(54)【考案の名称】撮影補助具用カメラ付き携帯情報端末の保持装置

(73)【実用新案権者】株式会社グルマンディーズ

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、屋外などでカメラ付き携帯情報端末のカメラ機能を用いて自分撮りを行う時に使用する撮影補助具における前記撮影補助具のカメラ付き携帯情報端末を支える保持装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、自分撮り撮影用の撮影補助具の先行技術としては、公開実用昭59−112241がある。これは、反射鏡を取り付けたコンパクトカメラを棒の先の三脚ねじに固定し、棒を持つ者自身にレンズを向け、リモートレリーズで自分撮りすることを想定した考案になっている。また、自分撮りをする場合においてカメラを取り付けた支持装置の一部が映り込まないように、棒体部を蛇腹状に折り曲げて使用できる自分撮り撮影用の撮影補助具が考案されている。
【0003】

【効果】

【0011】
前記のように構成された本考案のカメラ機能付き携帯情報端末の保持装置によれば、手のひらで包囲できる形状を有した前記引き手部に力を入れて押さえ部を引き伸ばしやすく、カメラ機能付き携帯情報端末を着脱するときの不便さが解消される効果を有する。
【0012】
また、前記引き手部が動物、若しくはキャラクターの頭部に形成されることにより、撮影補助具自体の美観性が向上する。
【図面の簡単な説明】
【0013】
【図1】撮影補助具1の全体を示す斜視図である。
【図2】保持装置5と接続部11との接続構造を示す図である。
【図3】保持装置5を取り付けた状態の撮影補助具1の全体を示す斜視図である。
【図4】押さえ部16及び引き手部17の分解斜視図である。
【図5】猫のキャラクターに模した引き手部17を備えた保持装置5がカメラ機能付き携帯情報端末4を固定した様子を示す正面図である。

【0014】
以下、図面を参照しながら本考案の実施形態について詳しく説明する。
【0015】
図1にカメラ機能付き携帯情報端末4が固定された状態の撮影補助具1の全体を示している。撮影補助具1は、基端部に持ち手部2を有する継管群からなる棒体部3と、前記棒体部3の先端に設けられた接続部11とからなり、接続部11に対しカメラ機能付き携帯情報端末4の保持装置5が着脱可能に接続されてなる。前記接続部11は、前後方向に角度を変えられる角度調整用部材10と、角度調整用部材10と枢着されてなる角度調整用取付部材18とから構成されてなる。前記角度調整用部材18は、側面に設けられたつまみ27を回転させることで角度調整用取付部材10との枢着を緩めて仰角方向の撮影角度を調整できる。前記角度調整用取付部材18には、図2に示すように、上部に固定ネジ部28が固着されており、保持装置5の下端面にはネジ穴29が設けられている。前記固定ネジ部28とネジ穴29とを締め合わせることで保持装置5と接続部11とが着脱可能となる。また、前記角度調整用取付部材18には、角度調整用スイッチ30が付いており、前記角度調整用スイッチ30を左右に回すと固定ネジ部28を締めたり緩めたりすることができ、保持装置5を左右方向に角度を変えることもできる。
【0016】
前記持ち手部2にはスイッチ6が設けられ、前記スイッチ6を基端にする電気コード7が接続され、前記電気コード7は棒体部3の管内を挿通し、前記棒体部3の先端に引き出されてなり、前記電気コード7の先端に設けられたイヤホンプラグ8をカメラ機能付き携帯情報端末4のイヤホンジャック9に挿入することにより、前記スイッチ6を押すと、離れた位置からの自分撮りが可能となる。
【0017】
本考案に係る保持装置5は、図3に示すように、カメラ機能付き情報端末4の一側面が載置可能な載置面12を備え、前方に張り出されてなる基板13と、前記基板13の後端の両側部から上方に延伸した一対の柱部14と、前記一対の柱部14の上端に橋渡されてなり、前記一対の柱部14の内部に組み込まれた付勢バネとの弾性的系合によって下方に向かって付勢押圧力を備え、前記載置面12の直上において前記一側面に対向するカメラ機能付き情報端末4の他側面を押圧して固定可能な棒体状の押さえ部16とを有し、前記押さえ部16には、幅広で手のひらで包囲できる略卵形状の引き手部17が取り付けられてなる。引き手部17の下端部には、柔らかい樹脂で形成されたパッド31が設けられることによって、押さえ部16の押圧力でパッド31によって固定されたカメラ機能付き情報端末4の他側面に傷がつかないようにすることができる。
【0018】
前記押さえ部16は、図4に示すように、引き手部17を構成する半球形の構造物19a、19bに挟み込まれてなり、前記一対の柱部14の上端に橋渡しされてなる部分の左右中央部が前方に向かって凸状に折り曲げられている屈曲部15を有する。
【0019】
引き手部17は、図4に示すように内部が空洞になった一対の半球形の構造物19a、19bからなる。引き手部17を構成するには、まず押さえ部16の屈曲部15を前記半球形の構造物19aの内面に設けられた挿し込み穴20に嵌めることにより突合する。その後、半球形の構造物19aと半球形の構造物19bとを重ね合わせることにより行う。半球形の構造物19aの内面に設けられたネジ穴21にネジ22を嵌入することで半球形の構造物19a、19bを互いに固定することができ、この時、半球形の構造物19bに設けられた凸部23に押さえ部16が当接することで、引き手部17の前後方向へのぐらつきを防止することができる。
【0020】
これにより、図2に示すように突合された引き手部17が一つの美観性に優れた構造物を形成し、撮影補助具1自体の美観が向上する。
【0021】
さらに、引き手部17の形状が略卵形状に形成されることにより、カメラ機能付き携帯情報端末4を着脱する時に、引き手が持ちやすくなり利便性が向上する。
【0022】
前記引き手部17の外表面に、図2に示すように、目部23、耳部24、鼻部25及びヒゲ26が備えられてなることにより、猫のキャラクターの頭部に形成されてなる。
【0023】
これにより、前記引き手部17が動物、若しくはキャラクターの頭部が形成され撮影補助具自体の美観が向上する。
【0024】
1 撮影補助具
2 持ち手部
3 棒体部
4 カメラ機能付き携帯情報端末
5 保持装置
11 接続部
12 載置面
13 基板
14 柱部
16 押さえ部
17 引き手部


(57)【要約】

【課題】着脱が容易で美観性を有するカメラ機能付き携帯情報端末保持装置を提供する。【解決手段】自分撮りに使用されるカメラ機能付き携帯情報端末を支える保持装置であり、情報端末の一側面が載置可能な載置面12を備え、前方に張り出される基板13と、基板の後端の両側部から上方に延伸した一対の柱部14と、一対の柱部の上端に橋渡され、柱部の内部に組み込まれた付勢バネによって下方に向かって付勢押圧力を備え、載置面の直上において情報端末の他側面を押圧して固定可能な押圧部31が設けられた棒体状の押さえ部16とを有し、押さえ部には、幅広で手のひらで包囲できる略球形の引き手部17が取り付けられている。引き手部の外表面に、動物やキャラクターの頭部が形成されているのが好ましい。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):