(54)【考案の名称】メモ帳

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、携帯型のペンホルダー付メモ帳に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来のメモ帳は、表紙の縁部内側にホルダーを設け、ペンを冊子と一緒に表表紙・裏表紙間に挟んだものがある。また、最近ではペンホルダー付のブックバンドが市販されている。
【0003】

【効果】

【0010】
表紙のペンホルダー穴にペンのクリップを挿入し、ペンを外付けできるので、付属させるペンの種類を豊富にすることができる。
【0011】
表紙のフック穴にクリップバンドを装着し、該クリップにより、メモ帳を、ポケット、ノート、かばん、ネームホルダー等身近な物にペンとセットで装着し携帯することができるため、メモ帳とペンを紛失する危険が減少する。
【図面の簡単な説明】
【0012】
【図1】本実施形態に係るメモ帳の一般的な使用状態を示す斜視図である。
【図2】本実施形態に係るメモ帳の斜視図である。
【図3】本実施形態に係るメモ帳の表紙各箇所のサイズを示す展開図である。
【図4】本実施形態に係るメモ帳の使用例を示す斜視図である。(A)ノート、(B)バッグ、(C)ネームカードに装着する例を示す。
【図5】本実施形態に係るメモ帳において、クリップバンドを分離した使用例を示す正面図である。

【0013】
本実施形態のメモ帳について図を用いて説明する。
本実施形態に係るメモ帳は、請求項3に記載のメモ帳であって、図2に示すように、表紙2、メモ冊子5及びクリップバンド7によって構成される。全体のサイズは図3に示すように上着又はズボンの標準的な大きさのポケットに収納できる大きさとなっている。
【0014】
表紙2の素材は透明のプラスチックを用い、メモ冊子5は30枚程度の紙を束ねたもので全体の厚みが3mmとなるようにする。また、メモ紙は再剥離糊の付箋も含む。通常、メモ冊子5は表紙2に貼り付けるが、表紙2から分離してメモ冊子5だけをポケット内に保持するといった使用法も可能である。この場合には、必要なときにポケットからメモ冊子5を取り出して表紙2に収納する。クリップバンド7は、後述のフック穴41に対して着脱自在となっている。
【0015】
本実施形態に係るメモ帳の特徴は、表紙2に、ペンのフック部61を挿入可能なペンホルダー用の穴3と、クリップバンド7を通すことが可能なフック穴41を有することにある。ペン6のフック部61をペンホルダー用の穴3に挿入することによりペンを表紙2に外付けできるので、豊富な種類のペンを表紙2に装着することができる。また、クリップバンド7をフック穴41に通して、身近な物にメモ帳を装着できるため、メモ帳とペンを紛失する危険が減少する。図1は、本メモ帳の一般的な使用状態を示す。
【0016】
次に、図3を用いて、本実施形態におけるペンホルダー用の穴3とバンド用のフック穴41について、位置、形状、サイズ等の詳細を述べる。図中の黒塗り部分が各穴を示す。ペンホルダー用の穴3は縦縁辺から3mmの位置に、背表紙23と表表紙21の一部にかけて切り抜かれている。形状・サイズは6mm角で丸み部分が各R4となっており、どのペンメーカーのフック部61にも対応可能である。背表紙23の短方向幅は6mmであるのに対し、使用開始時のメモ冊子5の厚さは3mmであるため、ペンホルダー用の穴3に挿入されるペンのフック部61は、表表紙21とメモ冊子5との間の3mmの空間に収まる構造になっている。
【0017】
バンド用のフック穴41は、裏表紙22の上縁辺中央部分を切り抜き、折り起こして作成した吊り下げ部4に設置されている。縦3.5mm、横14mmの長方形となっており、ここに付属のクリップバンド7が着脱自在となっている。クリップバンド7の使用により、メモ帳をペンとセットで身近な物に装着することが可能となった。図4は、それぞれ、(A)ノート、(B)バッグ、(C)ネームカードにメモ帳を装着するときの使用例を示す。
【0018】
一方で、頻繁にメモをポケットから取り出して使用する利用者にとっては、クリップバンド7は邪魔になることがある。このような場合には、図5に示すように、クリップバンド7は使用せず、ペン6と表紙2のみをノート等に股掛けしておくといった使い方が可能である。このとき、表紙2の吊り下げ部4は裏表紙22と同平面に折り戻した状態で、冊子5は表紙2から分離しポケット内に保管されている。
【0019】
以上、本考案の有する特徴及び優れた点を上記実施形態に記載したが、本考案は、本考案の原理の範囲内で、本願の実用新案登録請求の範囲で使用されている言葉を広く一般的な意味にまで広げて実施することが可能である。例えば、請求項1記載の考案には、クリップバンドとフック穴を有さないメモ帳も含まれる。また、請求項2の考案のフック穴には、クリップバンド以外の帯を通して使用することも可能である。さらに、ペンホルダー用穴とバンド用フック穴の位置、形状又はサイズについても様々な実施形態が可能であり、これら本実施形態と異なる形態の実施についても、本考案の技術的範囲に含まれるものと解する。
【0020】
メモ帳
2 表紙
21 表表紙
22 裏表紙
23 背表紙
3 ペンホルダー用穴
4 吊り下げ部
41 フック穴
5 メモ冊子
6 ペン
61 フック部
7 クリップバンド

(57)【要約】

【課題】多くの種類・サイズのペンを外付けすることでき、身近なものに仮固定することができる携帯型のメモ帳を提供する。【解決手段】メモ帳は、メモ冊子5及び表紙2から成り、表紙2の一部にペンのフック部を挿入可能な穴3を有するメモ帳であって、穴3にペンのフック部を挿入しペンを表紙2に外付けすることができる。また、メモ帳は、表紙2の一部に、帯型バンドを通すことが可能なフック穴41を有し、フック穴41に通すことによって表紙2に着脱自在に装着可能なクリップバンド7を有する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):