(54)【考案の名称】携帯用印刷物

(73)【実用新案権者】神奈川トヨタ自動車株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は携帯用印刷物に関し、具体的には、携帯し易い大きさに折畳み可能な携帯用印刷物に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来から、印刷物等のシート基材の片面又は両面にラミネートフィルムを圧着等するラミネート加工装置として、例えば特許文献1のラミネータが知られている。このラミネータでラミネート加工することにより、印刷物等シート基材の型崩れや汚れを効果的に防ぐことができる。
【0003】

【効果】

【0008】
本考案によれば、紙片を折畳んだ状態における表面及び裏面のそれぞれに、略名刺サイズに形成したラミネート加工紙からなる表紙が設けられている。この構成により、本考案に係る携帯用印刷物はラミネート加工紙からなる表紙により耐久性を確保したまま、略名刺サイズに折畳んで携帯することができる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
【図1】本考案に係る携帯用印刷物の実施形態の一例を示す図である。
【図2】同実施形態において、携帯用印刷部を折畳む工程を示す図である。

【0010】
以下、本考案実施形態の一例を図面に基づいて説明する。
図1は本実施形態に係る携帯用印刷物1の構成を示す図である。図1で示すように、携帯用印刷物1は、紙片2と、表紙3、4から構成されている。
【0011】
紙片2は、印刷を施す紙製の媒体である。本実施形態における紙片2は略A4サイズ、すなわち、長辺長さ略297mm、短辺長さ略210mmの紙片である。なお、携帯用印刷部1は後述するように折畳んで携帯することができるが、略名刺サイズに折畳み可能であれば紙片2の大きさはA4サイズ以外でもよく、たとえばB4サイズやA3サイズ等、任意の大きさの紙片を用いてよい。
【0012】
表紙3及び4は、携帯用印刷物の表紙となる部材である。本実施形態では、長辺長さ略95mm、短辺長さ略60mmの略名刺サイズのラミネート加工紙を用いている。表示3及び4は紙片2の表面側に貼着されており、後述するように、紙片2を折畳んだ状態で表紙3と表紙4が紙片2を挟み込む構成となる。
なお、表紙3及び表紙4は、任意の印刷を施してもよいし、無地のラミネート加工紙を用いてもよい。
【0013】
紙片2には、縦方向及び横方向のそれぞれに、折り目21、22が複数設けられている。本実施形態では、折り目21、22は、図1において破線で示した山折の折り目と、一点鎖線で示した谷折の折り目から構成されている。
【0014】
図2(a)(b)は、携帯用印刷部1を紙片2の折り目21、22に沿って折り返す工程を示す図である。図2(a)で示すように、紙片2を折り目21に沿って折り返し、次いで、折り目22に沿って折り返すことにより、携帯用印刷物1は図2(b)で示すように、折畳んだ状態の紙片2の表面側と裏面側のそれぞれに表紙3及び4が位置する構成となる。
【0015】
携帯用印刷物1において、紙片2はラミネート加工されていない通常の紙片であり、折り目21、22に沿って折り返すことにより略名刺サイズに折畳むことができるので、使用者のポケット等に入れて容易に携帯することができる。このとき、紙片2の表面側と裏面側には表紙3、4が位置する。紙片2がラミネート加工紙からなる表紙3、4に挟まれる構成となることにより、ポケット等に入れても紙片2が型崩れしたり、汚れたりすることを防ぐことができる。
【0016】
紙片2に印刷する内容は、任意の情報を選択することが可能である。例えば、聴覚障碍者とのコミュニケーションを補助するために、紙片2の表面側には50音表を印刷し、裏面側には使用頻度の高い手話の一覧を印刷した携帯用印刷物1を携帯すれば、手話に不慣れな者でも聴覚障碍者とのコミュニケーションを円滑に行うことができる。
近年のバリアフリー化の促進により、企業活動においては聴覚障碍者に対しても健常者に対するのと同様のサービス提供が求められている。これに対して、企業のサービス担当全員が手話に通じることは困難であるが、上記の様にコミュニケーションを補助するための情報を印刷した携帯用印刷物1を携帯することにより、バリアフリー化の要請にこたえることができる。
【0017】
本実施形態の説明は前述の通りであるが、本考案の構成は上記実施形態に限られるものではない。
例えば、本実施形態の携帯用印刷物1は、紙片2を折畳んだ状態で略名刺サイズとなるようにしたが、これより小さく折畳み可能としてもよいし、使用者のポケット等に入れることができれば、これより大きくしてもよい。
その他の具体的な構成についても、上記の実施形態に限られるものではなく、本考案の趣旨を逸脱しない範囲でさまざまな変更が可能である。
【0018】
1 携帯用印刷物
2 紙片
21、22 折り目
3、4 表紙



(57)【要約】

【課題】耐久性を保つとともに、折りたたんで容易に携帯が可能な印刷物を提供する。【開発手段】携帯用印刷物1を、印刷が施されるとともに折り目21及び22が設けられて略名刺サイズに折畳み可能な紙片2と、ラミネート加工紙からなる略名刺サイズの表紙3、4から構成し、表紙3及び4を、折り目21、22に沿って略名刺サイズに折畳んだ紙片2の表面側及び裏面側にそれぞれ貼着する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):