(54)【考案の名称】付箋

(73)【実用新案権者】サンスター文具株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、書籍、雑誌、ノート等の読者又は利用者が、見出しや検索用に特定のページに目印をつけるための付箋に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来より、書籍、雑誌、ノート等の読者又は利用者が、見出しや検索用に特定のページに目印をつけるために、付箋が用いられている。例えば、特許文献1には、花柄模様やカラーパターンを施すことで、付箋の見出し機能や検索機能を高めた付箋が知られている。
また、従来、本件実用新案登録出願人は、基部と除去部とにより構成された付箋であって、基部と除去部とには、連続して一体の意味内容を保持すると共に、除去部が除去された場合にも基部に残存した部位も独自の意味内容を有する表示部が設けられた付箋を提案している(特許文献2)。前記表示部には、文字、符号、図形等が予め付箋に付されている。
【0003】
一般に、図4に示すように、付箋30は全体が細長長方形状に形成されており、前記のような表示部31を有する付箋にあっては、表示部31が長さ方向、又は、幅方向のいずれか一方の方向に沿って付されている。
従って、表示部31を有する付箋30を書籍等の特定のページに貼付する場合には、見出しや検索のために表示部31の文字や符号等が読みやすい向きに貼付する必要がある。
その結果、図4に示すように、付箋30を書籍等32の上端部33に貼付するか、左右いずれか一端部(図4中においては右端部34)に貼付するかは、表示部31の表示方向によって限定されてしまうため、自由度が小さく、使い勝手が悪いという不具合があった。
すなわち、図4に示すように、付箋30を書籍等32の右端部34に貼付すると、書籍等32の辺部に対して表示部31が90度傾斜して、いわゆる横倒し状態になり、読みづらくなってしまうという不具合があった。
【0004】
本件実用新案登録出願人はこのような観点から先行技術調査を行ったが、前記不具合を解消するような技術は発見できなかった。

【効果】

【0012】
請求項1〜4に記載の付箋にあっては、前記表示部は前記付箋の辺部に対して所定の角度分傾斜して配設されるので、例えば、書籍、雑誌、ノート等の辺部に沿って貼付する際に、上端部、右端部のいずれに貼付した場合であっても、前記表示部が書籍等の辺部に対して90度傾斜して、いわゆる横倒し状態になることはない。
その結果、見出しや検索用として書籍等に貼付した際に、貼付する方向にかかわらず、表示部の内容を違和感なく読むことができる付箋を提供することができる。
【0013】
特に、請求項2に記載の付箋にあっては、前記表示部は前記付箋の長さ方向又は幅方向に対して45度傾斜して配設されるので、例えば、書籍等の辺部に沿って貼付する際に、上端部、右端部のいずれに貼付した場合であっても、前記表示部が書籍等の辺部に対して45度傾斜して配設される。
その結果、見出しや検索用として書籍等に貼付した際に、貼付する方向にかかわらず、表示部の内容を確実に違和感なく読むことができる。
【0014】
請求項3に記載の付箋にあっては、前記表示部は、長さ方向端部に設けられているので、例えば、書籍等の端部から前記表示部をはみ出すように貼付した場合にあっては、書籍等を閉じた状態でも前記表示部を視認することができ、その結果、書籍等の見出しや検索用として効果的に使用することができる。
【0015】
請求項4に記載の付箋にあっては、前記表示部には、所定の意味内容を表す文字列が縦書きに表示されているので、書籍等の辺部に沿って貼付した場合において、前記表示部が書籍等の辺部に対して45度傾斜して配設されていても読みやすく、前記所定の意味内容を容易に把握することができる。

(57)【要約】

【課題】見出しや検索用として書籍、雑誌、ノート等に貼付した際に、貼付する方向にかかわらず、表示部の内容を違和感なく読むことができる付箋を提供する。【解決手段】全体方形状に形成され、所定の意味内容が表示された表示部11を有する付箋10において、表示部11は辺部に対して傾斜して配設されている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):