(54)【考案の名称】付箋

(73)【実用新案権者】株式会社アックスコーポレーション

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、例えば目印・備忘のために書籍やノートなどに貼り付けて使用される付箋に関する。

【従来の技術】

【0002】
図4において、従来の付箋紙1は、剥離紙からなる厚手のバックシート2の上に複数枚の付箋紙片3を重ね合せて載置した形態で提供される。各付箋紙片3は、図5に示すように、普通紙や再生紙からなる基紙層4と、この基紙層4の裏面所定部位に設けた繰り返し剥離および接着が可能な粘着層5とを備え、図4の付箋紙1の上から順に付箋紙片3を順次剥ぎ取って、例えば目印・備忘のために書籍やノート等に貼り付けて使用される。
【0003】
ところが、各付箋紙片3は、白色またはパステル色や蛍光色に着色された普通紙や再生紙などで構成されているため、光沢がなく輝度が小さいので、豪華できらびやかな状態を積極的に演出して商品価値を高めることができない。また、付箋紙片3の構成部材である基紙層4が、普通紙や再生紙によって構成されているので強度が低く腰が弱い。このため、例えば、手帳やノートなどにインデックスとして貼り付けた状態でバッグに収納して携行し、頻繁に出し入れされると、短期間で折れ曲り、捩れ、皺などが発生して外観を低下させることになる。
【0004】
そこで、輝度の大きい光沢を確保して、豪華できらびやかな状態を積極的に演出することにより商品価値を高めることが可能であるばかりか、折れ曲り,捩れ,皺などの発生を防止し得るとともに、付箋紙1として使い勝手のよい強度を確保して外観の低下を避けることが可能であるとされるメタリック・ラメ付箋紙が提供されている(特許文献1)。
【0005】
図4のように、特許文献1に記載のメタリック・ラメ付箋紙1も、剥離紙からなる厚手のバックシート2の上に複数枚の付箋紙片3を重ね合せて載置した形態で提供される。各付箋紙片3は、図6に示すように、樹脂製の基紙層4と、この基紙層4の表面に蒸着形成した光沢を有するメタリック層6と、前記基紙層4裏面の所定部位に設けた繰り返し剥離および接着が可能な粘着層5と、を備えている。
【0006】
図6に示す付箋紙片3は、メタリック層6により独自の光沢(金属光沢)が確保され、輝度が大きくなるので、豪華できらびやかな状態を積極的に演出して商品価値を高めることが可能となる。また、樹脂製の基紙層4とメタリック層6との複合構造体を基本構成としている付箋紙片3は、図5の普通紙や再生紙を基本構成としている付箋紙片3よりも高強度で腰が強い。このため、折れ曲り,捩れ,皺などの発生を防止して、外観の低下を避けることも可能となる。
【0007】
しかし、図6に示す付箋紙片3の使用に際して、図4のメタリック・ラメ付箋紙1の上から順に付箋紙片3を剥ぎ取ると、上側の付箋紙片3における粘着層5の粘着面に下側の付箋紙片3のメタリック層6の一部が接着して、下側の付箋紙片3の基紙層4から引き離され、メタリック層6はその一部が欠落した損傷状態になり、付箋紙片3の外観を低下させるばかりか、損傷したメタリック層6では、豪華できらびやかな状態の積極的な演出が妨害されて、商品価値を低下させる不具合が生じる。また、粘着層5の粘着面には、下側の付箋紙片3の基紙層4から引き離された一部のメタリック層6が接着するので、粘着層5の接着力が低下し、書籍やノート等に対する付箋紙片3の安定な貼り付けが妨害される不具合も発生する。これらの不具合は、図4のメタリック・ラメ付箋紙1において、上から二枚目以下の各付箋紙片3に発生することとなる。
【0008】
一方、特許文献1に記載のメタリック・ラメ付箋紙1における付箋紙片3は、図7のように、メタリック層6の表面に印刷層7の形成が可能であるとされる。しかし、メタリック層6は、インクの定着性が低いので、印刷層7の安定形成が困難である。このため、図4のメタリック・ラメ付箋紙1の上から順に付箋紙片3を剥ぎ取ると、上側の付箋紙片3における粘着層5の粘着面に下側の付箋紙片3におけるメタリック層6表面の印刷層7の一部が接着して、メタリック層6から引き離され、印刷層7はその一部が欠落した損傷状態になり、損傷した印刷層7は、適正な印刷効果の演出を妨害する不具合が生じる。また、粘着層5の粘着面には、下側の付箋紙片3のメタリック層6から引き離された一部の印刷層7が接着するので、粘着層5の接着力が低下し、書籍やノート等に対する付箋紙片3の安定な貼り付けが妨害される不具合も発生する。これらの不具合は、図4のメタリック・ラメ付箋紙1において、上から二枚目以下の各付箋紙片3に発生することとなる。
【0009】

【効果】

【0020】
本考案に係る請求項1に記載の付箋によれば、メタリック層の損傷防止機能により、豪華できらびやかな状態を積極的に演出して商品価値の低下を防止することが可能であり、粘着層の接着力低下回避機能により、付箋片の安定な貼り付けが可能となる。また、本考案に係る請求項2に記載の付箋によれば、印刷層の安定的な定着との損傷防止機能により、印刷層の適正な表示を確保して商品価値の低下を防止することが可能であり、粘着層の接着力低下回避機能により、付箋片の安定な貼り付けが可能となる。
【図面の簡単な説明】
【0021】
【図1】本考案に係る付箋の一実施例を示す概略斜視図である。
【図2】請求項1に記載の付箋に係る付箋片の一実施例を拡大して示す断面図である。
【図3】請求項2に記載の付箋に係る付箋片の一実施例を拡大して示す断面図である。
【図4】従来の付箋紙の一例を示す概略斜視図である。
【図5】付箋紙片の第1従来例を拡大して示す断面図である。
【図6】付箋紙片の第2従来例を拡大して示す断面図である。
【図7】付箋紙片の第3従来例を拡大して示す断面図である。

(57)【要約】

【課題】光沢を確保して輝度を大きくし、きらびやかな状態の積極的な演出を可能とし、高強度の確保により折れ曲り,捩れ,皺などの発生を防止して、外観および使用性の低下を避けることが可能である前提条件を満足させ得るものでありながら、メタリック層の損傷防止機能と、粘着層の接着力低下回避機能と、を兼備する付箋を提供する。【解決手段】付箋は、PETフィルム製の基層4と、この基層4の表面に形成したアルミまたはアルミ系合金の蒸着層6と、基層4裏面の所定部位に設けた繰り返し剥離および接着が可能な粘着層5と、を備える付箋片3を複数枚重ね合せて構成される。そして、前記蒸着層6が、粘着層5の剥離が自在な透明なシリコングラビアコーティング層8により覆われている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):