(54)【考案の名称】RFタグラベル印刷システム及びRFラベル印刷システムキット

(73)【実用新案権者】有限会社コスモシステム

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、集積回路(IC)タグ並びにその読み取り装置及び書き込み装置に関し、特に、非接触にて読み取ることが可能なRF(電波方式、radio frequency)タグ及びその読み取り装置及び書き込み装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
現在、小売店舗における万引き防止などのセキュリティや流通途中における検品の目的のために、RFID(電波方式認識、radio frequency identification)技術により読み取り装置と接触することなく読み取られるRFタグが広く使用されている。RFタグはICタグの一種であり、一般にアンテナ、制御回路及びメモリが組み込まれた集積回路を紙製又はプラスチック製のラベルなどにより封印したものである。本明細書においては、ラベルにより封印されたRFタグをRFタグラベルと呼ぶ。RFタグラベルは剥離可能な粘着剤などにより台紙に固定されており、台紙に固定された状態においてラベル部分への印刷及びRFタグ部分へのデータ書き込みが行われ、その後台紙から取り外されて商品に貼付して使用される。
【0003】
RFタグの読み取り装置は一般にRFIDリーダと呼ばれ、またRFタグの書き込み装置は一般にRFIDライタと呼ばれる。RFIDリーダ及びRFIDライタはそれぞれ制御回路とアンテナを備えており、RFIDリーダ又はRFIDライタ内のアンテナがRFタグ内のアンテナと無線により通信することにより、RFタグ内の制御回路に読み出し又は書き込みのコマンドを送信して、RFタグ内のメモリ上のデータを読み取り又はRFタグ内のメモリ上にデータを書き込む。
【0004】
RFIDライタは一般に大型かつ高価な機器であり、RFタグの利用のために小規模な小売店が導入するには、設置スペース及び費用の面で困難である。そのため、チェーン店ではない単独の小規模な小売店ではRFタグの普及は未だに進んでおらず、セキュリティや検品の容易化のために省スペースかつ低価格なRFIDライタの登場が求められているのが現状である。

【効果】

【0011】
本考案によれば、既成のパーソナルコンピュータを中心としたRFIDリーダ・ライタとラベルプリンタを含む省スペースかつ低価格なRFタグラベル印刷システムが提供される。また、本考案のRFタグラベル印刷システムキットによれば、既成の汎用コンピュータとの組み合わせにより、省スペースかつ低価格なRFタグラベル印刷システムを構築することができる。これにより、小規模な小売店舗においても、設置スペースや費用の心配なくRFIDリーダ・ライタを導入してRFタグによるセキュリティシステムを利用することができる。

(57)【要約】

【課題】既成のパーソナルコンピュータとの組み合わせにおいて利用可能である省スペースかつ低価格なRFIDリーダ・ライタとラベルプリンタを利用することにより、小規模店舗におけるRFタグの利用を促進する。【解決手段】RFタグラベル印刷システム100は、専用インターフェース111とアプリケーションソフトウェアを備えた汎用コンピュータ110と、RFタグに書き込みを行うためのアンテナ121及び制御ボックス122を備えたRFIDライタ120と、ラベルを印刷するためのラベルプリンタ130を備えたRFタグラベル印刷システムであって、汎用コンピュータ110は、専用インターフェース111を介してRFIDライタ120に接続されており、汎用コンピュータ110がラベルプリンタ130にも接続されており、汎用コンピュータ110が、アプリケーションソフトウェアの作用によってRFIDライタ120及びラベルプリンタ130の動作を制御する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):