(54)【考案の名称】落ちない傘

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、傘掛けや傘立てを使わずにテーブルへの固定が容易な傘の持ち手に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
飲食店の店内へ傘を持ち込む客が多く、テーブルに傘の持ち手を掛けると滑ってずり落ちてしまうため
【0003】
店内の座席には傘を立てて置けるスペースはない
【0004】
この改善策として吸盤によるテーブルへ固定する方法がある
【考案が解決しようとする課題】
【0005】
解決する問題点は傘をテーブルへ掛けておくとずり落ちてしまうことにある

【効果】

【0007】
本考案の吸盤付き傘の持ち手はテーブルからのずり落ちを防ぐ他、傘が床に落ちて破損や水滴が飛散するのを防ぐ事にある
【図面の簡単な説明】
【0008】
【図1】は「吸盤付き傘の持ち手」の実施方法を示した説明図である。(実施例1)
【図2】は「吸盤付き傘の持ち手」の断面を示した説明図であるる

【0009】
傘の基本となる形態及び機能は失わずに、傘をテーブルからずり落ちにくさを実現
【0010】
〔図2〕は、本考案の断面図であって、符号1は吸盤、2は持ち手である
【0011】
〔図1〕の吸着位置のP点は、外部からの空気注入及び振動がない限り常に吸着しており、本考案の主体は傘のずり落ちにあるので構造、物理系の説明は省略する
【0012】
1 吸盤
2 傘の持ち手
3 テーブル

(57)【要約】

【課題】傘掛けや傘立てを使わずにテーブルへの固定が容易な傘の持ち手を提供する。【解決手段】フック状の傘の持ち手先端部に吸盤を設ける。テーブルから傘のずり落ちを防ぐ他、落下による傘の破損や水滴の飛散を防ぐことができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):