(54)【考案の名称】パテベラ

(73)【実用新案権者】株式会社源邑光北野刃物製作所

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、壁面等の工事の際、欠損部、溝、目地等を埋めるパテを撫でつけるためのパテベラで、パテベラの一対の外側面に巾広の複数の切削部を設けたパテベラに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来のパテベラはヘラ板の根元部分は肉厚で、ヘラの先端方向へ細くなっており、先端部が最も薄くなっている。
また、(登録実用新案第3151825号 公報)においては、ヘラ板の中間部の両側面側にヘラ板の巾方向に等長で、巾広の切削部を一か所のみ形成している。
【0003】
そして、前記パテベラは凹凸面の目地、溝等をパテ塗布した後、目地、溝に沿ってヘラ先端を押圧しながら表面からはみ出したパテを削り取り、そして撫でつけて平滑化していた。
【0004】
【特許文献】 登録実用新案第3151825号 公報

【考案を解決しようとする課題】
【0005】
しかしながら、上記の従来技術によると、ヘラの先端部が薄くなっているパテベラを押圧した場合や、ヘラ板の中間部の両側面側にヘラ板の巾方向に等長で、巾広の切削部を一か所のみ形成している場合、ヘラ板の中間部の付近が極端に湾曲するので、ヘラの先端部が多大な抵抗を受けて仕上げ面に接触するので凹凸面の仕上がりにむらが出てしまい、壁紙を貼った場合、補修箇所が均一に仕上がらず、間接照明では特に分かってしまう問題があった。
【0006】
本考案は上記の問題を解決するために凹凸面に対し平面と同一面上に先端部が接して、精度の高い平滑面を得られるパテベラを提供することを目的としたものである。

【効果】

【0008】
上述の様に、本考案のパテベラはヘラ板の一対の外側面にヘラ板の巾方向に等長で巾広の複数の切削部を形成したパテベラである。
【0009】
従ってパテベラを押圧した場合、ヘラ板の一対の外側面にヘラ板の巾方向に等長で巾広の複数の切削部を形成しているので、ヘラ板にかかる押圧は分散されより柔軟に湾曲する。
【0010】
そして、ヘラ板が柔軟に湾曲するので強い押圧力は必要なく、作業者の手首にかかる負担も小さくなり、作業効率も上がる。
【0011】
また例えば、ヘラ板が大きく湾曲してヘラ先端部に多大な抵抗を受けても、先端部は変形することがない適宜な肉厚があるので、先端部は凹凸面に対し平面と同一面上に接し、精度の高い平滑面を得られるものである。
【0012】
なので、平滑化された壁面に壁紙を貼った場合、壁紙が均一に仕上がっているので間接照明による乱反射の光でも補修した凹凸面は分からず綺麗な仕上がりになる。

(57)【要約】

【課題】握持部とヘラ板よりなるパテベラにおいて、ヘラ板の一対の外側面にヘラ板の巾方向に等長で巾広の切削部を複数本形成してパテベラを押し出す力が、ヘラ板の一か所に集中しないようにしているパテベラを提供する。【解決手段】ヘラ板3の一対の外側面の巾方向に等長で巾広の複数の切削部4を形成している。パテベラを押圧した場合、ヘラ板3にかかる押圧は一か所の切削部に比べて押圧が分散され、ヘラ板3はより柔軟に湾曲するので、先端部は凹面に対し平面と同一面上に柔軟に接し、精度の高い平滑面を得られるものである。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):