(54)【考案の名称】人形メッセージカード

(73)【実用新案権者】株式会社大和パッケージ

(73)【実用新案権者】学校法人近畿大学

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、メッセージを伝えるメッセージカードに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
人にメッセージを伝える手段の中で、付箋等のカード型の紙媒体に要件を記入して貼り付けるタイプのものが実用に供されている。従来のものは、文字のみで意思を伝えるのみであった。しかし、文字のみでは十分に意思が伝わらないことがあるという欠点があった。
【0003】
自らの事を相手にアピールするという観点では、特許文献1の考案が知られている。この考案は、一見すると普通の名刺だが、持ち主の写真若しくはキャラクター化された人物像が描かれている。さらに人物像が描かれた部分にはミシン目が入れられており、ミシン目に沿って切れ目を入れ、山谷に折り曲げることで、人物像の部分だけを立てることができるというものである。
【0004】

【効果】

【0008】
本考案のメッセージカードは、自由に折り曲げ可能な素材を使用することにより、書き込んだメッセージに加え、人間の心情を表現することができるので、メッセージを受け取った者に直感的に意思を伝達できるという利点がある。
【図面の簡単な説明】
【0009】
【図1】図1は加工前の正面から見た形状である。
【図2】図2は、加工前の側面から見た形状である。
【図3】図3は、加工例の正面から見た形状である。
【図4】図4は、加工例の斜視図である。

【0010】
本考案に係る人形メッセージカードは、折り曲げ可能な素材を人形に打ち抜いて作成されたものである。折り曲げ可能な素材としては、紙、プラスチック、薄い金属といったものが利用できる。鉛筆、ボールペンといった一般に用いられる筆記用具で表面に文字や絵を記載可能な表面状態であるのが望ましい。メッセージが記載されるからである。また、人形メッセージカードは、折り曲げてその状態を保持されることが必要である。折り曲げても、時間の経過とともに元の形状に戻ってしまったのでは、メッセージを伝える際にメッセージの発信者が意図した形になっていないからである。
【0011】
図1に人形メッセージカードの正面図を示す。図2は側面図である。図1及び2を参照して、人形メセージカード1には、頭部2と、胴部3と、腕部4と、脚部5が含まれる。腕部4と脚部5は2本ずつ別々にあるのが望ましい。一対の腕部4及び脚部5を折り曲げることで、人間の典型的な動作を表現しやすくなるからである。頭部2は、もっとも単純な形状である円形である。円形は、顔のパーツなどを書き込むことで、多様な表情を表しやすいので好ましい。ただし、他の形状であってもよい。
【0012】
胴部3は、メッセージの本体を記載するので、広い面積を確保できるのがよい。したがって、いわゆる寸胴型が好適に利用できる。
【0013】
腕部4は、メッセージが記載される部分ではないが、発信者の感情を表現するのには重要な部分である。しかし、メッセージカードは、短時間で作成されるものなので、手などの細かい部分はなくてもよい。手の部分を加工するのには、時間が必要となり、短い時間で相手へのメッセージを作成できなくなるからである。
【0014】
脚部5も、メッセージを記載するというよりも、発信者の感情を表現するのに重要な役割を担う部分となる。しかし、足の甲といった、細かい部分はなくてもよい。以上のように、人形メッセージカードは、起立状態の人形をしている。
【0015】
また、図2からわかるように、人形メッセージカード1は、全体にわたって厚みは一定な平面状である。したがって、複数枚の人形メッセージカード1を重ねて取り扱うことができる。

【0016】
図3に具体的な使用の一例を示す。図4は、図3の斜視図である。図3を参照して、この人形メセージカードは、両方の腕部4を肘付近から内側方向に、先端がちょうど胸のあたりで当接するように折り曲げ、脚部5は両足とも膝の付近で後方へ折り曲げた状態にしている。
【0017】
このポーズは、通常真剣な気持ちを表すポーズとして受け止められる場合が多く、胴部3に何かの要求を記載しておくことで、発信者の要求に秘めたる真剣な気持ちをポーズであらわすことができる。
【0018】
人形メッセージカードは、この例の他、喜怒哀楽や驚き、焦りといった感情までポーズとしいて表すことができる。
【産業上の利用可能性】
【0019】
人形メッセージカードは、メッセージの伝達だけではなく、医療関係のリハビリにも利用できる。
【0020】
1 人形メッセージカード
2 頭部
3 胴部
4 腕部
5 脚部



(57)【要約】

【課題】手書きしたメッセージだけではなく伝えたい心情を表現することが可能となるメッセージカードを提供する。【解決手段】メッセージカードは、頭部2と胴部3と腕部4と脚部5を備えた折り曲げ可能な平面状の人形メッセージカード1である。自由に折り曲げ可能な素材を使用することにより、書き込んだメッセージに加え、人間の心情を表現することができるので、メッセージを受け取った者に直感的に意思を伝達できるという利点がある。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):