(54)【考案の名称】窓付きラベル

(73)【実用新案権者】丸金印刷株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、化粧品、医薬品などを収容する容器に使用する窓付きラベルに関する。

【従来の技術】

【0002】
一般に、化粧品が収納された容器には化粧品に関する各種の情報を表示されたラベルが貼り付けられている。
この種の容器が特許文献1などに開示されている。
この文献1の容器では、ラベルは不透明のシートからなり、シートの表面に各種の情報が表示されて、容器の底面に貼り付けられる。
【0003】
また、医薬品の包装容器には薬剤に関する様々な情報を記載されたラベルが貼り付けられている。
この種の容器が特許文献2などに開示されている。
この文献の容器2では、ラベルは非透視性で、表面に薬品情報が表示され、裏面に注意・警告情報が表示されて、容器の胴部に巻き付けられる。
【0004】

【効果】

【0008】
本考案の窓付きラベルによれば、透明のメインシートと、メインシート裏面の上下両端及び/又は左右両側にそれぞれ接着される不透明のサブシートとからなり、メインシートの各サブシートの間の中間部を容器内の物品又は容器表面に付された表示を透過するための窓とし、各サブシートの表面を物品に関する各種の情報を表示するための情報表示部としたので、窓付きラベルの情報表示部に物品に関する各種の情報を表示して、このラベルを物品を収納する容器に貼り付けることで、ユーザーは、このラベルの窓を通して容器内の物品や容器表面に付された表示を見ることができ、同時に、この窓の近傍に表示された物品に関する各種の情報を見ることができる、という本考案独自の格別な効果を奏する。
【図面の簡単な説明】
【0009】
【図1】本考案の第1の実施の形態における窓付きラベルの構成を示す図((A)は断面図(B)は平面図)
【図2】同ラベルの構成を示す図(正面図)
【図3】同ラベルの構成を示す図(背面図)
【図4】同ラベルの構成を示す図(右側面図)
【図5】同ラベルの構成を示す図(左側面図)
【図6】同ラベルの構成を示す図(平面図)
【図7】同ラベルの構成を示す図(底面図)
【図8】同ラベルをロール状にした場合の外観を示す図(斜視図)
【図9】本考案の第2の実施の形態における窓付きラベルの構成を示す図(正面図)
【図10】同ラベルの構成を示す図(背面図)
【図11】同ラベルの構成を示す図(右側面図)
【図12】同ラベルの構成を示す図(左側面図)
【図13】同ラベルの構成を示す図(平面図)
【図14】同ラベルの構成を示す図(底面図)
【図15】本考案の第3の実施の形態における窓付きラベルの構成を示す図(正面図)
【図16】同ラベルの構成を示す図(背面図)
【図17】同ラベルの構成を示す図(右側面図)
【図18】同ラベルの構成を示す図(左側面図)
【図19】同ラベルの構成を示す図(平面図)
【図20】同ラベルの構成を示す図(底面図)

【0010】
次に、この考案を実施するための形態について図を用いて説明する。
図1乃至図7に第1の実施の形態を示している。
【0011】
図1及び図2から図7に示すように、窓付きラベルL(以下、単にラベルLという。)は、各種の物品を収納する容器に貼り付けられ、物品に関する各種の情報を表示するもので、このラベルLでは、特に、裏面全体に接着層を有する透明のメインシート1と、このメインシート1裏面の左右両側にそれぞれ接着され、裏面に接着層を有する不透明のサブシート2とを備え、メインシート1の各サブシート2の間の中間部を容器内の物品又は容器表面に付された表示を透過するための窓10とし、各サブシート2の表面を物品に関する各種の情報を表示するための情報表示部20としている。
【0012】
メインシート1はプラスチックフィルムにより略四角形に形成される。
この場合、メインシート1は、厚さ25μのPET(ポリエチレンテレフタレート)フィルムにより、角丸で横長の四角形に形成される。このメインシート1の裏面全域に糊が塗布される。
【0013】
各サブシート2は色(白色を含む。)を有し、さらに、光沢を有する素材からなる。
この場合、各サブシート2はアルミ蒸着フィルム(PETフィルムの表面にアルミ蒸着を施した素材)やホイル紙(紙材の上にアルミ箔を貼り合わせた素材)、アート紙などが用いられ、メインシート1の左右両側の所定の範囲(左右両側縁部から内方に向けて所定の範囲)に対応する大きさ、形状に形成される。ここで各サブシート2は縦長の略四角形に形成され、メインシート1の角部に対応する角部は角丸としてある。各サブシート2の裏面全域に糊が塗布される。
【0014】
そして、メインシート1下面の左右両側にそれぞれ、各サブシート2が接着されて、ラベルLが形成され、メインシート1、各サブシート2の裏面(接着面)は剥離紙3で保護される。
なお、このラベルLは、通常、図8に示すように、一連の長い剥離紙3に貼り合わされてロール状にしてある。
このようにしてラベルLはメインシート1のサブシート2が接着されていない中間部が透明で窓10に、メインシート1の裏面に貼り付けられた各サブシート2の表面が物品に関する情報表示部20になっていて、情報表示部20には、予め(メインシート1とサブシート2との貼り合わせ前に)、各種物品に関する情報が樹脂凸版印刷方式などにより印刷されてメインシート1の左右両側に表示される。
なお、このラベルLの容器への貼り方は、容器の形状にもよるが、容器がケース形、ボックス形であれば、その平たい面に平たく貼る、2面に跨って略L字形に貼る、3面に跨って略コ字形に貼る方法がある。また、容器がビンであれば、その胴部に巻き付けて貼ることになる。
【0015】
続いて、このラベルLの使用方法について説明する。
このラベルLは、予め、情報表示部20、すなわち、サブシート2の表面に、商品名、商品に関する説明、キャッチコピーなど各種の物品に関する情報が印刷により表示され、各種の物品を収納する容器に貼り付けられて、使用される。容器が透明であれば、ユーザーは、このラベルLの窓10を通して容器内の物品を見ることができ、同時に、この窓10の近傍の情報表示部20に表示された物品に関する各種の情報を見ることができる。この場合、各サブシート2にビビッドカラーの素材が用いられることにより、ラベルLの部分を強調することができ、白色など明るい色の素材にすれば、物品の各種の情報を読みやすくすることができる。また、この場合、各サブシート2に光沢を有する素材が用いられることにより、この光沢がPETフィルムからなるメインシート1を通してさらに増して、ラベルLの美観を増大させることができる。なお、各サブシート2に光沢のない素材が用いられても、この素材はPETフィルムからなるメインシート1を通して光沢が出るので、サブシート2は必ずしも光沢を有するものでなくてもよい。
このラベルLは、例えば、化粧品を入れる容器に用いられると好適である。
例えば、化粧品メーカーから、試供品用のファンデーションをブラシなどの付属品とともに透明プラスチック製の平たいケースに収納して提供し、この試供品を、ユーザーに、ケースの天面を通して、ケース内のファンデーションや付属品を見せることで、視覚的に訴える場合を考える。
この場合、この試供品にラベルLを適用し、情報表示部20にファンデーションの商品面、商品説明、キャッチコピーなどを表示して、このラベルLをケースの天面に平たく貼り付ける。
このようにするとユーザーは、このラベルLの窓10を通してケース内のファンデーションや付属のブラシを見ることができ、同時に、この窓10の近傍に表示されたファンデーションに関する各種の情報を見ることができる。ユーザーは、この商品と情報の両方を視認することで、即時に、商品を評価することができる。
また、例えば化粧品をシリーズ化し、それぞれの化粧品を共通の表示(例えば、シリーズの名称)を施された共通の箱に入れて提供する場合を考える。
この場合、この共通の箱にラベルLを適用し、情報表示部20に化粧品毎の名称、商品説明、キャッチコピーなどを表示して、このラベルLを、ラベルLの窓10と箱の共通の表示とを合せて箱に貼り付ける。このとき、箱の全体の大きさや各部の大きさによって、ラベルLを箱の1面に平たく貼り付けてもよく、箱の2面に跨って略L字形に貼り付けてもよく、箱の3面に跨って略コ字形に貼り付けてもよい。
このようにするとユーザーは、このラベルLの窓10を通して箱の共通の表示を見ることができ、同時に、この窓10の近傍に表示された化粧品毎の各種の情報を見ることができる。ユーザーは、この共通の表示と情報の両方を視認することで、即時に、商品を評価することができる。
なお、化粧品のケースや箱の場合、ビビッドカラーや光沢と調和するので、各サブシート2にビビッドカラーの素材や光沢を有する素材を用いることで、化粧品のケースや箱の一部にビビッドカラーや光沢を付すことができ、ケースや箱それ自体の美観を向上させることができる。
【0016】
以上説明したように、このラベルLによれば、透明のメインシート1と、メインシート1裏面の左右両側にそれぞれ接着される不透明のサブシート2とからなり、メインシート1の中間部を容器内の物品又は容器表面に付された表示を透過するための窓10とし、各サブシート2の表面を物品に関する各種の情報を表示するための情報表示部20としたので、ラベルLの情報表示部20に物品に関する各種の情報を表示して、このラベルLを物品を収納する容器に貼り付けることで、ユーザーは、このラベルLの窓10を通して容器内の物品や容器表面に付された表示を見ると同時に、この窓10の近傍に表示された物品に関する各種の情報を見ることができる。したがって、ユーザーは、当該物品について知りたい情報を素早く得ることができ、また、当該物品の良否を即時に評価したりすることができる。
また、このラベルLでは、各サブシート2に色を有する素材や光沢を有する素材が用いられることで、ラベルLの見栄えを変化させて、ユーザーの注目を集めるなどの視覚的効果を発揮することができる。
【0017】
なお、この実施の形態では、サブシート2はメインシート1裏面の左右両側に接着されるものとして例示したが、メインシート1裏面の上下両端に接着されるものとしてもよく、さらに、メインシート1裏面の上下両端及び左右両側に接着されるものとしてもよい。
また、各サブシート2は色(白色を含む。)を有する素材からなるものとしたが、柄を有するものであってもよい。
このようにしても上記実施の形態と同様の作用効果を得ることができる。
【0018】
さらに、この実施の形態では、メインシート1は略四角形に形成されるものとして例示したが、このメインシート1は略円形若しくは略楕円形又は略四角形で一部を曲線に代えた若しくは略円形で一部を直線に代えた複合形状に形成されてもよい。この場合、サブシート2はメインシート1の上下両端部及び/又は左右両側部の形状に合わせて変更される。
図9乃至図14に本考案の第2の実施の形態としてメインシート1が楕円形の場合を例示している。
図15乃至図20に本考案の第3の実施の形態としてメインシート1が略四角形で一部を曲線に代えた複合形状の場合を例示している。
このようにしても上記実施の形態と同様の作用効果を得ることができる。
【0019】
L 窓付きラベル
1 メインシート
10 窓
2 サブシート
20 情報表示部
3 剥離紙

(57)【要約】

【課題】化粧品などの容器に貼り付けられるラベルにおいて、容器内に収納された物品とこの物品に関する各種の情報を同時に見えるようにする。【解決手段】窓付きラベルLは、裏面全体に接着層を有する透明のメインシート1と、メインシート1裏面の左右両側にそれぞれ接着され、裏面に接着層を有する不透明のサブシート2とを備え、メインシート1の各サブシート2の間の中間部を容器内の物品又は容器表面に付された表示を透過するための窓10とし、各サブシート2の表面を物品に関する各種の情報を表示するための情報表示部20とした。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):