(54)【考案の名称】乳歯用ブラシ構造

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案はブラシに関し、特に乳歯用ブラシ構造に関する。

【従来の技術】

【0002】
口腔の健康は朝晩の歯磨きにより維持される他、食後の歯みがきも非常に重要である。これにより、食物のカスをタイミングよく取り除ける他、食物カスの歯に危険を及ぼす菌への変質を防ぐことができる。特に、幼児の乳歯は脆弱且つ敏感で、この種の清潔作業は徹底的に行う必要がある。そうでなければ、虫歯になったり、歯や歯茎に病変を来す等の問題が発生し、口腔、飲食の衛生、及び永久歯への生え変わりの正常性に悪影響を及ぼす。
【0003】
従来のハミガキツール、例えば歯ブラシによるハミガキ、デンタルフロス、或いは糸ようじによる歯間の掃除、及び洗口液による口腔洗浄等は、一般人がしばしば実施する保健方式である。しかし、幼児の乳歯の清潔作業には適していない。
【0004】
上記問題を解決するため、本考案人は特許文献1を提出した。特許文献1に示す全方位口腔保健器のデンタルクリーニング作用は、軟性のハミガキ本体、導引管により構成される。ハミガキ本体頂部は、弧状のデンタルクリーニング部で、デンタルクリーニング部端部の断面は「工」字形を呈する。該「工」字形内には、凹状槽を形成し、槽の底縁には、直立したブラシを設置し、壁面内、外縁にも、斜傾状のブラシを設置し、さらに便利に手で持てるハンドルを設置する。こうして、幼児は口に入れて噛むことができ、歯ブラシの摩擦作用により、乳歯を清潔にする効果を達成する。
【0005】
上記の全方位口腔保健器の軟性ハミガキ本体は、幼児が口に含み、噛むことができる乳歯用ブラシ構造を提供し、幼児のデンタルクリーニング問題を解決することができる。しかし、口腔の深い位置両側の奥の臼歯部位には、歯ブラシの配置が原因で届かないことが多いため、清潔作業を十分に行うことができない。これにより、食べカスが残り、歯垢がつき、臼歯部位に虫歯が発生する問題を引き起こしている。
【0006】

(57)【要約】

【課題】上下歯列末端の側面に対するクリーニング効率を向上する乳歯用ブラシ構造を提供する。【解決手段】乳歯用ブラシ構造の使用時には、使用者の上下歯列は各噛合凹槽14内に噛み入り、上下歯列の湾曲方向に沿って往復スライドさせ、各第一軟性デンタルクリーニング歯ブラシ15及び第二軟性デンタルクリーニング歯ブラシ16を利用し、上下歯列に対してクリーニングを行う。上下歯列の末端までブラッシングが達すると、第二デンタルクリーニング部材2の各第三軟性デンタルクリーニング歯ブラシ22を利用し、上下歯列の末端の側面に対してクリーニングを行い、且つ第二デンタルクリーニング部材2の2個の連接板21は間隔を開けて設置され、軟性材質であるため、スライド時に、各連接板21は径方向にスイングされ、各第三軟性デンタルクリーニング歯ブラシ22は外へと軸方向に運動し、上下歯列末端の側面に対するクリーニング効率を向上させる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):