(54)【考案の名称】付箋を内蔵したしおり

(73)【実用新案権者】株式会社アックスコーポレーション

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、付箋の使用が可能であるとともに、しおりとして使用することもできる付箋を内蔵したしおりに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、付箋の使用が可能であるとともに、しおりとして使用することもできるものとして、特許文献1に記載の付箋を備えたしおりが提供されている。この付箋を備えたしおりを図11に示す。
【0003】
図11において、付箋を備えたしおりSは、厚紙からなる短冊状の紙片10の表面に、複数の付箋11を自ら有する接着剤(糊)12により直列貼着して露出させたもので、紙片10の大きさと、各付箋11の大きさおよび各付箋11を構成している付箋片の枚数などは任意であり、装飾リボン13が紙片10の上端部に設けた孔14を利用して取り付けられている。
【0004】
前記構成の付箋を備えたしおりSは、しおりとして使用できる他に、各付箋11から付箋片を1枚ずつ剥ぎ取って付箋として使用することもでき、付箋11が無くなった後は、しおりとして継続使用することができる。
【0005】
ところが、付箋11が残存している状態で本のページ間などに挿し込んで、しおりとして使用すると、多数枚の付箋片が頻繁に本のページ(他の部材)と接触することとなり、付箋片に折れ皺が生じたり、カールが付いたりあるいは破れたりして、付箋11の有効使用率が大幅に低下する問題が生じる。
【0006】
一方、しおりSの厚みは、しおりとしての機能を発揮するに好適な許容値以下に制約される。しかし、各付箋11の大きさおよび各付箋11を構成する付箋片の枚数などは任意であるとされているので、各付箋11における付箋片の枚数を増やして、付箋の使用度数を高めることができる反面、その厚みは前記許容値を超える領域にまで増大する。よって、使い勝手が悪くなるとともに、本のページ間などに挿し込むと、ページ間の開き量が大きくなり過ぎて、最早、しおりとしての体をなさなくなる。
【0007】

【効果】

【0015】
本考案の付箋を内蔵したしおりによれば、付箋を保護してその有効使用率を向上させ、かつ、しおり本体の厚みを、しおりとしての機能を発揮するに好適な許容値以下にしても、付箋の使用度数を高めることができる。
【図面の簡単な説明】
【0016】
【図1】本考案に係る付箋を内蔵したしおりの一実施形態を示す正面図である。
【図2】図1の左側面図である。
【図3】図1の背面図である。
【図4】中板貼着前段の表シートの裏面図である。
【図5】中板の正面図である。
【図6】中板貼着前段の裏シートの正面図である。
【図7】付箋の一実施形態を付箋片の展開姿勢で示す説明図である。
【図8】表シートの位置を上位に位置決めした姿勢で付箋の収容状態を示す拡大断面図である。
【図9】裏シートの背面側に投げ込みシートを取り付けた状態を示す背面図である。
【図10】表シートの位置を上位に位置決めした姿勢でなされる付箋片の取り出し手順の説明図であり、図10(a)は第1手順の説明図、図10(b)は第2手順の説明図、図10(c)は第3手順の説明図、図10(d)は第4手順の説明図、図10(e)は第5手順の説明図である。
【図11】従来例の説明正面図である。

(57)【要約】

【課題】付箋を保護してその有効使用率を向上させ、かつ、しおり本体の厚みを、しおりとしての機能を発揮するに好適な許容値以下にしても、付箋の使用度数を高めることができる付箋を内蔵したしおりを提供する。【解決手段】スリットがある表シート20と、その裏面に貼着されスリットに連通する付箋収容部を有する中板21と、中板21の裏面に貼着され中板21を表シート20とで挟む裏シート22と、からなる三層構造のしおり本体2と、複数付箋片300の自由端部と基端部の位置を交互に反転して積層した積層体からなり、上側の付箋片の基端部に塗布した糊を下側の付箋片の自由端部に剥離可能に貼着した付箋3とを備え、付箋3は、最上位の付箋片の自由端部をスリットから表シート20上に引き出した状態で付箋収容部に収容されている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):