(54)【考案の名称】ポータブル電子製品と結合可能なバーコード走査装置

(73)【実用新案権者】神▲ライ▼光電股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案はバーコード走査装置に関し、特にポータブル電子製品と結合可能なバーコード走査装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
バーコードスキャナーの領域においては、ポータブル電子製品(携帯電話端末或いはタブレットコンピューター等)の設計に対応したバーコードスキャナーがすでに開発されている。
これにより、バーコードスキャナーとポータブル電子製品とを結合し、走査したバーコードが表す情報をポータブル電子製品に伝送し、処理を行う。
【0003】
しかし、従来のポータブル電子製品と結合するためのバーコードスキャナーは、ある種のポータブル電子製品のサイズに応じて設計、製造されているため、他のポータブル電子製品に使用することができない。
つまり、Aバーコードスキャナーは、Aポータブル電子製品にしか使用できず、Bバーコードスキャナーは、Bポータブル電子製品にしか使用できず、Cバーコードスキャナーは、Cポータブル電子製品にしか使用できない。
【0004】
昨今、ポータブル電子製品は新旧交替のスピードが速いため、新しいYポータブル電子製品のために、新たに研究費を費やして新しいYバーコードスキャナーを設計し、古いバーコードスキャナーは廃棄するしかない、という状況が起きている。これでは資源、時間、コストの浪費である。
本考案は、従来のポータブル電子製品と結合可能なバーコード走査装置の上記した欠点に鑑みてなされたものである。
【0005】

【効果】

【0008】
従来の技術と比較し、本考案は様々な大きさのポータブル電子製品に適用できるため、コストを低下させ、廃棄を回避し浪費を避ける効果を備える。
【図面の簡単な説明】
【0009】
【図1】本考案バーコード走査装置の第一実施形態とポータブル電子製品の間の立体分解図である。
【図2】図1の立体組合せ図である。
【図3】本考案バーコード走査装置の第二実施形態とポータブル電子製品の間の立体分解図である。
【図4】本考案バーコード走査装置の第三実施形態とポータブル電子製品の間の立体分解図である。
【図5a】本考案バーコード走査装置の第四実施形態とポータブル電子製品の間の立体分解図である。
【図5b】図5aの調整挟具に対する変形例図である。
【図6】本考案バーコード走査装置とポータブル電子製品を結合後の様々な機能を追加した局部拡大模式図である。

【0010】
以下に図面を参照しながら本考案を実施するための最良の形態について詳細に説明する。
【0011】
本考案によるポータブル電子製品と結合可能なバーコード走査装置は、図1に示すように、ポータブル電子製品500(携帯電話端末或いはタブレットコンピューター等)を本考案バーコード走査装置100に結合し、走査したバーコードが表す情報をポータブル電子製品500に伝送し、後続の処理を行う。
【0012】
図1と図2は、本考案の第一実施形態を示す、図3と図4はそれぞれ本考案の第二、第三実施形態を示し、図5aと図5bは本考案の第四実施形態を示し、図6は第一〜四実施形態の局部拡大模式図である。
【0013】
図1と図2に示すように、本考案バーコード走査装置100の第一実施形態は、キャリア1、付着部材2及び走査アセンブリ3を有する。
【0014】
該キャリア1は、第一面11と第二面12を有し、好ましくは、該キャリア1はさらに、少なくとも1個の制限部13を備える。
【0015】
本実施形態では、該キャリア1は好ましくは、辺枠のない平板で、そのためこのような平板上に様々な大きさのポータブル電子製品500を固定でき、このような平板が備える第一面11と第二面12とは当然相互に相対する。
【0016】
また、該キャリア1の上辺(或いは任意の辺)にはさらに、少なくとも1個の制限部13を設置し、これにより該ポータブル電子製品500は、該制限部13に基づき、キャリア1と定位する。
【0017】
すなわち、該ポータブル電子製品500の上辺を、該制限部13に接触させることで、該ポータブル電子製品500は比較的正確に該キャリア1に定位される。
【0018】
該付着部材2は、該キャリア1の第一面11に設置され、これによりポータブル電子製品500の外表面5は、該キャリア1上の付着部材2に対応して付着し、つまりポータブル電子製品500は該付着部材2を通して該キャリア1に固定される。
【0019】
本実施形態では、該付着部材2は、複数回粘着性樹脂パッド21を例として説明し、該複数回粘着性樹脂パッド21そのものは粘性を備え、複数回粘着が可能で、しかも複数回粘着性樹脂パッド21は、相互に相対する一面と反対面を有する。
【0020】
これにより、該複数回粘着性樹脂パッド21の一面は、該キャリア1の第一面11に粘着し、反対面は、ポータブル電子製品500の外表面5に対応し、分離可能状に粘着し、こうして該複数回粘着性樹脂パッド21を利用し、該キャリア1上に、各種大きさのポータブル電子製品500を粘着させることができる。
【0021】
該走査アセンブリ3は、該キャリア1の第二面12に設置される。
【0022】
該走査アセンブリ3は、相互に電気的に連接するバーコードスキャナー32と伝送部材34とを備え、これにより該バーコードスキャナー32と該ポータブル電子製品500との間は、該伝送部材34を通して伝送される。
【0023】
該バーコードスキャナー32は、少なくとも1個の走査スイッチ321を備え、該走査スイッチ321は、該外殼31に露出し、指による操作に便利である。
【0024】
本実施形態では、該走査アセンブリ3は、外殼31とメイン回路板33を含む形態を例として説明する。
【0025】
該バーコードスキャナー32と該メイン回路板33はともに、該走査アセンブリ3の外殼31内に設置され、該メイン回路板33は、該バーコードスキャナー32と該伝送部材34との間に電気的に連接される。
【0026】
また、該伝送部材34は、本実施形態中では、伝送線341を例として説明する。
【0027】
図に示すように、該伝送線341の自由端は、該ポータブル電子製品500に抜き挿し可能状に挿入して接続され、これにより該バーコードスキャナー32と該ポータブル電子製品500との間は、該伝送線341を通して、有線伝送される。
【0028】
例えば、該バーコードが表す情報を、ポータブル電子製品500に伝送し、該ポータブル電子製品500により後続の処理を行う。
【0029】
図3は、本考案バーコード走査装置100の第二実施形態を示し、本第二実施形態と第一実施形態とはおおよそ相同であるが、付着部材2にのみ違いがある。
【0030】
図に示すように、第二実施形態の付着部材2は、多数の真空吸盤22を備え、該各真空吸盤22は、該キャリア1の第一面11に固定され、これにより該各真空吸盤22は、該ポータブル電子製品500の外表面5に対応し、分離可能状に吸着する。
【0031】
こうして、該真空吸盤22を利用し、該キャリア1上に各種大きさのポータブル電子製品500を吸着することができる。
【0032】
図4は、本考案バーコード走査装置100の第三実施形態を示し、本第三実施形態と第一実施形態とはおおよそ相同であるが、走査アセンブリ3aのみが第一実施形態とは異なる。
【0033】
第一実施形態の走査アセンブリ3は、全体式構造であるが、本第三実施形態の走査アセンブリ3aは、分離式構造である。
【0034】
図に示すように、第三実施形態の走査アセンブリ3aは、コントロール本体35と搭載フレーム36をさらに備える。
【0035】
該コントロール本体35は、該キャリア1の第二面12に設置され、該搭載フレーム36は、該第二面12に取り外し可能状に係合され、該コントロール本体35に固定される。
【0036】
該バーコードスキャナー32aは、独立個体で、取り外し可能状に該搭載フレーム36に設置し、しかも該搭載フレーム36により、該バーコードスキャナー32aを堅固に支える。
【0037】
こうして、該バーコードスキャナー32aと該コントロール本体35との間は、後述のコネクター322とドッキングコネクター352によってのみのサポートではなく、該搭載フレーム36により、該コントロール本体35に置いて支えられるため、より堅固なサポート性を備える。
【0038】
該搭載フレーム36が該コントロール本体35に係合して固定されると同時に、該バーコードスキャナー32aは該コントロール本体35に自然に電気的に連接される。
【0039】
本実施形態では、バーコードスキャナー32aとコントロール本体35の電気的連接方式は、以下の例により説明する。
【0040】
該バーコードスキャナー32aには、第一回路板331を設置し、該コントロール本体35には、第二回路板332を設置する。
【0041】
該バーコードスキャナー32aにはさらに第一回路板331に電気的に連接するコネクター322を設置し、突出する。
【0042】
該コントロール本体35にはさらに第二回路板332に電気的に連接するドッキングコネクター352を設置して露出し、しかも該ドッキングコネクター352は、コネクター322に対応する。
【0043】
これにより、該搭載フレーム36が、該コントロール本体35に係合されて固定されると同時に、該バーコードスキャナー32aのコネクター322は、抜き挿し可能状に自然に該コントロール本体35のドッキングコネクター352に挿入して接続される。
【0044】
また、該搭載フレーム36と該コントロール本体35との間の係合は、主に該搭載フレーム36に設置する多数の係合部材361による。
【0045】
コントロール本体35には、該各係合部材361に対応する多数の係合部351を設置し、これにより該各係合部材361は、該各係合351に対応して係合される。
【0046】
図5aと図5bは、本考案バーコード走査装置100の第四実施形態を示し、本第四実施形態と第一実施形態とはおおよそ相同であるが、該キャリア1に調整挟具15を増設する点が異なり、これにより該ポータブル電子製品500の該キャリア1における堅固性と保護性を向上させる。
【0047】
図5aに示すように、該調整挟具15は、第一伸縮挟体151を備え、しかも該第一伸縮挟体151は、該キャリア1の一辺に対応し調整可能状に伸縮する。
【0048】
これにより、ポータブル電子製品500は、該制限部13と該第一伸縮挟体151との間に挟まれて固定される。
【0049】
しかも、該第一伸縮挟体151は、該ポータブル電子製品500の相応する辺に対して伸縮調整される。
【0050】
本実施形態では、図5bに示すように、該調整挟具15は、第二伸縮挟体152を備える形態を例として説明する。
【0051】
しかも、該第二伸縮挟体152は、該制限部13に置換でき、該キャリア1のもう一方の辺に相対して調整し、可能状に伸縮し、これにより該第一伸縮挟体151と該第二伸縮挟体152は、ポータブル電子製品500の相応辺に対応してそれぞれ伸縮して調整する。
【0052】
これにより、様々な大きさのポータブル電子製品500は、該付着部材2を利用し、該キャリア1の第一面11に付着する他、調整挟具15を利用し、より堅固に該キャリア1に固定され、該ポータブル電子製品500に対する保護性を向上させることができる。
【0053】
図6は、第一〜四実施形態において増えた様々な機能の局部拡大模式図である。
【0054】
上述の伝送部材34は、無線トランスミッター342(ブルートゥース等)で、該バーコードスキャナー32(32a)と該ポータブル電子製品500との間は、該無線トランスミッター342を通して無線伝送を行い、無線伝送で、各種情報をポータブル電子製品500に伝送することができる。
【0055】
当然、該伝送部材34は同時に、伝送線341と無線トランスミッター342の型式(図6参照)とすることができ、この時の伝送線341は、ポータブル電子製品500に対する有線充電に用いる。
【0056】
該走査アセンブリ3(3a)はさらに、無線充電モジュール333、再充電可能電池334、読取アセンブリ335を備え、しかも該走査アセンブリ3(3a)には、充電及び読取モード切換スイッチ37、外付け充電ジャック38を設置できる。
【0057】
該再充電可能電池334は、伝送部材34(ここでは伝送線341を指す)を通して、該ポータブル電子製品500に対して有線充電を行う。
【0058】
或いは、ポータブル電子製品500そのものが、無線充電機能を備えない時には、無線充電モジュール333及び伝送線341を通して、該ポータブル電子製品500に対して有線充電することもできる。
【0059】
つまり、本考案バーコード走査装置100にすでに結合したポータブル電子製品500において、該ポータブル電子製品500そのものが無線充電機能を備えなくとも、本考案のバーコード走査装置100を無線充電プラットフォーム(図示なし)上に置くと、該無線充電モジュール333が反応して生じる電力は、該伝送線341を通して、該ポータブル電子製品500に伝送され有線充電を行う。
【0060】
該充電及び読取モード切換スイッチ37は、該走査アセンブリ3(3a)に設置されて露出し、これにより充電が必要で充電モードに切り換える、或いはバーコードの走査と読み取りを行う時には読み取りモードに切り換える。
【0061】
また、充電モードでは、ポータブル電子製品500(タッチパネル式のスマートフォン或いはタブレットコンピューター)のバーチャルキーボードを呼び出し、操作することができる。
【0062】
該外付け充電ジャック38も該走査アセンブリ3(3a)に設置されて露出し、該走査アセンブリ3(3a)が再充電可能電池(図示なし)を備えない時、或いは再充電可能電池334にすでに電力がない時には、外付けケーブル(図示なし)を利用し、該外付け充電ジャック38と給電電源(図示なし)との間を接続する。
【0063】
これにより、該外付け充電ジャック38と該伝送線341とを通して、該ポータブル電子製品500に対して充電する。
【0064】
該読取アセンブリ335は、磁気テープリーダー(磁気テープを備える磁気テープカードを読み取る)、ICチップリーダー(ICチップを備えるICチップカードを読み取る)或いはRFIDリーダーである。
【0065】
当然、該読取アセンブリ335は同時に、磁気テープリーダー、ICチップリーダー、RFIDリーダーを備えることができ、これについて本考案は制限されない。
【0066】
上記を総合すると、本考案は従来の技術に比べ、以下の効果を備える。
【0067】
キャリア1は辺枠を備えず、また付着部材2の付着能力により、キャリア1上に各種大きさのポータブル電子製品500を設置できるため、本考案バーコード走査装置100は各種大きさのポータブル電子製品500に適用でき、コストを低下させ、廃棄を回避し浪費を避ける効果を備える。
【0068】
調整挟具15を増設することで、キャリア1上に各種大きさのポータブル電子製品500を堅固に固定でき、ポータブル電子製品500に対する保護性を拡大できる。
【0069】
制限部13により、ポータブル電子製品500は比較的正確にキャリア1に定位され、搭載フレーム36によりバーコードスキャナー32aを堅固に支えることで、バーコードスキャナー32aとコントロール本体35との間はより堅固なサポート性を備える。
【0070】
上記の本考案名称と内容は、本考案技術内容の説明に用いたのみで、本考案を限定するものではない。本考案の精神に基づく等価応用或いは部品(構造)の転換、置換、数量の増減はすべて、本考案の保護範囲に含むものとする。
【産業上の利用可能性】
【0071】
本考案は実用新案登録の要件である新規性を備え、従来の同類製品に比べ十分な進歩を有し、実用性が高く、社会のニーズに合致しており、産業上の利用価値は非常に大きい。
【0072】
100 バーコード走査装置
1 キャリア
11 第一面
12 第二面
13 制限部
15 調整挟具
151 第一伸縮挟体
152 第二伸縮挟体
2 付着部材
21 複数回粘着性樹脂パッド
22 吸盤
3、3a 走査アセンブリ
31 外殼
32、32a バーコードスキャナー
321 走査スイッチ
322 コネクター
33 メイン回路板
331 第一回路板
332 第二回路板
333 無線充電モジュール
334 再充電可能電池
335 読取アセンブリ
34 伝送部材
341 伝送線
342 無線トランスミッター
35 コントロール本体
351 係合部
352 ドッキングコネクター
36 搭載フレーム
361 係合部材
37 充電及び読取モード切換スイッチ
38 外付け充電ジャック
500 ポータブル電子製品
5 外表面

(57)【要約】

【課題】各種大きさのポータブル電子製品と結合可能なバーコード走査装置を提供する。【解決手段】ポータブル電子製品と結合可能なバーコード走査装置はキャリア1、付着部材2、走査アセンブリ3を備え、キャリア1は第一面11と第二面12を有し、付着部材2はキャリアの第一面11に設置され、ポータブル電子製品500はキャリア上の付着部材に対応して付着し、走査アセンブリ3はキャリアの第二面12に設置され、相互に電気的に連接するバーコードスキャナー32と伝送部材34とを備える。バーコードスキャナーとポータブル電子製品との間は伝送部材を通して伝送される。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):