(54)【考案の名称】往復はがき

(73)【実用新案権者】株式会社丸八平野紙店

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、往復はがきに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
はがきには、往信部の長辺と返信部の長辺とを連続させた往復はがきがある。往復はがきは、往信時に往信部の宛名面が表に出るように二つに折って送信し、返信時に返信部のみを送信するものである。特許文献1には、発信用葉書部と返信用葉書部とに、再使用可能な宛名シートの貼着部を設けた往復はがきが開示されている。
【0003】

【効果】

【0006】
本考案によれば、往信部と返信部との間にミシン目を形成したことから、ミシン目に沿って手で切り離すことで切断用具を用いずに往信部と返信部とを容易に切り離すことができる。
【図面の簡単な説明】
【0007】
【図1】本実施形態の往復はがきを示す図である。
【図2】往復はがきにミシン目を形成する方法を示す図である。

【0008】
以下、本考案に係る実施形態の往復はがきについて図面を参照して説明する。
図1は、本実施形態の往復はがき10を示す図である。
往復はがき10は、往信部11と返信部12とを有し、長方形の紙で構成される。往復部11および返信部12は、それぞれ長辺14.8cm、短辺10cmの長方形であり、往復部11および返信部12の長辺同士で連続している。図1は、往信部11の裏面(情報を記載する面)と、返信部12の表面(宛先を記載する面)とが表れる一方側紙面10aである。一方、図示を省略するが、図1の反対側の面は、往信部11の表面と、返信部12の裏面とが表れる他方側紙面10bである。
【0009】
本実施形態の往復はがき10は、往復はがき10を二分する位置に直線状のミシン目20が形成される。具体的には、往復部11と返信部12との間(境界)にミシン目20が形成される。
【0010】
本実施形態のミシン目20は、溝21が間隔を空けて連続して直線状に形成される。このような溝21によって、ミシン目20は点線状に形成される。また、ミシン目20は、点線状に限られず、一点鎖線あるいは二点鎖線等、種々の形態を採用することができる。
図2は、往復はがき10にミシン目20を形成する方法の一例を示す図である。ここでは、図示しないミシン目加工機のカッター30が他方側紙面10b側から往復はがき10に当接しながら回転することで、ミシン目20が形成される。
【0011】
次に、本実施形態の往復はがき10の作用について説明する。
まず、発信者は、往復はがき10の往信部11の表面および裏面と、必要に応じて返信部12の表面および裏面とに記入したり印字したりする。その後、発信者は、往信部11の表面が露出し、返信部12の表面が内側に隠れるように往復はがき10を折り曲げる。このとき、発信者は、ミシン目20に沿って折り曲げることで、往復はがき10を二分する位置で容易に折り曲げることができる。その後、発信者は、折り曲げた往復はがき10を投函する。
【0012】
次に、往復はがき10を受信した返信者は、必要に応じて返信部12の表面および裏面に記入したり印字したりする。その後、返信者は、往信部11と返信部12とを切り離す。このとき、返信者は、ミシン目20に沿って切り離すことで、切断用具を用いずに手で簡単に往信部11と返信部12とを切り離すことができる。その後、返信者は、切り離した返信部12を投函する。
【0013】
このように、本実施形態によれば、往信部11と返信部12との間にミシン目20を形成したことから、ミシン目20に沿って切り離すことで切断用具を用いずに容易に往信部11と返信部12とを切り離すことができる。
【0014】
なお、ミシン目20の長さに占める溝21の合計長さが長すぎると、郵送の最中に往信部11と返信部12とが切り離されてしまう虞がある。一方、ミシン目20に占める溝21の合計長さが短すぎると逆に返信者が手で切り離すことが困難になってしまう虞がある。したがって、ミシン目20の長さに占める、溝21の合計長さと、溝21間の隙間の合計長さとの比率は、1:0.4〜1:0.6であることが好ましい。
【0015】
また、溝21は、往復はがき10を貫通してもよく、貫通しなくてもよい。溝21が貫通していない場合には、郵送の最中に往信部11と返信部12とが容易に切り離されてしまうことを防止することができる。
また、ミシン目20は、カッター30が他方側紙面10b側から往復はがき10に当接しながら回転することで、一方側紙面10aよりも他方側紙面10b側の溝21の幅寸法(溝方向と直交する方向)が大きくなり、往復はがき10を容易に折り曲げることができる。ただし、この場合に限られず、一方側紙面10a側からミシン目20を形成してもよい。
【0016】
以上、本考案を上述した実施形態により説明したが、本考案は上述した実施形態に限定されるものではなく、本考案の範囲内で変更等が可能である。
なお、返信者が容易に切り離せることが理解できるように、例えば「ミシン目で切った上で投函してください」等、ミシン目20に沿って容易に切り離すことができる旨の表記をしてもよい。
【0017】
10:往復はがき 11:往信部 12:返信部 20:ミシン目 21:溝21

(57)【要約】

【課題】返信する場合に切断用具を用いずに往信部と返信部とを切り離すことができる往復はがきを提供することを目的とする。【解決手段】往信部11と返信部12との間にミシン目20が形成されていることから、往信部11と返信部12とを容易に切り離すことができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):