(54)【考案の名称】浴室装飾用シート

(73)【実用新案権者】有限会社根本商会

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、利用者の求めに応じて絵画や写真を印刷したシートを、浴室の壁面に自由に張り替え可能な状態で貼り付ける浴室装飾用シートに関する。

【従来の技術】

【0002】
浴室の壁の色や模様を利用者の好むものにするために、耐水性の壁紙が開発されている(特許文献1)。また、浴室の壁に絵画等を飾る要求もあり、これに応えるために、額を浴室の壁に固定する技術も知られている(特許文献2)。
【0003】

【効果】

【0011】
任意の絵画や写真を印刷して、任意の形状にすることができ、容易に剥離可能な状態で貼り付けることができる。
【図面の簡単な説明】
【0012】
【図1】実施例1の浴室装飾用シートを示す斜視図である。
【図2】浴室装飾用シートの変形例の部分斜視図である。
【図3】浴室装飾用シートの変形例の分解斜視図である。
【図4】浴室装飾用シートの別の変形例の正面図である。

【0013】
以下、本考案の実施の形態を実施例毎に詳細に説明する。
【0014】
図1は実施例1の浴室装飾用シートを示す斜視図である。
図に示した浴室14の壁面16には、浴室装飾用シート12が貼り付けられている。この浴室装飾用シート12は、図の一点鎖線の円内に拡大図を示したように、ベースフィルム18と粘着剤22とセパレータ24とを積層した構造をしている。ベースフィルム18は、表面に絵画または写真を印刷したプラスチックシートで、例えば、塩化ビニル樹脂系のものである。ベースフィルム18の厚みは数十ミクロン程度でも良いが、厚みが500μ〜1mm程度、あるいはそれ以上のものが皺が寄り難い。
【0015】
ベースフィルム18の裏面には、粘着剤22が塗布されている。この粘着剤22は、ベースフィルム18を浴室14の壁面16に密着させて、かつ、剥離可能な状態で隙間なく固定する機能を持つ。例えば、一般の剥離容易な粘着シートに多用されているアクリル系の粘着剤が好ましい。なお、粘着剤22は、ベースフィルム18を浴室14の壁に固定するときまで、セパレータ24で覆って保護されている。
【0016】
本考案の浴室装飾用シート12は、引用文献1に記載されたような壁紙とは異なり、利用者がその好みに応じて準備した絵画や写真を印刷したものである。サイズや形状は任意である。いつでも貼り付けたり引き剥がしたりして、楽しむことができる構造のものである。
【0017】
この浴室装飾用シート12は、浴室14の壁面16または天井面の一部に貼り付けられる。温泉等の大浴場の場合でも、平坦な壁面があれば、そこに貼り付けられる。例えば、全体が均一な1ミリメートル〜5ミリメートル程度の厚みを有するものであれば、浴室装飾用シート12全体の剛性が高くなり、皺を生じさせず、容易に壁面に貼り付けできる。しかし、厚みがこの範囲を越えると、周辺部に結露が生じてカビ発生の原因になる。できるだけ、壁面の平坦さを損なわないものであることが好ましい。
【0018】
上記ベースフィルム18と印刷インクと粘着剤22とは、いずれも、少なくとも摂氏100度の温度で変質しない耐水性と耐熱性を有することが好ましい。シャワーのお湯がかかった場でも、変形しない強度が必要なためである。また、ベースフィルム18には、例えば、撥水性のコーティングがほどこされていることが好ましい。撥水性のコーティングとしては、例えば、シリコン系の樹脂や光触媒として知られている酸化チタン系の樹脂が好ましい。この撥水性のコーティングにより曇り止めや防カビ効果が期待できる。
【0019】
上記粘着剤22は、浴室14の壁から上記ベースフィルム18を引き剥がすときの力でベースフィルム18が破損しない程度の粘着力を有することが好ましい。できるだけ容易に交換ができることと、引き剥がした浴室装飾用シート12を再使用できるように再びセパレータ24を貼り付けて保管しておけるようにするためである。
【0020】
以上の構造を採用することにより、利用者の希望する絵画や写真をベースフィルム18印刷して、フリーサイズで浴室14に貼り付けることができる。しかも、容易に剥離可能な状態で貼り付けることができ、利用者の求めに応じて任意のタイミングで別のものに簡単に張り替えができる。全体が十分に薄く均一な厚みを有するので、結露しにくいという効果がある。さらに、貼り付けや引き剥がしも容易で取扱い易い。少なくとも摂氏100度の温度で変質しない耐水性と耐熱性を有するから、シャワーにより濡れても剥離したりすることがない。
【0021】
図2は、浴室装飾用シートの変形例の部分斜視図である。
図は、浴室装飾用シート12の一部を粘着剤22の側から見た状態を示す。図のように、ベースフィルム18には、引き剥がし用のフリーコーナー26が設けられている。フリーコーナー26というのは、引き剥がし作業のときに最初に手で掴む部分のことである。このフリーコーナー26には、浴室14の壁面16との間に粘着剤22を介在させない非着領域28が設けられている。このフリーコーナー26が、例えば、浴室装飾用シート12の一番下の隅にあれば、ここを掴んで、浴室装飾用シート12を簡単に浴室14の壁面16から引き剥がすことができる。
【0022】
図3は、浴室装飾用シートの変形例の分解斜視図である。
この実施例では、絵画や写真20を印刷したベースフィルム18全体を覆うサイズの防水性の透明シート30を設けた。図面のベースフィルム18の周囲に記入した破線のようなサイズが好ましい。この透明シート30の周辺部には、壁面に透明シート30を固定するための粘着剤22が塗布されている。防水性の透明シート30でベースフィルム18全体を覆うので、ベースフイルム18や印刷インクに高度な耐水性を要求されないという効果がある。この透明シート30が防カビ剤を含む撥水性のシートであることが好ましい。
【0023】
以上説明した浴室装飾用シート12は、一般家庭の浴室や温泉の広い浴場等の平坦な壁に自由に貼り付けたり剥がしたりして、インテリア的な使い方ができる。しかも、平坦な壁面に大きな凹凸を生じさせないので、浴室の清掃が容易で、カビを生じさせ難いという効果がある。
【0024】
図4は浴室装飾用シートの変形例の正面図である。
ベースフィルム18の形状やサイズは任意である。図1に示したように、壁全面に貼ったりその一部に貼ったりすることができる。円径でも三角形でも構わない。オーダーによって絵や写真を印刷して、利用者の希望する場所に貼り付けることができる。例えば、図4のように、季節毎に好みの絵を貼り付けて浴室の雰囲気を変えることができる。また、例えば、(b)に示すように絵を印刷したシートに、絵の輪郭線に沿った切り取り線32を当初から印刷しておいて、利用者はその切り取り線に沿ってシートを切断する。切り取った絵は、浴室の壁のどの場所にも自由な向きで貼り付けることができる。複数の図形を自由な配置で組み合わせて貼り付けて楽しむこともできる。
【0025】
12 浴室装飾用シート
14 浴室
16 壁面
18 ベースフィルム
20 絵画や写真
22 粘着剤
24 セパレータ
26 フリーコーナー
28 非着領域
30 透明フィルム
32 切り取り線

(57)【要約】

【課題】耐水性、耐熱性、剥離容易性を備えた、フリーサイズで任意の模様を印刷した浴室装飾用シートを提供する。【解決手段】絵画または写真を印刷したベースフィルム18と、このベースフィルム18を浴室14の壁面16に密着させて、かつ、剥離可能な状態で隙間なく固定する粘着剤22と、浴室14の壁に固定するときまで、粘着剤22を保護するセパレータ24とを備える。全体が均一な5ミリメートル以下の厚みを有する。ベースフィルム18と印刷インクと粘着剤22とは、いずれも、少なくとも摂氏100度の温度で変質しない耐水性と耐熱性を有する。粘着剤22は、浴室14の壁から上記ベースフィルム18を引き剥がすときの力でベースフィルム18が破損しない程度の粘着力を有する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):