(54)【考案の名称】必受チラシ

(73)【実用新案権者】株式会社ドクター中松創研

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は必受チラシに関する。

【従来の技術】

【0002】
選挙等においては、ポスターに加えてチラシもよく利用される。チラシは候補者の顔、選挙公約とか履歴等が記載されており、演説会等で一般人に配られる。チラシはなるべく大きくしたいのであるが、選挙規定でA4とされている。
【0003】
A4の紙には、候補者の顔、選挙公約が記載されている。このチラシは、通りかかる通行人に配られる。通行人は、このチラシに記載されている内容を読んで、その候補者の人となりを知る。
【考案が解決しようとする課題】
【0004】
従来のチラシは、A4の大きさのものが選挙規定である。しかし、A4の紙は大きくてしかも薄いので、曲がり易く通行人は受け取りたがらない場合が多い。図1は公知のチラシを配布する様子を示している。10は通行人、11は選挙運動員である。選挙運動員11が通行人10にA4のチラシ1を配ろうとしても、受け取らないことが多い。
一方、名刺の2倍の大きさにすると、多くの人が受け取ってくれることを本考案者は複数回の実験により見出した。

【効果】

【0006】
本考案によれば、普通のA4のチラシは大きくかさばるので、通行人はこのチラシを受け取ってくれないが、名刺2倍大だと手の中やポケットに入る。しかも、2つ折りにすると、名刺の代わりともなり、名刺入れに入れておくことができるので、受け取ってくれる。
【図面の簡単な説明】
【0007】
【図1】公知のチラシの配布状態を示す図
【図2】本考案のチラシの使用例を示す図
【図3】本考案のチラシの受けとりを示す図
【図4】本考案のチラシの具体的な使用例を示す図

【0008】
以下、図面を参照して本考案の実施例を詳細に説明する。
図2は本考案の使用例を示す図である。(A)は折りたたみ前のチラシ状態を示す図、(B)は折りたたむ途中の状態を示す図、(C)は完全に折りたたんだ状態を示す図である。
(A)において、1aは本考案に係る必受チラシである。このチラシの真ん中には2つに折りたたむための折り目2が設けられている。このチラシ1aは名刺の2倍の大きさなので、折り目2から半分にたたむだけで写真と名刺に変貌する。Q面は名前(名刺)、P面は人物写真である。
【0009】
名前の面Qと人物写真Pとが表面になり、更に全体の裏が主義主張を記載した面となる。
【0010】
図3は、本考案のチラシの受けとりを示す図である。10は通行人、11は選挙運動員である。1aは本考案にかかる必受チラシである。選挙運動員11が必受チラシ1aを渡すと、通行人10はチラシ1aを受け取る。これは本考案者が25年かけて130万人を対象に実験したデータにより、このサイズを生み出したものである。チラシ1aは小さくてかさばらないので、通行人10はチラシ1を受け取ってもじゃまにはならない。また、情報量は名刺の4倍となる。また、折りたたんで名刺サイズにして渡してもよい。
【0011】
後で読む場合、通行人はチラシをポケット1を受け取ってその内容を読む。これで候補者のことについて、知ることができる。名刺サイズにして名刺入れやポケットに入れておき、電車に乗った時等に取り出して読むことができる。これで、候補者の人となりを理解することができる。本考案によれば、通行人にチラシを受け取ってもらう頻度が高くなる。
【0012】
上述の実施例では、チラシとして選挙運動に用いる場合を示したが、本考案は営業等の用途にも用いることができる。図2で説明すれば、P面の顔写真はそのままで、Q面の名刺部分には氏名の他に所属とか役職とかを印刷する。裏面には、会社で製造している機械器具その他の商品に関する情報とかを印刷しておく。
図4は本考案の具体的な使用例を示す図である。この実施例は、本考案を選挙ポスターとして利用した場合を示している。(A)は立候補者の名前と顔写真を示し、裏面は立候補者の選挙公約や履歴等を示している。図4は特定の候補者を示しているが、これに限るものではないことはいうまでもない。
なお、本考案によれば、チラシを商品の営業活動に利用することもできる。その外にも、種々の利用に用いることができるが、いずれも本考案に含まれるものである。
【産業上の利用可能性】
【0013】
本考案は選挙用のチラシに用いてより効果を発揮するものであるが、営業等のその他の目的のチラシ等に用いることができる。
【0014】
1 チラシ
1a 必受チラシ
2 折り目
10 通行人
11 選挙運動員


(57)【要約】

【課題】通行人に受け取ってもらえる必受チラシを提供する。【解決手段】必受チラシ1aを名刺サイズの2倍の大きさとし、片側の半分に名前、他の半分に顔写真、他の片面に本人の主義主張を印刷し、折り目2で左右半分に折るだけで名刺としても使えるようにした。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):