(54)【考案の名称】組立て和室

(73)【実用新案権者】菊地合板木工株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、広い洋室の一隅に組み立て分解が可能な部屋を設置できる組立て和室に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、組立て式の数寄屋様式の部屋は、下地枠材と、柱、床枠、鴨居、敷居、梁、床柱、壁板、床板、天井板、壁紙、欄間などの内装キットと、障子、畳、襖、違い棚などの既に作り上げられたユニット品とを組み立てて行うことが知られている(特許文献1を参照)。
その際、柱は、その両端部に組み付けに必要なホゾがプレカットされたものが用いられ、下地枠材は、その一端部に前記ホゾが嵌るホゾ孔がプレカットされたものが用いられる。そして柱は、その一端部に柱の組み立てを容易にする文字が書かれたシールが貼り付けられ、ホゾに焼印による品番が記されており、このように柱に品番、組み付け位置などが記されていると、柱の発注管理、在庫管理、納入管理、及び組み立てなどが容易になる。
【0003】
しかし、このようなホゾとホゾ孔による組み付けは、旧来より知られている技術であり、それなりの効果が期待できるが、品番や組み付け位置の管理が必要であり、現場で簡易に組み立てることが困難であった。
そのため、組立て和室において、簡易に組み立て分解ができる柱と下地枠材の結合構造が望まれていた。
【0004】

【効果】

【0007】
本考案の組立て和室は、柱と、土台と、梁とから矩形体に組み立てされる組立て和室において、前記柱が、柱の上下両端部の隣合う2面に干渉しないように位置をずらして雌ネジ座金を2個ずつ埋め込み、前記土台が、土台の両端部の一面に長穴を形成し、該長穴の端部側に雄ネジボルトを通す長孔を前記雌ネジ座金と一致する位置に形成し、前記梁が、梁の両端部の一面に長穴を形成し、該長穴の端部側に雄ネジボルトを通す長孔を前記雌ネジ座金と一致する位置に形成するため、雄ネジボルトを利用して簡単に組み立てができる。
本考案の組立て和室は、土台の長穴が内側に向くように組み立てすることにより、又梁の長穴が上側に向くように組み立てすることにより、室外側から結合構造が見えないので意匠的効果が好ましい。
本考案の組立て和室は、土台、梁の長孔を利用して柱の雌ネジ座金に雄ネジボルトを簡単に締め付けすることができるため、ボルト締付け工具を利用して容易に組み立て分解することが可能となる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
【図1】本考案の組立て和室の斜視図である。
【図2】柱下部の分解斜視図である。
【図3】柱下部の組み立て斜視図である。
【図4】柱下部の水平部材との組み合わせ説明図である。
【図5】図4のA−A矢視断面図である。
【図6】図4のB−B矢視断面図である。
【図7】柱上部の水平部材との組み合わせ説明図である。
【図8】図7のC−C矢視断面図である。

【0009】
本考案の組立て和室の一実施例を添付図面に基づいて、以下に説明する。
図1の斜視図に示すように、本考案の組立て和室は、角材からなる柱1と、該柱1の下部に結合される四角形長尺材からなる土台2と、前記柱1の上部に結合される四角形長尺材からなる梁3とから矩形体に組み立てされる。
図2の分解斜視図に示すように、前記柱1は、柱1の上下両端部の隣合う2面に干渉しないように位置をずらして雌ネジ座金8を2個ずつ埋め込み、前記土台2は、土台2の両端部の一面に長穴9を形成し、該長穴9の端部側に雄ネジボルト10を通す長孔11を前記雌ネジ座金8と一致する位置に形成し、前記梁3は、梁3の両端部の一面に長穴9を形成し、該長穴9の端部側に雄ネジボルト10を通す長孔11を前記雌ネジ座金8と一致する位置に形成する。
図1において、畳4は正方形の琉球畳を使用しているが、通常の長方形の畳でもよい。
この実施例では、正面側の障子5及び左側面側の障子5はスライド可能であり、正面側の障子5はルーバー6の内側に収納されている。
また、背面側及び右側面側の襖7は、スライド可能である。
なお、天井は採光のため空間となっているが、照明器具を配置して天井板を設けてもよい。
【0010】
前記柱1は、図2に示すように、角材の上下両端部の隣合う2面に雌ネジ座金8を干渉しないように位置をずらして2個ずつ埋め込む。なお、前記雌ネジ座金8は斜めに配置してもよいし、又は直線に配置してもよいが、互いに干渉しないように配慮する。
前記土台2は、四角形長尺材の両端部の一面に中ぐり加工により刳り貫き、ボルト締付け工具を使用できる長穴9を形成し、該長穴9の端部側に雄ネジボルト10を通す長孔(図示せず)を形成し、この長孔(図示せず)は、前記雌ネジ座金8と一致する位置に形成する。
前記梁3は、図7の説明図に示すように、四角形長尺材の両端部の一面に中ぐり加工により刳り貫き、ボルト締付け工具を使用できる長穴9を形成し、該長穴9の端部側に雄ネジボルト10を通す長孔11を形成し、この長孔11は、前記雌ネジ座金8と一致する位置に形成する。
【0011】
次に、本考案の組立て和室の操作動作を添付図面に基づいて、以下に説明する。
柱1を垂直に立て、図4の組み合わせ説明図に示すように、柱1の下端部の隣合う2面の雌ネジ座金8に土台2の長穴9の長孔11を一致するように配置する。
その際、図2に示すように、土台2の長穴9は、内側の畳4側に向くように配置することにより、図1に示すように室外側から結合構造が見えない。すなわち、図5のA−A矢視断面図及び図6のB−B矢視断面図に示すように、内側の畳4側に向くように配置される。
そして、前記長孔11に雄ネジボルト10を差し込み、ボルト締付け工具により、前記雄ネジボルト10を雌ネジ座金8に締付けて固定する。
さらに、残りの三隅に柱1を垂直に立てて、同様にして柱1に土台2を連結する。
【0012】
次に、図7に示すように、前記柱1の上端部の隣合う2面の雌ネジ座金8に梁3の長穴9の長孔11を一致するように配置する。
その際、梁3の長穴9は、図8のC−C矢視断面図に示すように、上側に向くように配置することにより、図1に示すように室外側から結合構造が見えない。
そして、前記長孔11に雄ネジボルト10を差し込み、ボルト締付け工具により、前記雄ネジボルト10を雌ネジ座金8に締付けて固定する。
さらに、残りも同様にして柱1に梁3を連結する。
【0013】
このようにして、角材からなる柱1と、該柱1の下部に結合される四角形長尺材からなる土台2と、前記柱1の上部に結合される四角形長尺材からなる梁3とを矩形状に組み立てて和室骨組みを形成する。
その後、前記土台2に囲まれた床の矩形空間に畳4を敷設し、正面側と左側面側に障子5、ルーバー6を設け、背面側と右側面側に襖7を設けて組立て和室を完成する。
【0014】
1 柱
2 土台
3 梁
4 畳
5 障子
6 ルーバー
7 襖
8 雌ネジ座金
9 長穴
10 雄ネジボルト
11 長孔

(57)【要約】

【課題】簡易に組み立て分解ができる柱と土台、梁の結合構造を備える組立て和室を提供する。【解決手段】柱1と、土台2と、梁とから矩形体に組み立てされる組立て和室において、柱1は、柱1の上下両端部の隣合う2面に干渉しないように位置をずらして雌ネジ座金8を2個ずつ埋め込み、土台2は、土台2の両端部の一面に長穴9を形成し、長穴9の端部側に雄ネジボルト10を通す長孔を雌ネジ座金8と一致する位置に形成し、梁は、梁の両端部の一面に長穴9を形成し、長穴9の端部側に雄ネジボルト10を通す長孔を雌ネジ座金8と一致する位置に形成する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):