(54)【考案の名称】撮影補助具

(73)【実用新案権者】株式会社グルマンディーズ

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は屋外などでカメラ機能付き携帯情報端末を用いて撮影者自身を撮影するために用いる撮影補助具に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、自分撮り撮影用の撮影補助具の先行技術としては、公開実用昭59−11241がある。これは、反射鏡を取り付けたコンパクトカメラを棒の先の三脚ねじに固定し、棒を持つ者自身にレンズを向け、リモートレリーズで自分撮りすることを想定した考案になっている。
【0003】

【効果】

【0011】
前記のように構成された撮影補助具によれば、カメラ機能付き携帯情報端末に対応した自分撮りが可能となり、持ち手部に設けられたスイッチによる遠隔撮影が可能となった。
【0012】
また、前記棒体部を延伸することにより、肩や腕が上がらずに撮像でき、美観に優れ、より遠くからの背景を含めた自分撮りも可能となった。
【0013】
さらに、前記電気コードを棒体部の内部に挿通することにより、使用時においてコードが邪魔にならず、より美観性に優れた自分撮りが可能となった。
【図面の簡単な説明】
【0014】
【図1】本考案に係る撮影補助具の全体を示す正面図
【図2】本考案に係る撮影補助具の保持部の構造を示す斜視図
【図3】本考案に係る撮影補助具の棒体部と電気コードの構造を示す斜視図
【図4】本考案に係る撮影補助具の使用時の全体を示す斜視図

【0015】
以下、図面を参照しながら本考案の実施形態について詳しく説明する。
【0016】
本考案に係る撮影補助具1は、図1に示すように基端となる持ち手部2を有し、伸縮可能な継管郡からなる棒体部3と、カメラ機能付き携帯情報端末保持部4からなる。前記持ち手部2にはスイッチ5が設けられ、前記スイッチ5を基端とする電気コード6が接続されてなる。前記電気コード6は前記棒体部3の内部を挿通し、棒体部3の先端に引き出されてなる。以上の構成により、棒体部3を伸ばした状態で、カメラ機能付き携帯情報端末7のイヤホンジャック8に前記電気コード6の先端に接続されたプラグ9を差し込み前記スイッチ5を押すと、離れた位置からの自分撮りが可能となる。
【0017】
図2に、本考案に係る撮影補助具1の保持部4の構造を示す斜視図を示す。前記保持部4は、前後方向に角度を変えられる角度調整用部材10と、角度調整用部材10と枢着されてなる角度調整用取付部材11と、カメラ機能付き携帯情報端末保持部材12を有する。
【0018】
前記角度調整用部材10は、側面に設けられたつまみ13を回転させることで角度調整用取付部材11との枢着を緩めて仰角方向の撮影角度を調整できる。前記角度調整用取付部材11には、上部に固定ネジ部14が固着されており、保持部材12の下端面にはネジ穴15が設けられている。前記固定ネジ部14を締め合わせることで保持部材12と着脱可能となる。また、前記角度調整用取付部材11には、角度調整用スイッチ16が付いており、前記角度調整用スイッチ16を左右に回すと固定ネジ部14を締めたり緩めたりすることができ、保持部材12を自由に左右方向に角度を変えられる構造となっている。
【0019】
図2に示すように、前記保持部4の角度調整用取付部材11の上部には保持部材12が固定ネジ部14により着脱可能に装着され、前記保持部材12は、カメラ機能付き情報端末7の一側面が載置可能な載置面17を備え、前方に張り出されてなる基板18と、前記基板18の後端の両側部から上方に延伸した一対の柱部19、19と、前記一対の柱部19、19の上端に橋渡されてなり、前記一対の柱部19、19の内部に組み込まれた付勢バネとの弾性的系合によって下方に向かって付勢押圧力を備え、前記載置面17の直上において前記一側面に対向するカメラ機能付き情報端末7の他側面に当接して固定可能な当接部20が設けられてなる棒体状の押さえ部21とを有する。この保持部材12の付勢バネによる弾性的系合によって、図1に示すように横幅の異なる様々な種類のカメラ機能付き携帯情報端末7を保持部材12に保持できる。
【0020】
棒体部3は、図3に示すように内部が空洞になった数本の金属棒22を連結させてなる継管群からなる。本考案に係る撮影補助具の使用時には、図4に示すように棒体部3が自在に伸びた状態で使用する。また、未使用時には図1に示すように前記棒体部3を収縮させて持ち運びやすい形状をとる。
【0021】
電気コード6は、図3に示すように持ち手部2に設置されたスイッチ5を基端とし、持ち手部2の側面23に固着されてなり、持ち手部の基端24を介し、棒体部3の内部を挿通する。棒体部3の内部に挿通された電気コード6は、螺旋状に形成され、棒体部3の伸縮に合わせて伸び縮みすることを特徴とする。前記電気コード6は、棒体部3の先端に設けられた溝25を通り引き出されてなる。引き出された電気コード6の先端には、プラグ9が接続され、図4に示すようにカメラ機能付き携帯情報端末のイヤホンジャック8に接続することで使用する。
【0022】
以上のように構成された撮影補助具1によれば、カメラ機能付き携帯情報端末7を用いて撮影者自身を撮影する際、棒体部3の伸縮と持ち手部2のスイッチ5を利用することで、ある程度離れた距離からの遠隔撮影が可能となり、より便利で美観に優れた自分撮りができる。
【0023】
1.撮影補助具
2.持ち手部
3.棒体部
4.カメラ機能付き携帯情報端末保持部
5.スイッチ
6.電気コード
7.カメラ機能付き携帯情報端末
8.イヤホンジャック
9.プラグ
10.角度調整用部材
11.角度調整用取付部材
12.保持部材
13.つまみ
14.固定ネジ部
15.ネジ穴
16.角度調整用スイッチ
17.載置面
18.基板
19.柱部
20.当接部
21.押さえ部
22.金属棒
23.持ち手部の側面
24.持ち手部の基端
25.棒体部の先端に設けられた溝


(57)【要約】

【課題】イヤホンジャックを用いた遠隔撮影を可能とする自分撮りに適した撮影補助具を提供する。【解決手段】撮影補助具1は、伸縮可能な棒体部3と、棒体部3の基端に設けられた持ち手部2と、カメラ機能付き携帯情報端末保持部からなり、持ち手部に設置されたスイッチ5を押すことで、棒体部3の内部を挿通し、先端に引き出されてなる電気コード6を介してカメラ機能付き携帯情報端末のイヤホンジャックに接続されたプラグ9との電気的信号により、離れた位置からの自分撮りが可能となる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):