(54)【考案の名称】バリの発生を抑制するドリル

(73)【実用新案権者】株式会社ウノコーポレーション

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は貫通する穴加工をする場合に、穴の出口側周囲にバリが発生しなようにしたドリルに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
ドリルを用いて穴を貫通加工する場合、穴の出口側周囲にはバリが発生する。バリの大きさは被加工材の材質にもよるが、アルミやスチール等の延性に優れた材質の場合には発生するバリは比較的大きくなる。一方、鋳物などの脆い材質であれば、発生するバリの大きさは比較的小さく成るが、発生を完全に抑えることは出来ない。
【0003】
ドリル加工には、一般的にボール盤が使用されるが、コンピュータ制御されたマシニングセンターを用い、所定の場所に正確に穴加工を行う場合も多い。このように、ドリルを取付けて穴加工する装置は色々あるが、使用する装置が如何なるものであっても、穴周辺に発生するバリを完全に抑えることは出来ない。その為に、穴加工が完了した後で、バリ取り加工を行っているのが実情である。
【0004】
しかし、バリ取り加工は単純ではあるが面倒であり、その為にバリ取り加工としての特別な工数がかかる。
従来においては、このバリ取りを簡単に行うことが出来る特殊工具も知られている。例えば、特開2009−39842号に係る「バリ取り工具」は、ドリル穴とクロス穴の交差部に生じたバリを除去するもので、工具径の微調整を可能ならしめ、さらにバリの除去効果も安定している。
すなわち、切れ刃を有するヘッドピースの先端からそのヘッドピースを接合したシャンク部の長手途中に至る部分にスリット(割り溝)を形成し、前記シャンク部のスリットを間に挟んで対向する位置に、調整ねじを用いた工具径の調整機構を設け、内面にバリを生じた穴に回転させずに挿入して切れ刃でバリを押し切るようにしている。
【0005】
一方、ドリルを改良してバリの発生を抑制したものも存在している。例えば、特開2005−297124号に係る「ドリル」は、穴あけ工具において、被加工物出口の切削バリ発生を軽減させ、又は切りくずの絡みつきを防止することができるドリルである。そこで、ドリル先端には一次切れ刃があり、通常ドリルのように先端角半角θ1および逃げ面を有している。二次切れ刃は凹曲線を有した曲線であり、逃げ面を有している。二次切れ刃とドリル大径部の交点でのドリル軸線cに対する傾斜角γ2は5°〜20゜としている。
【0006】
そして、特開2005−279848号に係る「バリ抑制ドリル」、特開2005−246577号に係る「バリ除去ドリル」など、バリの発生を抑制するドリルに関する技術は色々知られている。

【効果】

【0010】
本考案に係るドリルは、先端部の外周コーナーにR面、又はC面を形成することで、穴あけ加工を行う際に、ドリル中心から外径部にかけて徐々に切削を行っていく為に、バリの発生を抑えることが可能となる。そして、上記R面又はC面を設けることでドリル先端のフラット部分の距離が短くなり、その為に切削抵抗は小さく、穴加工時のドリルのバタ付きが抑制されて加工された穴の精度は高く、穴の面粗度も向上する。
【0011】
しかも、本考案は先端部外周コーナーに適度な大きさのR面又はC面を形成するだけであり、該ドリルの製作は極めて簡単であり、従来の一般的なドリルの製作コストに比べて大差はない。そして、外周コーナーにR面やC面を形成しても、ドリルの耐久性に影響はない。

(57)【要約】

【課題】穴加工をする際に、極めて簡単な形状にてバリの発生を防止することが出来るバリの発生を抑制するドリルを提供する。【解決手段】ドリル外周コーナーを角張らせることなく所定大きさのR面8を形成することでバリが出ないようにする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):