(54)【考案の名称】多機能マッサージ器

(73)【実用新案権者】株式会社アテックス

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本実用新案は、多機能マッサージ器に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
マッサージ器製品は不断に更新され、機能も益々豊富で、多様化している。市場でよく目にする施療子付きのマッサージ器は、施療子が出力軸の駆動下で回転し、回転する揉み運動を発生して、人体に対して揉み式マッサージを実施するが、マッサージ機能が単一であり、マッサージ効果は理想的とは言えず、実際に改良の必要があるため、本願が考案された。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
この点に鑑み、本実用新案では、マッサージ器の使用機能がさらに向上した多機能マッサージ器が提供されている。

【効果】

【0010】
上記構造を採用した場合、機構本体のモータが動作すると、第1伝動アセンブリを介して揉み施療子の回転運動を駆動し、人体に対して揉み式マッサージを実施するとともに、第2伝動アセンブリを介して揺動アームの左右偏心揺動を駆動し、人体に対して叩き式マッサージを実施するため、マッサージ器のマッサージ方式が豊富となっており、マッサージ機能は多様化し、マッサージ効果はより良好となっている。
【図面の簡単な説明】
【0011】
【図1】本実用新案におけるマッサージ器部分の構造分解図である。
【図2】本実用新案におけるマッサージ器部分の組合せ構造概略図である。
【図3】本実用新案におけるマッサージ器の組合せ断面図である。
【図4】本実用新案におけるマッサージ器の組合せ概略図である。
【図5】本実用新案におけるマッサージ器の組合せ概略図である。

【0012】
以下においては、添付図面および具体的な実施例に基づき本実用新案について詳細に説明する。
【0013】
図1〜図5に示されている通り、本実用新案の多機能マッサージ器は、機構本体1、機構本体1上に組み付けられている揉み施療子2および揺動アーム3を含み、前記機構本体1は、機構ケーシング11と、機構ケーシング11内に設けられるモータ12と、モータ12に従動する第1伝動アセンブリ13および第2伝動アセンブリ14とを含む。
【0014】
前記第1伝動アセンブリ13は揉み施療子2に伝動し、本実施例において、該第1伝動アセンブリ13は、好適には2組設置され、それぞれ2つの揉み施療子2が従動するが、具体的な実施時にはこの限りではなく、該第1伝動アセンブリ13は、ウォーム131、ウォームホイール132および平歯車133からなり、ウォーム131はモータ12のモータ軸に接続されて動力をウォームホイール132に伝達し、ウォームホイール132は平歯車133に噛合し、さらに動力を平歯車133に伝達し、揉み施療子2は平歯車133の中心軸上に取り付けられ、該前記揉み施療子2は平歯車133の中心軸の駆動下で回転し、揉み施療子2の頂面に施療凸粒21が設けられ、中間部に平歯車133の中心軸に接続する軸孔22が設けられる。
【0015】
前記第2伝動アセンブリ14は揺動アーム3に伝動し、小プーリ141、ベルト142、大プーリ143、伝動軸144、偏心回転ベース145、軸受146および軸受ベース147からなり、小プーリ141は、モータ12のモータ軸上に設置され、ベルト142を介して動力を大プーリ143に伝達し、大プーリ143は伝動軸144に接続され、偏心回転ベース145は2つのピンにより互いに離隔して伝動軸144上に固定され、偏心回転ベース145は軸受146および軸受ベース147に接続され、伝動軸144の両端が位置決め軸受149上に取り付けられ、揺動アーム3の両端が2つの減振ゴムパッド148を介して軸受ベース147上に接続され、大プーリ143が回動すると、伝動軸144の回動を駆動し、伝動軸144が偏心回転ベース145に伝動し、さらに偏心回転ベース145を介して揺動アーム3の左右偏心揺動を駆動し、該揺動アーム3の両端に叩き施療子31が設けられる。
【0016】
上記構造を採用した場合、本実用新案のモータ12が動作すると、第1伝動アセンブリ13を介して揉み施療子2の回転運動を駆動し、人体に対して揉み式マッサージを実施するとともに、第2伝動アセンブリ14を介して揺動アーム3の左右偏心揺動を駆動し、人体に対して叩き式マッサージを実施するため、マッサージ器のマッサージ方式が豊富となっており、マッサージ機能は多様化し、マッサージ効果はより良好となっている。
【0017】
以上の記載は、本実用新案の好適な実施例に過ぎず、本実用新案の実施範囲を限定するものではない。そのため、本実用新案の実用新案登録請求の範囲および明細書に依拠して施された変更または修飾は、いずれも本実用新案がカバーする範囲内に属しているものとする。

(57)【要約】

【課題】多機能マッサージ器を提供する。【解決手段】機構本体、機構本体上に設けられる揉み施療子および揺動アーム3を含む。前記機構本体は、機構ケーシング11と、機構ケーシング内に設けられるモータ12と、モータに従動する第1伝動アセンブリおよび第2伝動アセンブリ14とを含み、第1伝動アセンブリは、揉み施療子が回転して揉み式マッサージを実現するように、揉み施療子に伝動し、前記第2伝動アセンブリは、揺動アームが左右に偏心揺動して叩き式マッサージを実現するように、揺動アームに伝動する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):