(54)【考案の名称】カレンダー

(73)【実用新案権者】株式会社九十九商会

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、カレンダーに関する。

【従来の技術】

【0002】
一般的に,カレンダーの主な役割は,現在の該当する日の曜日の確認とこれから先の日の曜日の確認である。各月間カレンダーは、同じ面積で表示されている。
【0003】

【効果】

【0007】
請求項1に記載の考案は、カレンダーの面積を有効に活用できる。
請求項2に記載の考案は、カレンダーの面積をより有効に活用できる。最初の数か月は、面積が大きく文字も見やすくなっているので、時間的に近い日程の確認が容易であり、さらに時間的に先になる日程の確認も可能とできる。
請求項3に記載の考案は、5か月分の日付を1頁で表示できるので、カレンダーの面積を有効に活用できる。特に、最初の3か月は、面積が大きく文字も見やすくなっているので、時間的に近い日程の確認が容易であり、さらに時間的に先になる日程の確認も可能とできる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
【図1】カレンダー10を示す図である。
【図2】第1の5か月間カレンダー12Aが、その下端側がもたれて、めくられている様子を示す図である。

【0009】
以下、本考案の実施の形態を説明する。
図1には、カレンダー10が示されている。カレンダー10は、第1の5か月間カレンダー12A〜第4の5か月間カレンダー12Dを備えている。第1の5か月間カレンダー12A〜第4の5か月間カレンダー12Dの上端は、力が標準的なユーザの当該力で取り外しできる程度にのり付けられている。よって、第1の5か月間カレンダー12A〜第4の5か月間カレンダー12Dの各々は、下端側をもってカレンダー10からはがすことが可能である。
【0010】
第1の5か月間カレンダー12A〜第4の5か月間カレンダー12Dは、各5か月間カレンダーの中の時間的に最も早い月の月間カレンダーを基準に、最も早い月の月間カレンダーの月の遅い順に重ねられている。
【0011】
第1の5か月間カレンダー12Aには、1月の月間カレンダー14N1、2月の月間カレンダー14N2、3月の月間カレンダー14N3、4月の月間カレンダー16N1、及び5月の月間カレンダー16N2が印刷されている。
【0012】
1月の月間カレンダー14N1〜5月の月間カレンダー16N2の内の時間的に早い3か月分の1月の月間カレンダー14N1〜3月の月間カレンダー14N3は、同じ第1の形(長方形)及び同じ面積(第1の面積)であり、時間的遅い残りの2か月分の4月の月間カレンダー16N1及び5月の月間カレンダー16N2は、同じ第2の形(長方形)及び同じ面積(第2の面積)である。
【0013】
1月の月間カレンダー14N1〜3月の月間カレンダー14N3は、4月の月間カレンダー16N1及び5月の月間カレンダー16N2より上端側に位置する。
【0014】
1月の月間カレンダー14N1〜3月の月間カレンダー14N3は、時間的に早い順に上端から下端に向かって、即ち、上から下の上下方向に並んでいる。時間的遅い残りの2か月分の4月の月間カレンダー16N1及び5月の月間カレンダー16N2は、上下方向には同じ位置であり、上下方向に垂直な左右方向に並んでいる。
【0015】
1月の月間カレンダー14N1、2月の月間カレンダー14N2、及び3月の月間カレンダー14N3の第1の面積は、4月の月間カレンダー16N1及び5月の月間カレンダー16N2の第2の面積より大きい。
【0016】
1月の月間カレンダー14N1、2月の月間カレンダー14N2、及び3月の月間カレンダー14N3の第1の形は、4月の月間カレンダー16N1及び5月の月間カレンダー16N2の第2の形と相似している。
【0017】
第2の5か月間カレンダー12B〜第4の5か月間カレンダー12Dは、第1の5か月間カレンダー12Aと同様のデザインとなっている。
【0018】
第2の5か月間カレンダー12Bには、図示していないが4月〜8月の月間カレンダーが印刷されている。4月〜8月の月間カレンダーの内の時間的に早い3か月分の4月〜6月の月間カレンダーは、第1の形及び第1の面積であり、時間的遅い残りの2か月分の7月の月間カレンダー及び8月の月間カレンダーは、第2の形及び第2の面積である。
【0019】
第3の5か月間カレンダー12Cには、図示していないが7月〜11月の月間カレンダーが印刷されている。7月〜11月の月間カレンダーの内の時間的に早い3か月分の7月〜9月の月間カレンダーは、第1の形及び第1の面積であり、時間的遅い残りの2か月分の10月の月間カレンダー及び11月の月間カレンダーは、第2の形及び第2の面積である。
【0020】
第4の5か月間カレンダー12Dには、図示していないが10月〜翌年2月の月間カレンダーが印刷されている。10月〜翌年2月の月間カレンダーの内の時間的に早い3か月分の10月〜12月の月間カレンダーは、第1の形及び第1の面積であり、時間的遅い残りの2か月分の翌年1月の月間カレンダー及び翌年2月の月間カレンダーは、第2の形及び第2の面積である。
【0021】
上記のように第1の5か月間カレンダー12A〜第4の5か月間カレンダー12Dの上端は、標準的なユーザの力で取り外しできる程度にのり付けられ、第1の5か月間カレンダー12A〜第4の5か月間カレンダー12Dは、下端側をもってカレンダー10からはがすことが可能である。
【0022】
図2には、第1の5か月間カレンダー12Aが、その下端側がもたれて、めくられている様子が示されている。図2に示すように、第1の5か月間カレンダー12Aが、その下端側がもたれて、めくられると、第1の5か月間カレンダー12Aが重なっていた第2の5か月間カレンダー12Bが、下端側から現れる。具体的には、7月の月間カレンダー16N3及び8月の月間カレンダー16N4が現れる。
【0023】
以上説明したように本実施形態のカレンダー10の第1の5か月間カレンダー12A〜第4の5か月間カレンダー12Dの各々は、時間的に早い3か月分の月間カレンダーの第1の面積が、時間的遅い残りの2か月分の月間カレンダーの第2の面積より大きくないようにデザインされている。よって、現在の日に時間的近い月の月間カレンダーの面積を、現在より時間的遠い月の月間カレンダーの面積より大きくすることができる。従って、現在の日に時間的近い月の各日の曜日をより認識し易くなる。よって、カレンダーの面積を有効に活用できる。
【0024】
前述した本実施の形態では、長方形及び第1の面積の月間カレンダーを3つ(第1の数)表示し、長方形及び第2の面積の月間カレンダーを2つ(第2の数)表示しているが、第1の数は、3ではなく、2、4以上でもよく、第2の数は、2ではなく、1、3以上でもよい。
【0025】
10 カレンダー
12A〜12D 月間カレンダー
14N1〜14N3 月間カレンダー
16N1〜16N4 月間カレンダー

(57)【要約】

【課題】面積を有効に活用できるカレンダーを提供する。【解決手段】第1の5か月間カレンダー12Aには、1月の月間カレンダー14N1、2月の月間カレンダー14N2、3月の月間カレンダー14N3、4月の月間カレンダー16N1、及び5月の月間カレンダー16N2が印刷されている。1月の月間カレンダー14N1〜5月の月間カレンダー16N2の内の時間的に早い3か月分の1月の月間カレンダー14N1〜3月の月間カレンダー14N3は、同じ長方形及び同じ第1の面積であり、時間的遅い残りの2か月分の4月の月間カレンダー16N1及び5月の月間カレンダー16N2は、同じ長方形及び同じ第2の面積である。第1の面積は、第2の面積より大きい。従って、現在の日に時間的近い月の各日の曜日をより認識し易くなる。よって、カレンダーの面積を有効に活用できる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):