(54)【考案の名称】建築物

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、例えば車庫(ガレージ)、物置、バンガロー、或いはアパートその他の建築物に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
建築物は、例えば特開2000−234448号公報に示すように、一般に、建築物を建築すべき現場にてコンクリート又はコンクリートブロックを用いて基礎を形成し、養生した後、該基礎上に上部構造体を固定してなるものである。以下、このような建築物を「従来の建築物」という。
【0003】

【効果】

【0009】
[請求項1の考案]
請求項1の考案によれば、建築物の基礎は、工場等の製造場所で建築物に適する形状に予め形成されているため、作業員は基礎自体の形成作業や養生を行う必要がなく、作業員は単に基礎を建築現場に固定手段により固定した後、該基礎上に建築物本体部たる上部構造体を固定すればよい。すなわち、作業員は熟練者である必要がなく、基礎自体の養生も不要であり、建築物を建築する工期が短縮される。その結果、基礎の品質は常時確保され、建築物の建築に要するコストを削減することができる。
【0010】
[請求項2の考案]
請求項2の考案によれば、建築物にはコンクリートを打設してなる土間を設けたため、この建築物は特に車庫として好ましく使用される。
【図面の簡単な説明】
【0011】
【図1】図1は、本考案による建築物の一例を示す正面図である。
【図2】図2は、同上建築物において、地面に形成した基礎固定用溝を示す断面図である。
【図3】図3は、同上基礎固定用溝に基礎を配設した状態を示す断面図である。
【図4】図4は、同上基礎固定用溝に基礎を配設した状態を示す平面図である。
【図5】図5は、同上基礎固定用溝に基礎を固定した状態を示す断面図である。
【図6】図6は、基礎の別の一例を示す平面図である。
【図7】図7は、本考案による建築物の別の一例を示す正面図である。
【図8】図8は、同上建築物において、コンクリート上に基礎を配設した状態を示す断面図である。
【図9】図9は、コンクリート上に基礎を配設した状態を示す平面図である。
【図10】図10は、コンクリート上に基礎を固定した状態を示す断面図である。

【0012】
本考案による建築物1は、所定の形状に予め形成された基礎3と、該基礎3を建築現場に固定する固定手段5と、該基礎3上に固定された建築物本体部たる上部構造体7とよりなるものである。
【0013】
基礎3は、鋼等の金属、合成樹脂、合成樹脂を用いたFRP等の複合材料、コンクリート、ゴム等の材料により工場等の製造場所で建築物1に適した形状に予め形成される。
【0014】
基礎3は、固定手段5により建築現場に固定される。建築現場に固定された基礎3上に建築物1の上部構造体7が固定される。
【0015】
建築物1を表面にコンクリートが打設されていない建築現場に設ける場合について、図1〜図5を参照して説明する。
【0016】
まず、建築現場の地面11に基礎固定用溝13を基礎3の形状に対応させて削成する(図2、図4参照)。該基礎固定用溝13に基礎3を嵌める(図3、図4参照。)
【0017】
基礎固定用溝13に嵌めた基礎3を固定手段5により該基礎固定用溝13に固定する。基礎3を基礎固定用溝13に固定する固定手段5として、一例としてコンクリート5aを基礎固定用溝13内に打設する。また、固定手段5として、アンカーボルト5bを用いてもよい。
【0018】
図5における符号15に示すものは、基礎3の高さを調整するための高さ調整手段である。該高さ調整手段15は、接地させた基板17上に雄ねじ杆19を突設し、基礎3内には雌ねじ体21を固定し、該雄ねじ杆19を該雌ねじ体21に螺合させてなるものである。
【0019】
基礎3を固定手段5により基礎固定用溝13に固定した後、該基礎3上に建築物1の上部構造体7を固定する。すなわち、一例として、基礎3上にボルト23を突設し、該ボルト23により上部構造体7の土台7aを基礎3上に固定する。
【0020】
建築物1が車庫である場合には、該建築物1内の地面にコンクリートを打設してなる土間25を設ける(図1参照)。
【0021】
図6に示すものは、建築物1が物置である場合の基礎3’の一例を示す。
【0022】
次に、建築物1を表面にコンクリート27が打設されている建築現場に設ける場合について、図7〜図10を参照して説明する。
【0023】
表面にコンクリート27が打設されている建築現場に基礎3を配置し、該基礎3を固定手段5により建築現場のコンクリート27に固定する。固定手段5としては、一例として接着系アンカー5cを用いる。
【0024】
基礎3を固定手段5により建築現場のコンクリート27に固定した後、該基礎3上に建築物1の上部構造体7を固定する。すなわち、一例として、基礎3上にボルト23を突設し、該ボルト23により上部構造体7の土台7aを基礎3上に固定する。
【0025】
建築物1が車庫である場合には、一例として、建築現場のコンクリート27に各シャッターレール31の下端31aを受ける下端受け穴33を形成し、各下端受け穴33に各シャッターレール31の下端31aを位置させた状態で該下端受け穴33に受け穴コンクリート35を打設することにより、各シャッターレール31の下端31aを固定する。
【0026】
1 建築物
3 基礎
3’ 基礎
5 固定手段
5a コンクリート
5b アンカーボルト
5c 接着系アンカー
7 上部構造体
7a 土台
11 地面
13 基礎固定用溝
15 高さ調整手段
17 基板
19 雄ねじ杆
21 雌ねじ体
23 ボルト
25 土間
27 コンクリート
31 シャッターレール
31a 下端
33 下端受け穴
35 受け穴コンクリート


(57)【要約】

【課題】未熟練者による施工も可能であり、工期が短縮され、コストダウンを図ることができる建築物を提供する。【解決手段】所定の形状に予め形成された基礎3と、該基礎3を建築現場に固定する固定手段5と、該基礎3上に固定された上部構造体7とよりなる建築物1。建築物にはコンクリートを打設してなる土間25を設ける。基礎3は、鋼等の金属、合成樹脂、合成樹脂を用いたFRP等の複合材料、コンクリート、ゴム等の材料により工場等の製造場所で建築物1に適した形状に予め形成される。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):