(54)【考案の名称】起立保持具

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、杖を起立した状態に保持し得る起立保持具に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来から、杖を起立した状態に保持させるためのものとして、テーブルの縁部や壁面に、杖の一部分を支持可能な構成を設けたものが存在する。
【0003】
また、長尺物である傘に関しては、天板の上面に添接し得る滑り止めを配した傘ホルダーが存在する(例えば特許文献1参照)
ところが、上述したものは何れも、杖を起立した状態に保持させ得る場所が著しく限られたものとなっている。すなわち、杖は、使用者が常時持ち運ぶものであるにも係わらず、従来のものでは、杖をあらゆる場所で柔軟に起立した状態に保持させ得るものとはなっていなかった。
【0004】

【効果】

【0013】
以上説明したように本考案によれば、杖を起立した状態に保持させ得る柔軟性に利便性に優れた起立保持具を提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【0014】
【図1】本考案の位置実施形態を示す側面図。
【図2】同実施形態における斜視図。
【図3】同実施形態における斜視図。
【図4】同実施形態における側面図。
【図5】同実施形態における側面図。
【図6】同実施形態における側面図。
【図7】同実施形態における斜視図。

【0015】
以下、本考案の一実施形態を、図1〜7を参照して説明する。
【0016】
起立保持具Aは、杖Sの下端部s1が上向き面である床面Fに当接した状態で当該杖Sを起立状態に保持させ得るものである。起立保持具Aは、床面Fよりも上に位置する物体である家具の天板Tを挟持し得るクリップ部材1と、このクリップ部材1に取り付けられ杖Sの下端部よりも上側の部位を支持し得る弾性を有した環状部材2とを備えている。
【0017】
なお、図1、図3、図5、及び、図6では、起立保持具Aにおけるクリップ部材1が挟んで支持する対象である物体の一例として家具の天板Tを示しており、図7では、物体の一例として家具の支柱Pを示している。
【0018】
以下、各構成について詳述する。
【0019】
クリップ部材1は、図4に示すように、側面視において略くの字状に形成された対をなすアーム部11と、これら対をなすアーム部11の各基端部から後方に延出して設けられた操作部12と、対をなすアーム部11の基端部に設けられたヒンジ部13と、対をなすアーム部11の先端11sを相寄る方向に付勢する部分円環状をなす弾性体14とを備えている。
【0020】
一方のアーム部11と一方の操作部12とは合成樹脂により一体に成形されており、他方のアーム部11と他方の操作部12とは合成樹脂により一体に形成されている。一方のアーム部11と、他方のアーム部11とは、ヒンジ部13を介して相対回動可能に連結している。一方のアーム部11の先端11sと他方のアーム部11の先端11sとは、弾性体14によって相寄る方向に付勢されている。使用者が、手指等で操作部12を相寄る方向に操作することによって、弾性体14の弾性反発力に抗して、一方及び他方のアーム部11の先端11sは相離れる方向に移動し得るようになっている。なお、弾性体14は、C字状に形成された金属製のものであり、当該弾性体14における二箇所の端部が、一方のアーム部11の外面と他方のアーム部12の外面にそれぞれ接続している。
【0021】
環状部材2は、杖Sに直接的に係わり合うことにより、当該杖Sを支持し得るものである。環状部材2は、伸縮性を有したゴムを主体に構成されている。この実施形態では、環状部材2における一端側すなわち前側の部分2mが、クリップ部材1の弾性体14に取り付けられている。
【0022】
環状部材2は、ゴムを主体に構成されているものであるため、当該環状部材2を一時的に拡開させることが可能である。このため、杖Sの上部に当該環状部材2の囲まれた空間を、比較的簡単に位置させることが可能となっている。 なお、環状部材2は、図1、図5、図7に示すように、単純な単一の環状形状のまま当該杖Sの上部を囲むことにより支持する態様(以下、「単純支持態様(B)」という。)を採ることができる。また、環状部材2は、図6に示すように、ゴムの弾性変形を利用して杖Sの上部に複数回巻き付けて支持する態様(以下、「巻き付け支持態様(C)」という。)を採ることができる。環状部材2が、単純支持態様(B)を採る場合には、クリップ部材1の物体に対する取付位置を上下方向に比較的柔軟に設定し得るものとなる。一方で、環状部材2が、巻き付け支持態様(C)を採る場合には、杖Sに対して起立保持具Aを常時支持させることができるため、持ち運びに便宜なものとなる。なお、環状部材2の寸法は自由に設定することができる。特に、図6に示されるように、環状部材2が、比較的長い寸法に設定されたものであれば、起立保持具Aが、携帯電話のストラップのように杖Sに支持され得るものとなる。かかる構成のものであれば、クリップ部材1が移動するための自由度が高まるものとなり、使用者に取り扱いやすいものとなる。
【0023】
このように、本実施形態に示す起立保持具Aは、杖Sの下端部が上向き面である床面Fに当接した状態で当該杖Sを起立状態に保持させ得るものである。そして床面Fよりも上に位置する物体である天板Tを挟持し得る対をなすアーム部11を有したクリップ部材1と、このクリップ部材1に取り付けられ杖Sの下端部s1よりも上側の部位を支持し得る弾性を有した環状部材2とを備えている。このため、杖Sを起立した状態に保持させ得る柔軟性や使用者の利便性に優れた起立保持具Aを提供することができる。
【0024】
つまり、クリップ部材1によって、家具等の物体のあらゆる場所を挟んで支持することができるため、杖Sを起立した状態に保持させるための場所の選択を極めて柔軟に行うことができるものとなる。
【0025】
クリップ部材1が、対をなすアーム部11を相寄る方向に付勢する部分円環状をなす弾性体14を備えている。このため、弾性体14の付勢力によって、クリップ部材1が、種々の物体を好適に挟持できるものとなっている。
【0026】
環状部材2が、弾性体14に取り付けられているものである。このため、環状部材2が、クリップ部材1に好適な位置に配設されたものとなっている。
【0027】
環状部材2が、伸縮性を有したゴムを主体に構成されている。このため、ゴムの弾性伸縮力を利用して杖Sを好適に支持することができるものとなっている。
【0028】
なお、本考案は、以上に詳述した実施形態に限られるものではない。
【0029】
上向き面は、上述したような床面に限られるものではない。他の上向き面としては、例えば、地面、路面等を挙げることができる。
【0030】
上向き面よりも上に位置する物体とは、上述したような天板や支柱に限られるものではなく、クリップ部材のアーム部により挟持され得るものであればどのようなものであってもよい。他の物体としては、例えば、床面に設置された家具の一部分(例えば、ベッドの支柱等)や、床面、地面、路面等に立設された柱の一部分や、建築物の一部分や、木等の植物の一部分や、人間の着衣等を挙げることができる。
【0031】
クリップ部材の形状も本考案の趣旨を逸脱しない範囲で種々のものを採用することができる。例えば、アーム部の形状を二股タイプのものにしてもよいし、アーム部の先端が基端部よりも幅広な形状をなしたものを採用してもよい。
【0032】
環状部材は、別体をなす輪ゴム状のものをクリップ部材に括り付けるようにしてもよいのはもちろんのことである。また、環状部材は、弾性を有したものであればよく、ゴムを主体に構成されたものに限られるものではない。環状部材としては、例えば、コイルスプリング状のものや、部分的にのみ伸縮性のあるゴムを用いたもの等が考えられる。
【0033】
その他、各部の具体的構成についても上記実施形態に限られるものではなく、本考案の趣旨を逸脱しない範囲で種々変形が可能である。
【0034】
A…起立保持具
1…クリップ部材
2…環状部材
S…杖
F…床面

(57)【要約】

【課題】杖をあらゆる場所で簡単に起立した状態に保持させ得る柔軟性に優れた起立保持具を提供する。【解決手段】杖の下端部が上向き面に当接した状態で当該杖を起立状態に保持させ得る起立保持具であって、前記上向き面よりも上に位置する物体を挟持し得る対をなすアーム部を有したクリップ部材と、このクリップ部材に取り付けられ前記杖の下端部よりも上側の部位を支持し得る弾性を有した環状部材とを備えているものとした。このようなものであれば、挟持する位置を柔軟に設定でき杖をあらゆる場所で簡単に起立した状態に保持させ得るのみならず携帯性に優れているので使用者の利便性に優れた起立保持具を提供することができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):