(54)【考案の名称】ブックカバーを備えたクリアファイル

(73)【実用新案権者】三和綜合印刷株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、クリアファイルに関するものである。より詳しくは、1枚のプラスチックシートを用い二つ折り加工後、左右の開いた箇所を溶着加工することにより袋状に仕上げ、残りの一辺から内容物の出し入れが出来るクリアファイルであり、ミシン目部分を切り取ることによりブックカバーとしても使用できるものである。

【従来の技術】

【0002】
従来のクリアファイルは資料の保管として使用した後、ケースの一部を切り取ってブックカバーになる物は無かった。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
従来のクリアファイルは一つの使用用途しか持たず使わなくなると廃棄処分することが多く資源の無駄になるという問題があった。
【0004】
従来のクリアファイルは四辺のうち交わる二辺は塞がっているが、残りの二辺は空いている為、中に入れる内容物が抜け落ちる可能性があった。
【0005】
従来のクリアファイルであれば会社名等を印刷して宣伝広告として使用できたが、用途を果たすと捨てられてしまい、その宣伝効果も無くなると言う問題があった。

【効果】

【0009】
本考案はクリアファイルとして使用した後、ミシン目に沿って切り取り、書籍にセットすることによりブックカバーとして使用出来るため、捨てられること無く長期に渡り宣伝効果も期待できる。
【0010】
本考案はクリアファイルの三辺を塞ぐ事により内容物が抜け落ちる可能性を抑えられる。
【図面の簡単な説明】
【0011】
【図1】本考案の表面
【図2】本考案の裏面
【図3】本考案の展開図
【図4】本考案の裏面(ミシン目を切り離した状態)

【0012】
以下、本考案の形態を図に基づいて説明する。
【0013】
(図3)は型抜きされた1枚のプラスチックシートである。プラスチックシート(図3)の(C)辺を谷折りにして(A)辺と(E)辺が重なる様に折り、(図2)の(B)辺と(D)辺を溶着加工することにより3辺が塞がる内容物が抜け落ちる可能性が抑えられるクリアファイルが出来る。クリアファイルで使用した後は、(図1)のミシン目(3)、(図2)の(5)、(6)、(8)を切り離しブックカバーとして二次使用が出来る。
【0014】
また、(図2)にある(4)はミシン目から切り離すと栞(7)になり読書の途中で使用する事が出来る。
【0015】
1.表面
2.裏面
3.ミシン目
4.ミシン目
5.ミシン目
6.ミシン目
7.栞
8.ミシン目

(57)【要約】

【課題】クリアファイルで使用した後、二次加工でブックカバーとしても使用できるクリアファイルを提供する。【解決手段】プラスチック製のシートを2つに折り、表面と裏面2を形成し、側辺に溶着加工を施す事により袋を形成したクリアファイルにおいて、表面には表面の上辺に沿った位置にミシン目を形成するとともに、裏面2には中央部分を切り離すためのミシン目を形成することにより、ミシン目5、6、8に沿って表面の上辺と裏面2の中央部分を切り離すことで、ブックカバーとしての使用を可能とした。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):