(54)【考案の名称】傘アクセサリー体

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、固有の傘の目印としての機能に加え、傘のアクセサリーとしても充分に楽しむことができる着脱自在な傘アクセサリー体に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
近年安価であることと視界が良好であると言う理由から、一気に普及したビニール傘においては、デザインが画一的なものが多い。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
公共の傘置き場にビニール傘を置いた際、デザインが画一的なため他人の傘との取り違えが発生しやすく、また個人の持ち物としてのオリジナル性に欠ける。

【効果】

【0005】
上述のように、本考案の傘アクセサリー体は、傘本来の使用機能を全く損なうことなく、取り付け及び取り外しが簡単かつユニークな方法であり、各種装飾具の取り付けによりデザインの多様化が期待できるので、固有の目印効果に加え傘の新しいアクセサリーとしても充分楽しむことができ、傘への愛着もわきおのずと傘を大切に扱うようになるという付加価値も期待できる。
【図面の簡単な説明】
【0006】
【図1】本考案のアクセサリー体を示す全体図。
【図2】本考案のアクセサリー体の使用状態を示す図であり、(a)は露先チップの一か所を抜き外した露先支持骨先端部にアクセサリー体をはめ込んだ図、(b)はアクセサリー体をはめ込んだ後に当該露先チップを元の箇所に戻しはめて固定装着させた図、(c)はアクセサリー体を装着させた傘を開いた図。

【0007】
本考案の実施形態を図面に従って説明する。
【0008】
図1の傘アクセサリー体5は、耐水性で錆びにくい素材から成るチェーン基盤部1の一方端に、連結用リング体2を装着し、さらに連結用リング体2には、連結用リング体(2)の円周にそって1/3〜2/3の範囲内にアタッチメント用チューブ体3をかぶせ装着させ、チェーン基盤部1の他の一方端にはビーズやチャームやプレートなどの装飾具4を連結させたものから成る。ここで言う連結用リング体2は、金属やプラスチックなどの変形しにくい材質から成るものであり、アタッチメント用チューブ体3はシリコンや塩化ビニールなどの柔軟性のある材質から成るものである。
【0009】
公共の傘置き場では、画一的デザインであるたくさんのビニール傘の中から自分の傘を瞬時に見分けることは困難であり、傘の取り違えにより他人に迷惑をおよぼすことがある。
【0010】
安価であることとオリジナル性がないという理由からビニール傘への愛着が薄くなり、大切に扱わなくなる傾向になりがちである。
【0011】
そこで図2(a)に示すように、本考案の傘アクセサリー体5に装着したアタッチメント用チューブ体3を傘本体11の露先チップ12一か所を抜き外した露先支持骨先端部13に固定装着させることにより図2(b)に示すように傘本体11と一体化させることができる。
【0012】
図2(c)に示すように、画一的デザインであるビニール傘にオリジナル性が加わり、固有の目印になると共に傘のアクセサリーとしても充分に楽しむことができる。
【0013】
当該傘アクセサリー体5の傘本体11への着け外しは、複数ある露先チップ12の一か所または複数個所の抜き外し及び戻しはめという簡単且つユニークな方法によるもので、誰にでも容易に実行できる。
【0014】
チェーン基盤部1及び装飾具4の材質や形態を様々に変化させることにより多種多様化が期待できる。
【0015】
1 チェーン基盤部
2 連結用リング体
3 アタッチメント用チューブ体
4 装飾具
5 傘アクセサリー体
11 傘本体
12 露先チップ
13 露先支持骨先端部


(57)【要約】

【課題】目印効果を備えたアクセサリーを簡単に取り付けて、傘の個別化を図り、傘への愛着をもたらす傘アクセサリー体を提供する。【解決手段】チェーン基盤部1の一方端に、アタッチメント用チューブ体3をかぶせ装着させた連結用リング体2を連結させ、他の一方端には装飾具4を連結させた傘アクセサリー体5であり、傘本体の露先チップを抜きはずした露先支持骨先端部に、アタッチメント用チューブ体をはめ込み、露先チップをもとの箇所に戻しはめて固定装着させる。傘本体と傘アクセサリー体が一体化され、固有の目印効果を備えもつ傘のアクセサリーとして楽しめると共に自分の傘に愛着がわいて大切に扱うようになる効果も期待できる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):