(54)【考案の名称】太陽光等を利用の充電携帯端末

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は携帯端末に太陽光等を利用して二次電池に自動充電を可能にした事に関する考案である

【従来の技術】

【0002】
従来の携帯端末、携帯電話、スマートフォン、IPAD、ノートパソコン等は内臓の二次電池が全部放電すると電池切れになり使用が出来なくなる製品がある。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
従来の携帯端末は内臓された二次電池が全部放電すると電源コンセントとアダプターにより充電するしか方法が無く、充電が出来なければ使用不可能の状態になる。
【問題を解決する為の手段】
【0004】
携帯端末のフタの外側全面に、太陽光モジュールを一体的に設け、常時発電して充電される状態を維持する事が出来る。
以上を特徴とする太陽光等を利用の充電携帯端末である。

【効果】

【0005】
従来の携帯端末は二次電池が全部放電すると電源コンセントとアダプターで充電しなければ使用不可能になるが、本案はフタの外側全面に太陽光モジュールを一体的に設けて常時充電可能であり、常に携帯端末の使用が可能である。

(57)【要約】

【課題】電池切れやコンセントの有無を気にせず、常時安心して利用できる太陽光等を利用の充電携帯端末を提供する。【解決手段】携帯端末のフタの外側全面に、太陽光モジュール1を一体的に設け、常時発電し充電される状態を維持する事を特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):