(54)【考案の名称】マッサージ器具

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、使用する者の首、肩、腰等における凝りや痛みの各種症状を緩和することができるだけでなく、簡単に持ち運ぶことができ、さらに、安価で容易に製造可能なマッサージ器具に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来より、社会生活において多くの人が首、肩、腰等の体の各部位に凝りや痛みを感じており、その解消や改善の手段としては様々なものがある。指圧、整体、鍼灸といった専門施設での施術の他、家庭向けに本格的なマッサージ機能を備えた器具も市販されている。しかし、これらの手段は、施術に時間や費用がかかったり、器具の置き場所や持ち運びが困難であったりすることも知られている。
【0003】
この一方、日常生活の中でもマッサージ効果が得られる手頃な器具を気軽に使用したいという人は少なくない。例えば、下記引用文献1には、コンパクトで持ち運び可能なゴルフボールを用いた足裏マッサージ具が開示されている。
【0004】

【効果】

【0012】
本考案のマッサージ器具によれば、使用をする者が押圧効果を確実に持続して得ることができるだけでなく、軽量にしてコンパクトで持ち運び易く、さらに、構造が簡単であるため安価で且つ容易に製造可能であるという優れた効果を有する。
【図面の簡単な説明】
【0013】
【図1】本考案の実施形態に係るマッサージ器具の分解斜視図である。
【図2】本考案の実施形態に係るマッサージ器具の上方斜視図である。
【図3】本考案の実施形態に係るマッサージ器具の下方斜視図である。
【図4】本考案の実施形態に係るマッサージ器具の断面図である。
【図5】本考案に係るマッサージ器具の第1の使用状態を示す説明図である。
【図6】本考案に係るマッサージ器具の第2の使用状態を示す説明図である。
【図7】本考案に係るマッサージ器具の第3の使用状態を示す説明図である。

(57)【要約】

【課題】使用する者の首、肩、腰等における凝りや痛みの各種症状を緩和することができるだけでなく、簡単に持ち運ぶことができ、さらに、安価で容易に製造可能なマッサージ器具を提供する。【解決手段】マッサージ器具1は、球状の押圧部2と、弾性部材で形成され、且つ上部に収納穴を設けた外枠部3とを含む。収納穴は擂鉢状をなし、押圧部2を嵌め込むため、押圧部2に対して若干小さな直径とされている。この外枠部3にはある程度の強度を備えつつ軽量なもの、例えば硬質スポンジ、発泡ウレタン、天然ゴム、人工ゴム等の合成樹脂材や他の材料が使用されているため、収納穴に球状を嵌め込むことで球状が確実に保持される。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):