(54)【考案の名称】情報伝達カード

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、名刺やグリーティングカード等の情報伝達カードに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、ビジネス等で用いられる名刺では、表面に氏名、会社名、部署名、会社の住所、電話番号、ファックス番号を記載し、その裏面に表面に記載した内容を英文で表記したもの、あるいは、裏面にその会社の全国各地の他の営業所、事業所等の住所、電話番号等、を記載したもの等が使用されている。
【0003】
しかし、上記したような従来の名刺では、情報を表示できるスペースが名刺の表面および裏面に限られるため、会社案内や商品案内等の情報を記載するのが困難であるという問題があった。
【0004】
このため、複数の情報表示面を備えた、折りたたみ型の名刺が知られている(例えば、特許文献1)。
【0005】

(57)【要約】

【課題】渡した相手方に強い印象を与えることができる名刺等の情報伝達カードを提供する。【解決手段】名刺1は、第1面状部材2および第2面状部材3と、第1面状部材2および第2面状部材3を連結する第1中間面状部材41、第2中間面状部材42および第3中間面状部材43を備え、第1面状部材2は第1内側情報表示面部21を備え、第2面状部材3は、第2内側情報表示面部31を備え、第1内側情報表示面部21と第2内側情報表示面部31とが対向するように第1面状部材2と第2面状部材3とを重ねて、第1の内側辺211,311が延出する方向に延びる軸を第1の軸とし、第1の内側辺211,311に直交する第2の内側辺212,312が延出する方向に延びる軸を第2の軸として、第1面状部材2と第2面状部材3とを、互いに直交する第1の軸および第2の軸を中心として、相対的に回動可能であることを特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):