例に限定されるものではない。
【0018】
図面は、機能性封筒の例を示す展開図である。2には、3の螺鈿細工様のデザインを印刷し、刺繍を部分的に施す。2‘には、キャラクターのデザインを印刷と組合せて刺繍を施す。底部の内部にあしらうためかなり面積が限られていることから位置づれを防止するために印刷との組合せが効果的である。5は切り込み部分であるが、6の底部折込を山折りと谷折りを繰り返すために必須の処置である。折込を終えるとキャラクターの山と谷部分にはお札が固定できるために水引の内袋に使用すると利便性も良い。
【0019】
当該実施例は、和紙に刺繍を施し、家紋、螺鈿や蒔絵をイメージし日本文化を一枚の封筒に表現できるものであるが、封筒の中には山折があり、紙幣はそのまま入れても固定でき、メッセージカード分離して挿入でき使いやすい。500円玉もずれにくく機能性に優れている。中を覗くと古事記にも登場するスクナビコナという神様をイメージした小ririが見守っていて、遊び心も演出できる。封筒本体は、重厚感と高級感が演出できる。印刷部分のデザインバリエーションを変えることで、使用目的に合わせた立体的なイメージを演出できるものである。
【0020】
例えば、実施例における螺鈿と蒔絵イメージデザインは、丸い円は母体を、中の月は胎児を表しており、済みきった空気の中、月光に照らされる山と清流 川辺には葦がしげり草花が生え、蝶が舞い夜には蛍が飛ぶ安全な食べ物に恵まれ、夢と希望が持てる平和な環境をと子供たちへの願いを込めたものである。家紋であれば、鳳凰家紋などが挙げられる。ここで、鳳凰の「鳳」は雄を「凰」は雌を表すとされ、出会いにより縁が結ばれ新しい命が縁を繋いでいくイメージを演出できる。
【0021】
1 機能性封筒の外枠
2 印刷と刺繍の加工部分(封筒本体部)
2‘ 印刷と刺繍の加工部分(底部機能部分)
3 螺鈿模様のデザイン例
4 キャラクターのデザイン例
5 切り込み部分
6 底部折込み部分

(57)【要約】

【課題】重厚感や高級感を引き立たせる立体感を有する紙刺繍製品を提供する。【解決手段】刺繍用の和紙に予め印刷または下塗りにより下地デザインをあしらい、下地デザイン部全体またはその一部分に立体的な装飾的刺繍を施し、目的のアイテムに加工して紙製品に仕上げる。和紙を使用することによって、よれやほつれが改善でき、和紙独特の優雅な雰囲気によって醸し出されるデザイン効果も引き立つ。装飾的刺繍を施した和紙を用いることで、日用品や他の芸術品に幅広い用途に応用できるが、好適には機能性封筒、カレンダー、水引、葉書、便箋および色紙に加工するのが好ましい。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):