(54)【考案の名称】髪のカール用器具

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図4

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、髪のカール用器具に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、髪をカールする場合には、熱源を得るためコンセントに差し込んだ電気器具を用い、毛髪をローラーで何度も巻いてカール状に形成したものが存在していた。例えば、特許文献1のように。
【0003】
特開平9−262119号公報
【0004】
しかしながら、該器具をコンセントを差し込んだ状態で髪をカール状に何度も巻き、髪全体に順次この作業を繰り返して行なうことはかなりの時間を要し、その作業は煩雑であり、その間、他の作業をしようとしてもコンセントに差し込んだ電気コードの範囲内しか移動できず、不便であった。
【考案が解決しようとする課題】
【0005】
そこで、この考案の課題は、髪をカールする際に、多少、多い目の髪であっても簡単な構造のカール器具により確実にセットすることができ、しかも、素早くセットできる便利な髪のカール用器具を開発・提供することにある。

【効果】

【0007】
この考案によると、カール前の髪(X)の束が多くても容易にカール出来、髪(X)の中途から毛先だけのカールでなく、必要であれば毛の根元に向かう髪にもカールもできるという極めて有益なる効果を奏するものである。
【0008】
また、巻付軸本体(1)の形状を図6に示すようにテーパ状の巻付軸本体に変更することにより、髪(X)の毛先側に徐々に太くカールすることができ、カールの変化を楽しむことができ、極めて便利である等の効果も有する。
【図面の簡単な説明】
【0009】
【図1】この考案に使用する巻付軸本体の一実施例を示し、(A)は、平面図であり、(B)は、正面図である。
【図2】この考案に使用する一方のケーシングの一方の一実施例を示し、(A)は、平面図であり、(B)は正面図であり、(C)は、左側面図であり、(D)は、右側面図である。
【図3】この考案に使用する他方のケーシングの一実施例を示し、(A)は、平面図であり、(B)は正面視断面図であり、(C)は、右側面図である。
【図4】この考案の使用状態の一施例を示す斜視図である。
【図5】この考案に使用状態の説明図である。
【図6】この考案に使用する巻付軸本体の他の実施例を示し、(A)は、斜視図であり、(B)は、面図であり、(C)は、左側面図であり、(D)は、右側面図である。

【0010】
以下、この考案について詳細に説明する。尚、この考案においては、以下の記述に限定されるものではなく、この考案の要旨を逸脱しない範囲においては適宜変更可能である。
【0011】
先ず、この考案の一実施例を図面に基づいて詳述すると、適宜な長さと太さを有し、髪(X)を巻き付ける巻付軸本体(1)を設け、前記巻付軸本体(1)の内部には発熱体(2)を設け、前記巻付軸本体(1)の長手方向の略中央部には、カール前の髪(X)の巻き込み口(3)を設け、前記巻き込み口(3)を中心とし、前記巻付軸本体(1)の一端部及び他端部に向けてそれぞれ螺旋の凸条(4)を設け、該凸条(4)間にはそれぞれ溝部(Y)を設けている。カール前の髪(X)は前記溝部(Y)内に順次強制的に案内されて巻かれカールされるものである。尚、巻付軸本体(1)はテーパ状でもよい。
【0012】
そして、前記巻付軸本体(1)には、外周を左右から覆う左ケーシング(5a)と右ケーシング(5b)を設けている。前記左ケーシング(5a)、前記右ケーシング(5b)のそれぞれ一端部には挿入穴を設けており、左ケーシング(5a)の挿入穴の内周には雌ネジ(7)を設け、前記巻付軸本体(1)の一端に設けた雄ネジ(6)と螺合するよう構成しているが、右ケーシング(5b)の挿入穴にはネジは設けていない。
【0013】
さらに、左ケーシング(5a)の他端部に設けた前記巻き込み口(3)には、巻き付けた髪(X)を、前記巻付軸本体(1)の前記溝部(Y)内に順次案内するガイド穴(8)を設けており、該穴には、開閉自在のスライド蓋(8a)が設けられている。
【0014】
また、右ケーシング(5b)には、巻き込んだ髪(X)を係止する切欠部(Z)を設け、且つ、右ケーシング(5b)の外部には、前記巻付軸本体(1)の軸方向と同軸方向にクリップ(9)を設けたものである。
【0015】
尚、前記巻付軸本体(1)の太さは、15cm程度であり、内部に発熱体(2)を内蔵している。また、前記巻付軸本体(1)の長さは、前記巻き込み口(3)を中心に、それぞれ左方向右に髪(X)が2回転、あるいは2回転半する程度の長さである。
【0016】
そして、この考案の使用方法を説明すると、
〔1〕 先ず、前記巻付軸本体(1)の前記巻き込み口(3)に、カール前の髪(X)であって、生え際と毛先との中間部に位置する髪(X)を束ねて当てがう。
〔2〕 そして、この束ねた髪(X)部分を、巻付軸本体(1)に1回ほど巻き回し、毛先方向の残余の髪は、前記左ケーシング(5a)側の前記螺旋の凸条(4)で構成する溝部(Y)に入れる。
〔3〕 次に、前記左ケーシング(5a)を、前記巻付軸本体(1)の前記巻き込み口(3)に向けて移動させて、前記巻き込み口(3)に位置する髪(X)を、前記左ケーシング(5a)の前記ガイド穴(8)内に一時収納する。
〔4〕 次に、前記左ケーシング(5a)を、図5に示す矢印方向、即ち,反時計方向に回転させることにより、カール前の髪(X)であって、毛先に向かう髪(X)は、前記螺旋の凸条(4)で形成された溝部(Y)内に案内されながらカールされるものである。
〔5〕 そして、前記左ケーシング(5a)が回転し、前記ケーシングの雌ネジ(7)が前記巻付軸本体(1)の末端に形成した雄ネジ(6)との螺合状態がし終わり、毛先に向かう髪(X)のカールがし終わる。
〔6〕 すると、螺合し終わった際には、前記左ケーシング(5a)と前記巻付軸本体(1)とは、一体に回転しはじめ、毛先に向かう髪(X)の生え際に向かう残余の髪をカールする。
〔7〕 そして、前記ケーシング(5b)が毛の生え際まで近づくと、前記ケーシング(5b)に形成した切欠部(Z)に髪(X)を挟むと共に、クリップ(9)でも固定するものである。
【0017】
以上のように、この考案は、一例を述べると、1人分で6個使用するものであり、その内訳は、前髪には、左・右で1個づつ使用し、後髪には、上・下で2個づつ計4個用いて使用し、合計6個のカール用器具を使用するものである。
【産業上の利用可能性】
【0018】
この考案の髪のカール用器具の技術を確立し、実施することにより、産業上利用できるものである。
【0019】
1 巻付軸本体
2 発熱体
3 巻き込み口
4 螺旋の凸条
5a 左ケーシング
5b 右ケーシング
6 雄ネジ
7 雌ネジ
8 ガイド穴
8a 蓋
9 クリップ
X 髪
Y 溝部
Z 切欠部

(57)【要約】

【課題】髪をカールする際に、多目の髪でも簡単な構造のカール器具により確実にセットすることができ、素早くセットできる便利な髪のカール用器具を提供する。【解決手段】髪を巻き付ける巻付軸本体1を設け、本体の内部には発熱体2と、本体の略中央部には、巻き込み口3を設ける。巻き込み口を中心とし、巻付軸本体の両端部に向けて螺旋の凸条4を設け、凸条間にはそれぞれ溝部を設ける。巻き込み口の左・右に、それぞれケーシング5a,5bを設け、左ケーシングの末端には、雄ネジ6と、左ケーシングの末端部には、雄ネジと螺合する雌ネジ7を設け、左ケーシングの先端部には、巻付軸本体に巻き付けた髪を、溝部内にガイドする蓋付きガイド穴8を設ける。右ケーシング側には、巻き込んだ髪を係止する切欠部Zを設け、且つ、巻付軸本体の軸方向と同軸方向にクリップ9を設けたことを特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):