(54)【考案の名称】美髪器

(73)【実用新案権者】ウェンチョウ レナ エレクトリック テクノロジー コーポレーション

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、理髪用品の技術分野に関し、特に美髪器に関する。

【従来の技術】

【0002】
美髪器は、よく使われる理髪用品であり、伸ばしかけ又はパーマの機能を持っている。伸ばしかけ機能を持つ美髪器は、一般的に二つのクランプと一つのハンドルを含み、ハンドルに二つのボタンが設けられる。ユーザが二つのボタンを同時に押下することで二つの加熱板の開放又は閉止を制御する必要がある。長い間の使用後、ユーザの指が疲れ、痛くなり、ユーザの使用快適さが低下してしまう。そして、ユーザの指が疲れたら、不意に美髪器を転落させかねないので、如何に美髪器が転落するときの損傷と破壊を回避又は減少することもとても重要である。なお、伝統的な美髪器の面ハウジングと本体固定フレームは、一体式構造であり、面ハウジングの素材が交換不能であるため、美髪器の機能が単一であるので、ユーザの使用に不便をかけてしまう。
【0003】
従って、如何に手間を省き且つ安全な美髪器を提供するかということは、現在の当業者が解決しようとする技術問題となってくる。
【考案が解決しようとする課題】
【0004】
上記を鑑みて、本考案は、美髪器を提供し、ユーザが当該美髪器を使用する時により容易に、より便利に、より安全になるようする。

(57)【要約】

【課題】ボタン一つだけで二つのクランプの開閉操作を完遂できる美髪器を提供する。【解決手段】本体固定フレーム1、第1のクランプ2、第2のクランプ3及び第1のクランプと第2のクランプを閉止するための反発装置を含み、本体固定フレームに中心軸と開閉梃子4が設けられ、第1のクランプと第2のクランプが中心軸によって開閉可能に本体固定フレームにヒンジ連結され、第1のクランプはハンドル5に位置する片端にボタンと支持ロッドが設けられ、支持ロッドは開閉梃子の片端に作用しかつ開閉梃子が支点をめぐる回転を駆動することができ、開閉梃子の他端は第2のクランプの端部に作用しかつ第2のクランプが中心軸をめぐる回転を駆動できる。使用時に、ユーザがただ第1のクランプのボタンを押せば、支持ロッドによって開閉梃子を抉って動かし、それによって第2のクランプが中心軸をめぐって回転するようにし、更に二つのクランプを開放し、ボタンを放した後、反発装置は二つのクランプを閉止してヘアを挟持する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):