(54)【考案の名称】熱可塑性樹脂製のバンドを用いて形成したマスコット玩具

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は熱可塑性樹脂からなる紐状又は帯状のバンドを用いて形成したマスコット玩具に関し、特に荷造りや結束に使用されているポリプロピレン製のバンド(以下「PPバンド」とする)等の様に廃棄される材料を使用して製造する事の出来るマスコット玩具に関する。

【従来の技術】

【0002】
工作は創造的な創作力を育むことができることから、子供のみならず大人においても関心が高い。近年では手指を動かすことによる脳の活性化も注目されており、介護施設などでも積極的に実施されている。このような工作に際しては、既成の材料を用いて単に組み立てるように構成されているものや、市販されている様々な部品を利用して、自らの創作により造形活動を行うように工夫されているものも存在する。特に、後者においては使用できるパーツが無限に存在することから、作成者の創作力を喚起させる上では望ましいと言える。
【0003】
この点、従前においては想像・創作活動を際限なく行うことができる上、当該想像・創作活動を効果的に行える組立玩具及び組立玩具用ブロックとして、特許文献1(特開2003−225476号公報)が提案されている。即ち、この文献1では、複数のブロックを組み合わせてなる組立玩具であって、各ブロックは、金属製金具、非金属製の蝶番、非金属製の釘、非金属製のネジ、非金属製のナット及び非金属製のワッシャーの中から選択される同種又は異種の2個以上の基本パーツだけで形成されており、全てのブロックは、他の何れかのブロックに組み合う連結部を備え、各ブロックは、当該連結部で組み合わされている組立玩具が提案されている。
【0004】
また、特許文献2(特開平8−47584号公報)では、梱包後廃物となるPPバンドを利用して動物おもちゃを作ることが提案されている。即ちこの文献では、資源の再利用を計るとともに、廃棄物利用の教材として利用するべく、おもちゃ作りの材料にPPバンドを使用するものであり、PPバンドを切ったり、編んだり、折り曲げたりして動物おもちゃを作る事が提案されている。
【0005】
更に特許文献3(特開2010−162095号公報)では、飛ばした時に、空中で紙飛行機と発射装置が離れ、発射装置は遠心力で羽が開き回りながら飛行する発射装置を付けた紙飛行機が提案されており、その羽を構成する剛性があって薄い素材として、PPバンドが例示されている。
【0006】

【効果】

【0026】
上記本考案にかかるマスコット玩具によれば、加工、特に接合が困難な熱可塑性樹脂製のバンド部材であっても、半田鏝等を用いて形成した孔の周りにおける溶融一体化により、簡易に接合する事ができることから、熱可塑性樹脂で形成されているバンドであっても、これを再利用する事ができる。更に半田鏝等で溶融して形成した貫通孔により、重なり合ったバンド部材は溶融一体化する事から、当該ベルトを簡易に接合することができる。その結果、製造容易性が高まり、製造できる形状の幅を広げて、様々な形状及び装飾を伴って形成する事のできるマスコット玩具を提供する事ができる。
【0027】
また、本考案にかかるマスコット玩具は、これを構成するバンド部材を、厚さ方向に貫通する孔の縁部で溶融一体化して接合している事から、他の材料、例えば接着剤や金属などが存在する事が無くなり、よって単一素材からなり、接着剤などの異物の混入のおそれを無くした安全性の高いマスコット玩具とすることができる。
【0028】
更に本考案にかかるマスコット玩具において、これを構成するバンド部材の少なくとも何れかは、その厚さ方向に曲折させてリング状又は筒状に形成した場合には、困難なく任意の形状に形成する事ができる。また、このバンド部材によって区画されている空間内に、弾性変形可能な充填材を充填することにより、薄肉に形成されて視認性に乏しいバンド部材の側面が正面側に存在する場合であっても、当該バンド部材によって形成された形状を明確に示す事ができる。よって本考案にかかるマスコット玩具は、加工容易性を高めるべく厚さ方向に曲折させながらも、その曲折させた形状を確実に認識でき且つ意匠上も優れた形状とする事ができる、熱可塑性樹脂バンドを用いて形成したマスコット玩具を提供する事ができる。
【図面の簡単な説明】
【0029】
【図1】バンド部材の結合状態を示す(A)斜視図、(B)X−X矢視断面図
【図2】バンド部材の連結及び結合状態を示す略図
【図3】第1の実施の形態にかかるマスコット玩具の製造工程を示す略図。
【図4】第2の実施の形態にかかるマスコット玩具の製造工程を示す略図。
【図5】他の実施の形態にかかるマスコット玩具を示す斜視図
【図6】更に他の実施の形態にかかるマスコット玩具を示す(A)斜視図、(B)正面図

【0030】
以下、図面を参照しながら本実施の形態におけるマスコット玩具50の作成方法と、幾つかの実施の形態にかかるマスコット玩具50を具体的に説明する。
【0031】
図1は本実施の形態にかかるマスコット玩具50の作成に際して実施されるバンド部材10の溶着工程を示す(A)斜視図、(B)X−X矢視断面図であり、図2は他の実施の形態にかかるバンド部材10の溶着工程を示す縦断面図である。以下に示す幾つかの実施の形態にかかるマスコット玩具50を作成する際には、熱可塑性樹脂からなる帯状のバンド部材10を接合して、任意の形状に形成することになる。そしてこのバンド部材同士の接合では、図1に示様に、半田鏝40を使用して行う事ができる。即ち、接合する2つのバンド部材10を重ね合わせ、その厚さ方向に貫通する様に、加熱した半田鏝40を差し入れる。その結果、重なり合っているバンド部材同士は、当該貫通孔20の近傍において溶融し、これが冷える事により、迅速に固まって、重ね合っているバンド部材同士を接合する事ができる。特に本実施の形態では、このバンド部材10として、梱包に使用され、廃棄される筈のPPバンドを用いている。その結果、本来であれば再利用が困難なPPバンドを有効に利用する事ができる。
【0032】
この様に重ね合わせたバンド部材10の接合に際して、使用する半田鏝40は任意に選択してよいが孔部20が露出する事を考慮すれば、これを目立たさないようにすることが望ましい。その為に、棒状の加熱部分はできるだけ細く形成されている半田鏝40を使用するのが望ましい。また、バンド部材同士を接合する為の孔部20は、任意の数で形成する事ができ、これは使用するバンド部材10の幅や当該接合部分に要求される強度を考慮して選択すればよい。このようにバンド部材10の融点以上の温度に加熱した半田鏝40で開口部(孔部20)を形成し、その縁部において溶融一体化した場合には、図1(B)に示す様に、貫通孔20の周りにおいて各バンド部材10が溶融し、これが混ざり合って固化することにより、重なり合うバンド部材同士の接合を果たす事ができる。
【0033】
図2は厚さ方向に湾曲させた環状のバンド部材10の端部同士の連結と、平板状に形成されているバンド部材10との接合を同時に行う連結部(孔部20)を示している。図2(A)に示す様に、環状に湾曲させた端部同士を重ね合わせると共に、この重ね合わせた部位に更に平板状のバンド部材10を重ね合わせている。そしてこれらを貫通する様に、加熱した半田鏝40を刺し通し、これによって重なり合っているバンド部材10の孔部20の周辺を溶解させる。この溶解部分は相互に混ざり合って固化し、これによって環状のバンド部材10の連結と、平板上のバンド部材10の接合とを同時に行う事ができる。即ち、この図2では、1つのバンド部材10における部分同士の接合と、他のバンド部材10との接合を同時に実施している。
【0034】
図3〜6は、上記図1及び2に示した方法でバンド部材10を接合することによって形成した幾つかの実施の形態にかかるマスコット玩具50を示している。
【0035】
図3に示したマスコット玩具50は、特にトンボをイメージする事の出来るデザインとして形成したものである。この実施の形態では、「V」字状に曲折させた両端側を湾曲させて目部分を構成するように形成した目部分パーツ12と、一部を内側に「V」字状に凹ませて胴部分を構成するように形成した胴部分パーツ13と、左右方向に水滴状に突出するように湾曲させて羽根部分を構成するように形成した羽根部分パーツ14と、長丸形状に湾曲させて尾部分を構成するように形成した尾部分パーツ15とを構成し(図3(A))、目部分パーツ12を胴部分パーツ13に接合し、この胴部分パーツ13に羽根部分パーツ14と尾部分パーツ15とを接合して形成している(図3(B))。特に本実施の形態においても、各パーツ同士の接合は、前記図1や2に示したように、重ね合わせたバンド部材10を貫通する孔20の周りを溶融一体化して、これにより各パーツ同士を接合している。
【0036】
そしてバンド部材10によって形成された領域内には、コットンボールなどの弾性変形可能な充填材30を充填することにより、正面からでも各バンド部材10の形状の視認性を高める事ができる。この点、仮に当該充填材30を充填しないとすれば、薄肉に形成されたバンド部材10の側面だけが正面側に露出することになり、その結果、当該マスコット玩具50の形状の視認性が低下することになる。本実施の形態では、当該充填材30を使用する事により、形状の視認性を高め、マスコットやアクセサリーとして使用できるように構成している。そこで図3(C)に示す様に、当該マスコット玩具50にはストラップを連結して構成している。
【0037】
図4は、梟の顔を模した形態となる様に、各バンド部材10を曲折させて形成したものである、本実施の形態においても、バンド部材10を用いて、「V」字状に曲折させた両端側を湾曲させて目部分を構成するように形成した目部分パーツ12と、一部を内側に「V」字状に凹ませて口部分を構成するように形成した口部分パーツ16と、顔の輪郭を構成するように形成した輪郭パーツ17とを接合して形成している。具体的には輪郭パーツ17内の下方側に口部分パーツ16を接合し、この口部分の上方に目部分パーツ12を配設すると共に、口部分パーツ16と輪郭パーツ17とに接合している。この各パーツの接合は、前記図1や2に示したように、重ね合わせた帯状部材を貫通する孔20の周りを溶融一体化して、これにより各パーツ同士を接合している。
【0038】
そして、上記各パーツにおいてバンド部材10によって区画された領域内には、任意に選択した色のコットンボール又は綿などの充填材30を充填し、前記図3に示した実施の形態にかかるマスコット玩具50と同様に、正面からの形態に視認性を高めている。
【0039】
図5は更に別の実施の形態にかかるマスコット玩具50を示す斜視図である。この図に示すマスコット玩具50は、特にコースターとして使用する事ができるように形成したマスコット玩具50である。具体的には、バンド部材10を用いて、環状の輪郭を形成する輪郭パーツ17と、当該輪郭パーツ17内に区画されている領域に配される装飾パーツ18とで構成しており、それぞれは加熱された棒状部材(半田鏝など)によって開口された貫通孔20の周りにおいて溶融一体化して接合されている。特に、本実施の形態の様にコースターとして使用できるように形成する場合には、これに使用するバンド部材10は、耐熱性が向上された熱可塑性樹脂を用いて形成されるのが望ましい。但し、市販されているPPバンドであれば、コースターとして使用できる程度の耐熱性を有する事を確認した。
【0040】
この図5に示すマスコット玩具50において、輪郭を形成する輪郭パーツ17は円形に限ることなく各種の形状に形成する事ができ、三角形、四角形等の各種多角形形状に形成する事ができ、或いは魚などの生物を模した輪郭形状に形成する事もできる。また輪郭パーツ17内に設置される装飾パーツ18も各種形状に形成する事ができ、複数の装飾パーツ18も用いても良い。但し、当該マスコット玩具50をコースターや花瓶の台など、その上に物品を載せ置く為に使用する場合には、当該装飾パーツ18は、載せ置く物品の質量に耐えうるように配置されることが望ましい。また当該マスコット玩具50をコースターや花瓶の台などとして使用する場合には、その上端面は平らに形成されることが望ましく、よって当該マスコット玩具50を作成するのに使用するバンド部材10は、同じ幅のバンド部材10を用いて形成することが望ましい。
【0041】
図6は更に別の実施の形態にかかるマスコット玩具50を示す(A)斜視図、(B)平面図である。この実施の形態に示すマスコット玩具50は、熱可塑性樹脂からなる帯状のバンド部材10を厚さ方向に接合し、平面視において網状に形成した実施の形態を示している。重ね合わせたバンド部材10同士は、相互に千鳥状に接合することにより、このような編み目構造のマスコット玩具50を形成する事ができる。そして本実施の形態にかかるマスコット玩具50では、網目状に形成されている任意の領域に、コットンボールや布帛などの充填材30を収容し、これにより任意のデザインを表現する事ができるように啓している。
【0042】
この実施の形態にかかるマスコット玩具50も、各バンド部材10同士の連結は、重ね合わせたバンド部材10同士を貫通する様に高温(バンド部材10の融点以上の温度)の線材を刺し通し、これによって、その貫通孔20の周りを溶融一体化している。
【0043】
上記幾つかの実施の形態において、それぞれのマスコット玩具50を構成する各バンド部材10は、その色を変える事で様々な意匠を施す事ができる。また異なる幅のバンド部材10を使用する事により、バンド部材10の幅方向に変化を持たせた形態のマスコット玩具50を形成する事もできる。また、バンド部材10は熱可塑性樹脂を用いて製造されていることから、半田鏝等で溶融する事により、磁石やクリップなど、他の部材をこのマスコット玩具に溶着によって取付けることもできる。

【産業上の利用可能性】
【0044】
上記本考案にかかるマスコット玩具は、ストラップやキーホルダー、或いはアクセサリー等の身の回り品として使用できる他、コースターや花瓶の台、或いは鍋敷きなどの日用品としても使用する事ができる。更に室内外における装飾品として利用する事もできる。更に、学校やカルチャースクールなど技芸を教授する場面においては、当該マスコット玩具を教材として、作成の仕方を教授する為に使用する事もできる。
【0045】
10 バンド部材
12 目部分パーツ
13 胴部分パーツ
14 羽根部分パーツ
15 尾部分パーツ
16 口部分パーツ
17 輪郭パーツ
18 装飾パーツ
20 貫通孔(孔部)
30 充填材
40 半田鏝
50 マスコット玩具

(57)【要約】

【課題】熱可塑性樹脂で形成されているバンドの再利用を図り、当該バンドを簡易に接合する方法を利用することにより、製造できる形状の幅を広げて、様々な形状及び装飾を伴って形成する事のできるマスコット玩具を提供すること。【解決手段】熱可塑性樹脂を用いて紐状又は帯状に形成された1又は2以上のバンド部材からなるマスコット玩具であって、重なり合っているバンド部材同士を、その厚さ方向に貫通する孔の縁部分において溶融一体化した接合部が1又は2か所以上形成されているマスコット玩具とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):