(54)【考案の名称】蓄電池装置

(73)【実用新案権者】トヤマキカイ株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図7

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、カメラを備える蓄電池装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
近年においては、太陽光や風力などの自然エネルギーを利用して発電し、当該発電した電力を蓄電池に蓄電することがいろいろ考えられている。
【0003】
例えば公民館やイベント会場などのような場所では、電源を必要とする場合があり、そのような場合に前記蓄電池に蓄えた電力を有効利用することが考えられる。
【0004】
本願考案者は、前記蓄電池に蓄えている電力をさらに何か他の事に有効利用できないかを検討したところ、前記蓄電池の筐体にカメラなどの撮影手段を設置して、例えば前記公民館やイベント会場などでの人の動きを監視することを考えた。
【0005】
このような技術思想は、例えば特許文献1に提示されている。この特許文献1の場合には、前記撮影手段の使用時間が長引くと、前記蓄電池の容量が不足することが考えられる。これに対しては、例えば特許文献2に示されているように、前記撮影手段を備えていないが、設計段階において前記蓄電池の筐体に対する蓄電池の設置数を可及的に多くしていることが記載されている。
【0006】

【効果】

【0015】
本考案に係る蓄電池装置は、従来例のように設計段階での筐体の外形大型化、ならびに重量増大を回避しながら、状況に応じて蓄電容量を増加可能にして前記カメラの使用時間を可及的に長くすることが可能になる。
【図面の簡単な説明】
【0016】
【図1】本考案に係る蓄電池装置の一実施形態を示す正面図である。
【図2】図1の蓄電池装置の側面図である。
【図3】図2の蓄電池装置の上面図である。
【図4】図1から図3の蓄電池装置の斜視図である。
【図5】図4において蓄電池ユニットと制御ユニットとを分離した状態を示す斜視図である。
【図6】図1の蓄電池装置において新たな蓄電池ユニットを増設した状態を示す正面図である。
【図7】図6において既存の蓄電池ユニットと制御ユニットと新たな蓄電池ユニットとを分離した状態を示す斜視図である。

【0017】
以下、本考案を実施するための最良の実施形態について添付図面を参照して詳細に説明する。
【0018】
図1から図7に、本考案の一実施形態を示している。図中、1は蓄電池装置の全体を示している。この蓄電池装置1は、蓄電池ユニット2の上側に制御ユニット3を積層した構成である。
【0019】
蓄電池ユニット2は、例えば不図示の太陽電池パネルなどの電力発生源で発生した電力を調整(昇圧)後に蓄えるものである。この蓄電池ユニット2は、金属製または合成樹脂製の扁平な箱型の筐体2aの内部に、不図示のリン酸鉄リチウムイオン電池などを収納した構成になっている。なお、前記リン酸鉄リチウムイオン電池は、カーボンを混入して加熱抑制を図る構成になっている。
【0020】
そして、蓄電池ユニット2の筐体21の側面には、前記電力発生源からの電力入力端子が接続される入力端子22、ならびに商用電源からの交流電源(AC100V)を蓄電池ユニット2に充電するためのAC入力端子23などが設置されている。この筐体21の側面には、入力端子22およびAC入力端子23を隠蔽または露呈するための開閉蓋24が設けられている。
【0021】
また、蓄電池ユニット2の筐体21の底面には、4つの車輪61を備える台車6が着脱可能に取り付けられており、蓄電池装置1を簡易に移動させることが可能になっている。
【0022】
制御ユニット3は、前記電力発生源としての太陽電池パネルで発生する電力(DC1.5V)を調整(昇圧)して蓄電池ユニット2に蓄積する充電処理、蓄電池ユニット2に蓄積している電力を家庭用交流電源(AC100V)に変換して出力する給電処理などを実行するものである。
【0023】
この制御ユニット3は、金属製または合成樹脂製の扁平な箱型の筐体31の内部に、不図示の各種電子部品を実装した基盤を収納した構成になっている。
【0024】
前記電子部品としては、予め各種の実行プログラムが記憶されたROM(Read Only Memory)、当該ROMに予め記憶された各種の実行プログラムにより各ハードウエアの動作を制御するためのCPU(Central Processing Unit)、下記モニタ4に対する蓄電量などの表示情報を適宜更新しながら記憶するRAM(Random Access Memory)、前記太陽電池パネルで発生する電力(DC1.5V)を例えばDC12Vに調整(昇圧)する昇圧回路、当該DC12Vを家庭用交流電源(AC100V)に変換するためのDC-AC変換器、携帯電話やパーソナルコンピュータなどの外部通信手段と無線LANなどを介した通信を行うための通信手段などが挙げられる。
【0025】
そして、制御ユニット3の筐体31の上面には、例えば蓄電量、電力使用量、現在日時などの情報(文字、記号、映像)を表示するためのモニタ4が設置されている。このモニタ4は、例えば公知のタッチパネルなどとされていて、前記情報を表示するとともに、表示される情報を指先でタッチすることにより前記情報の表示を指定することが可能になっている。
【0026】
また、制御ユニット3の筐体31の側面には、AC出力端子としてのコンセント32が設けられている。このコンセント32は、前記DC-AC変換器により変換された家庭用交流電源(AC100V)を出力するためのものである。この筐体31の側面には、コンセント32を隠蔽または露呈するための開閉蓋33が設けられている。
【0027】
さらに、制御ユニット3の筐体31の前面および後面には、蓄電池装置1の周囲を撮影することを可能とするためのカメラ(撮影手段)5A,5Bが設置されている。このように、筐体31の前後にカメラ5A,5Bを設置していれば、例えばイベント会場などで入出通路に配置すれば、入る人と出る人とを監視することが可能になるなど、管理を行ううえで便利になる。
【0028】
上記したように制御ユニット3に前記通信手段を装備しているので、例えば蓄電池装置1から離れた遠隔地において前記外部通信手段を操作することにより蓄電池装置1の充電処理および給電処理、カメラ5A,5Bによる撮影処理などを制御することができる。
【0029】
ところで、上記蓄電池ユニット2と制御ユニット3は、分離可能に連結されている。具体的に、図5に示されているように、蓄電池ユニット2の上面には、位置決め用の棒状の凸部25と、メスコネクタ26とが設けられており、また、制御ユニット3の下面には、前記凸部25が嵌合される溝状の凹部34と、前記メスコネクタ26が結合されるオスコネクタ35とが設けられている。
【0030】
つまり、蓄電池ユニット2の凸部25と制御ユニット3の凹部34とを嵌合すると、それに伴いメスコネクタ26とオスコネクタ35とが位置決めされた状態になって結合されるようになっている。このように、蓄電池ユニット2と制御ユニット3とを比較的簡単に機械的かつ電気的に連結できるようになっている。
【0031】
そして、上記した蓄電池装置1では、従来例のように蓄電容量が設計段階で固定されておらずに、1つの蓄電池ユニット2を備える構成を基本として、要求される蓄電容量に応じて前記蓄電池ユニット2と同一外形でかつ同一仕様(あるいは充電容量が相違する仕様)の新たな蓄電池ユニット2Aを1つ、2つ、あるいはそれ以上増設できるように構成されている。
【0032】
この実施形態では、図6に示すように、既設の蓄電池ユニット2と制御ユニット3との間に、新たな蓄電池ユニット2Aを増設できるように構成されている。
【0033】
具体的に、図7に示すように、新たな蓄電池ユニット2Aの上面には、位置決め用の棒状の凸部25と、メスコネクタ26とが設けられており、新たな蓄電池ユニット2Aの下面には、前記凸部25が嵌合される溝状の凹部27と、前記メスコネクタ26が結合されるオスコネクタ28とが設けられている。
【0034】
ここで、新たな蓄電池ユニット2Aを増設するには、既設の蓄電池ユニット2と制御ユニット3とを分離しておいて、既設の蓄電池ユニット2の上に新たな蓄電池ユニット2Aを搭載して既設の蓄電池ユニット2の凸部25に新たな蓄電池ユニット2Aの凹部27を嵌合すれば、既設の蓄電池ユニット2のメスコネクタ26に新たな蓄電池ユニット2Aのオスコネクタ28を位置決めした状態で結合することができる。
【0035】
この後、新たな蓄電池ユニット2Aの上に制御ユニット3を搭載して新たな蓄電池ユニット2Aの凸部25に制御ユニット3の凹部34を嵌合すれば、新たな蓄電池ユニット2Aのメスコネクタ26に制御ユニット3のオスコネクタ35を位置決めした状態で結合することができる。
【0036】
以上説明したように、本考案を適用した実施形態に係る蓄電池装置1では、従来例のように設計段階での筐体の外形大型化、ならびに重量増大を回避しながら、状況に応じて蓄電容量を増加可能にしてカメラ5A,5Bの使用時間を可及的に長くすることが可能になる。
【0037】
なお、本考案は、上記実施形態のみに限定されるものではなく、実用新案登録請求の範囲内および当該範囲と均等の範囲内で適宜に変更することが可能である。
【0038】
(1)上記実施形態では、制御ユニット3の筐体31の前面および後面にそれぞれカメラ5A,5Bを設置した例を挙げているが、本考案はこれのみに限定されるものではなく、その設置場所は特に限定されるものではない。
【0039】
(2)上記実施形態では、既設の蓄電池ユニット2と制御ユニット3との間に新たな蓄電池ユニット2Aを増設する例を挙げているが、本考案はこれのみに限定されるものではなく、例えば既設の蓄電池ユニット2の下側に新たな蓄電池ユニット2Aを増設することも可能である。その場合には、既設の蓄電池ユニット2から台車6を取り外して、この台車10を新たな蓄電池ユニット2Aの下面に取り付ければよい。
【産業上の利用可能性】
【0040】
本考案は、カメラを備える蓄電池装置に好適に利用することが可能である。
【0041】
1 蓄電池装置
2 既設の蓄電池ユニット
2A 増設用の新たな蓄電池ユニット
21 筐体
22 入力端子
23 AC入力端子
24 開閉蓋
25 凸部
26 メスコネクタ
27 凹部
28 オスコネクタ
3 制御ユニット
31 筐体
32 コンセント
33 開閉蓋
34 凹部
35 オスコネクタ
4 モニタ
5A 前側のカメラ
5B 後側のカメラ
6 台車
61 車輪

(57)【要約】

【課題】カメラを備える蓄電池装置において、従来例のように設計段階での筐体の外形大型化、ならびに重量増大を回避しながら、状況に応じて蓄電容量を増加可能にしてカメラの使用時間を可及的に長くできる蓄電池装置を提供する。【解決手段】蓄電池ユニット2と制御ユニット3とが分離可能に連結されている。制御ユニット3の筐体には、その周囲を撮影するためのカメラ5Aが設置されている。蓄電池ユニット2は、それと同一外形の新たな蓄電池ユニット2Aが機械的かつ電気的に連結されるように構成されている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):