(54)【考案の名称】メッセージカード

(73)【実用新案権者】株式会社サンリオ

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、所定のメッセージを音声で伝えるメッセージカードに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、カードを開いた際に立体物が現れるバースデーカードやクリスマスカードにおいて、カードの趣旨に適した音楽を鳴奏し、あたかもケーキの蝋燭等を吹き消すようにした観を呈するメッセージカードが、例えば特許文献1に開示されている。
【0003】

【効果】

【0006】
本考案に係るメッセージカードによれば、立体物が現れるとともにスライドスイッチを有するメッセージカードにおいて、キャラクターの音声が流れるメッセージカードを提供できる。
【図面の簡単な説明】
【0007】
【図1】本考案の一実施形態における分解したメッセージカードの平面図である。
【図2】本考案の一実施形態における分解したメッセージカードの背面図である。
【図3】本考案の一実施形態における組立てたメッセージカードの斜視図である。

【0008】
以下、添付図面を参照して、本考案の実施形態を詳細に説明する。各図面において、同様の構成要素には同様の符号が付与されている。なお、以下に記載される内容は、実用新案登録請求の範囲に記載される考案の技術的範囲及び用語の意義を限定するものではない。
【0009】
図1は、本考案の一実施形態における分解したメッセージカードの平面図であり、図2は、本考案の一実施形態における分解したメッセージカードの背面図である。メッセージカード1は、カード本体10と、図柄部材20と、支持部材30と、音声モジュール40と、を有するバースデーカードとして構成されている。
【0010】
カード本体10は、紙及びプラスチック等から構成されていて、表面11及び裏面12を有する。図1に示すように、表面11は、所定のキャラクター13が印刷された第1表面11aと、第1表面11aに折り目14を介して接続する第2表面11bと、第1表面11aに折り目15を介して接続する第3表面11cと、を有する。第3表面11cは、3つののりしろ16a〜16cを有していて、折り目15で折り畳まれて第1表面11aの裏面にのり等の接着剤で接着される。
【0011】
図2に示すように、裏面12は、音声モジュール40を有する第1裏面12aと、第1裏面12aに折り目14を介して接続する第2裏面12bと、第1裏面12aに折り目15を介して接続する第3裏面12cと、を有する。第2裏面12bは、手書き等のメッセージを記入可能な記入欄17を有する。第3裏面12cを折り目15で折り畳んで第1裏面12aに接着することにより、音声モジュール40がカード本体10の内部に隠される。
【0012】
図1及び図2に示すように、図柄部材20は、紙及びプラスチック等から構成されていて、その表面にキャラクター21が印刷されるとともに、その裏面に支持部材30を接着する接着マーク22が印刷される。支持部材30は、図柄部材20に接着する接着面31と、図柄部材20を支持する支持面32と、を有していて、折り目33で折り畳み可能に構成される。支持部材30の接着面31は、のり等の接着剤で図柄部材20の接着マーク22に接着される。支持部材30は、3つののりしろ34a、34b及び34cを更に有していて、のりしろ34aがのり等の接着剤でカード本体10の接着マーク18aに接着され、のりしろ34b及び34cがのり等の接着剤でカード本体10の接着マーク18b及び18cにそれぞれ接着される。これにより、カード本体10が開かれたときに図柄部材20が立体的に出現するようになる。
【0013】
音声モジュール40は、スピーカ41と、回路基板42と、スイッチ43と、を有していて、カード本体10の内部に設けられる。スピーカ41は、キャラクター21が描かれた図柄部材20の背部に位置するように設けられる。回路基板42は、図示しないものの、マイクロコンピュータを有していて、マイクロコンピュータは、キャラクターの音声で録音されたバースデーメッセージ及びバースデー用の音楽又は歌付き音楽を記憶する記憶部と、バースデーメッセージ及びバースデー用の音楽又は歌付き音楽をスピーカ41に再生させるように構成された制御部と、を有する。スイッチ43は、折り目14にわたって設けられていて、カード本体10を開いたときにスライドして再生を開始するように構成されたスライドスイッチである。他の実施形態では、スイッチ43が押しボタンであってもよい。
【0014】
図3は、本考案の一実施形態における組立てたメッセージカードの斜視図である。図3に示すように、組立てたメッセージカード1を開くと、図柄部材20が立体的に出現するとともに、音声モジュール40のスイッチ43がスライドして回路基板42の電源をオンにする。電源を投入された回路基板42は、スピーカ41にバースデー用の音楽又は歌付き音楽を再生させ、最後にキャラクターの音声で録音されたバースデーメッセージを再生させる。メッセージカード1を閉じると、音声モジュール40のスイッチ43が電源をオフにし、バースデーメッセージ又は音楽が停止する。
【0015】
ここで本考案の作用効果について説明する。本考案に係るメッセージカードによれば、立体的に出現するように構成された図柄部材20と、スライドスイッチ43と、を有するメッセージカードにおいて、音声モジュール40がキャラクター21を印刷した図柄部材20の近傍、すなわち図柄部材20の背部に設けられているため、あたかもキャラクターがバースデーメッセージを届けているかのように見せることができる。また、本考案に係るメッセージカード1を開くと、キャラクター21の音声だけでなく、音楽又は歌付き音楽が流れるため、音楽又は歌付き音楽のないメッセージカードと比べてより温か味を感じさせることができる。さらに、キャラクター21の音声でバースデーメッセージを伝えることにより、愛着や興趣を引き起こすことができる。
【0016】
本明細書において種々の実施形態について説明したが、本考案は、前述した種々の実施形態に限定されるものではなく、以下の実用新案登録請求の範囲に記載された範囲内において種々の変更を行えることを認識されたい。例えば、本考案に係るメッセージカードは、暑中見舞いカード又はクリスマスカード等として構成することができ、この場合には回路基板42が暑中見舞いメッセージ又はクリスマスメッセージ等を記憶する。
【0017】
1 メッセージカード
10 カード本体
20 図柄部材
30 支持部材
40 音声モジュール
41 スピーカ
42 回路基板
43 スイッチ

(57)【要約】

【課題】ポップアップしたキャラクターから声が出ているように見えるメッセージカードを提供する。【解決手段】メッセージカード1は、所定の折り目で折り畳み可能に構成されたカード本体10と、折り目の近傍に設けられていて、カード本体10を開いたときに立体的に出現するように構成された図柄部材20と、カード本体10の内部に設けられたスピーカ、所定のメッセージをキャラクターの音声で記憶するとともにスピーカに再生させるように構成された回路基板、及び再生を開始するためのスイッチ43を有する音声モジュール40と、を備え、スイッチ43が、折り目にわたって設けられたスライドスイッチである。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):