(54)【考案の名称】壁用ステッカー

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は一種の壁用ステッカーとされ、特に一種の、中間基層、表面装飾層、及び底面粘着層が一体に結合されて構成された一種の重複して粘着可能な多用途壁用ステッカーであり、改良型壁用ステッカー構造の技術範疇に属する。

【従来の技術】

【0002】
インテリア業界で用いられる機能性或いは装飾性表面材料の種類は多く、最もよく目にされるのは、たとえば壁紙、壁布、壁画等であり、壁面を保護するほか、空間を美化する特徴も有している。
【0003】
ただし、伝統的な周知の上記機能性或いは装飾性材料は、ほとんどが一旦施工された後には、壁面に固定接合され、交換したい場合は、手間と費用をかけて取り外して、選択した新しい面材料を取り付けなければならず、取り外し後の面材料はほとんどが廃棄物となり、重複利用はできない。
【考案が解決しようとする課題】
【0004】
伝統的な技術の欠点と不便を改善するため、本考案はすなわち、新規な構造の壁用ステッカーを提供する。
【0005】
すなわち、本考案の主要な目的は、一種の、中間基層、表面装飾層、及び底面粘着層を一体に結合させて構成した、重複して粘着可能な多用途壁用ステッカーを提供することにある。
【0006】
本考案のさらなる目的は、一種の、施工環境の必要に応じて、軟質材料或いは硬質材料を中間基層として選択使用でき、施工に便利で、取り外しがスピーディーに行え、取り外し後には洗浄して再利用できる特徴を具えた多用途壁用ステッカーを提供することにある。

【効果】

【0013】
本考案の中間基層は、どのような製造材料と寸法企画を使用するかの制限がない。本考案の組合せ体と構造は並びに複雑でなく、特に、各種の臨時性建築物の内外壁面の壁用ステッカーとされ、前述の予期された目的を達成する。
【図面の簡単な説明】
【0014】
【図1】本考案の壁用ステッカーのある実施例の構造図である。
【図2】図1中の壁用ステッカーの巻回状態表示図である。
【図3】本考案の壁用ステッカーの第2実施例の構造図である。
【図4】本考案の壁用ステッカーの第3実施例の構造図である。

【0015】
以下に本考案の技術内容、構造特徴、達成する目的及び作用効果について、以下に例を挙げ並びに図面を組み合わせて詳細に説明する。
【0016】
図1に示されるように、本考案の壁用ステッカー10は、中間基層11、表面装飾層12、及び底面粘着層13を組み合わせて構成される。
【0017】
上記中間基層11は、軟質材料を使用して形成され、必要に応じて裁断されて任意の形状とされ、中間基層11の表面には各種の模様、パターン、カラーを印刷可能である。
【0018】
上記軟質材料は、紙、織物、化繊織物、プラスチック、或いはその他の巻回可能な軟性平面材料とされ得る。
【0019】
上記表面装飾層12は、アクリル樹脂(Acrylic Copolymers)が使用され、該中間基層11の表面に均一にコーティングされて形成された薄型透明保護層とされる。
【0020】
上記底面粘着層13はPU樹脂、PSA感圧樹脂、或いはPU弾性体で形成され、該中間基層11の底面に結合されて一体とされ、該底面粘着層13の外表面にライナー14が設けられている。
【0021】
底面粘着層13のライナー14は、底面粘着層13を被覆するのに用いられ、底面粘着層13が任意に粘着しないようにする。この壁用ステッカー10は図2に示されるように巻回されて収蔵状態とされ得る。
【0022】
上記壁用ステッカー10は、施工時に、ただライナー14を剥がせば、壁用ステッカー10を施工壁面に貼り付けて、壁面上の装飾面を形成できる。
【0023】
図3は本考案の第2実施例の構造図である。
【0024】
図3に示される本考案の壁用ステッカー20は、中間基層21、表面装飾層22、及び底面粘着層23を組み合わせて構成される。
【0025】
上記中間基層21は、硬質材料を使用して形成され、必要に応じて裁断されて任意の形状とされ、中間基層21の表面には各種の模様、パターン、カラーを印刷可能である。
【0026】
上記硬質材料は、木板、金属板、合成板、プラスチック板、或いはその他の湾曲変形しにくい硬質平面材料とされる。
【0027】
上記表面装飾層22は、アクリル樹脂(Acrylic Copolymers)が使用され、該中間基層21の表面に均一にコーティングされて形成された薄型透明保護層とされる。
【0028】
上記底面粘着層23はPU樹脂、PSA感圧樹脂、或いはPU弾性体で形成され、該中間基層21の底面に結合されて一体とされ、該底面粘着層23の外表面にライナー24が設けられている。
【0029】
底面粘着層23のライナー24は、底面粘着層23を被覆するのに用いられ、底面粘着層23が任意に粘着しないようにする。この壁用ステッカー20は多層が積み重ねられて収蔵状態とされ得る。
【0030】
上記壁用ステッカー20は、施工時に、ただライナー24を剥がせば、壁用ステッカー20を施工壁面に貼り付けて、壁面上の装飾面を形成できる。
【0031】
図4は本考案の第3実施例の構造図である。
【0032】
図4に示される本考案の壁用ステッカー30は、底面粘着層31、表面装飾層32、及び中間夾持層33を組み合わせて構成される。
【0033】
上記底面粘着層31はPU樹脂、PSA感圧樹脂、或いはPU弾性体で形成され、該中間夾持層33の底面に結合されて一体とされ、該底面粘着層31の外表面にライナー34が設けられている。
【0034】
上記表面装飾層32は、アクリル樹脂(Acrylic Copolymers)が使用され、該中間夾持層33の表面に均一にコーティングされて形成された薄型透明保護層とされる。
【0035】
上記中間夾持層33は、各種平面素材とされ、たとえば、写真、絵、風景画、ポスター、商業広告等とされ、必要に応じて裁断され任意の形状とされる。
【0036】
底面粘着層31のライナー34は、底面粘着層31を被覆するのに用いられ、底面粘着層31が任意に粘着しないようにする。この壁用ステッカー30は巻回されるか多層が積み重ねられて収蔵状態とされ得る。
【0037】
上記壁用ステッカー30は、施工時に、ただライナー34を剥がせば、壁用ステッカー20を施工壁面に貼り付けて、壁面上の装飾面或いは広告面を形成できる。
【0038】
上述の異なる実施例から分かるように、本考案の壁用ステッカーの構造は複雑でなく、中間基層の構成材料は取得が容易で、加工が簡単で、材料代替え性が高く、多様な選択性を有し、これにより本考案の製造コストは最低程度まで下げられる。
【0039】
実際の使用上、本考案の壁用ステッカーは必要に応じて各種の模様、パターン、カラーを有するように製造されて、カスタマイズされた応用に最も適合する。施工はスピーディーで便利であり、十分に建築物の内外壁面に応用でき、特に、各種の臨時性建築物の内外壁面たとえば演芸舞台、建築用地のモデルルーム、商品展示場などの壁用ステッカー装飾とされ、必要時には短時間内に取り外せ、洗浄後に再使用でき、或いは比較的大面積の壁用ステッカーに製造されて、教育用の黒板、ホワイトボード、プロジェクター用スクリーン等とされ得て、十分に重複再使用の機能を発揮でき、大幅に便利性をアップし、前述の予期された目的を達成する。
【0040】
総合すると、本考案は確実に予期された機能及び目的を達成でき、並びに当業者がそれに基づき実施できる程度に詳細に説明されている。しかしながら、以上は本考案の好ましい実施例の説明に過ぎず、並びに本考案を限定するものではなく、本考案に提示の精神より逸脱せずに完成されるその他の同等の効果の修飾或いは置換は、いずれも本考案の権利請求範囲内に属する。
【0041】
10 壁用ステッカー
11 中間基層
12 表面装飾層
13 底面粘着層
14 ライナー
20 壁用ステッカー
21 中間基層
22 表面装飾層
23 底面粘着層
24 ライナー
30 壁用ステッカー
31 底面粘着層
32 表面装飾層
33 中間夾持層
34 ライナー

(57)【要約】

【課題】施工に便利で、取り外しがスピーディーに行え、取り外し後には洗浄して再利用できる多用途の壁用ステッカーを提供する。【解決手段】壁用ステッカーは、中間基層11、表面装飾層12、及び底面粘着層13を含み、それらが組み合わされて構成される。中間基層11は軟質材料或いは硬質材料で形成され、必要に応じて裁断して任意の形状とされ、中間基層の表面には各種模様、パターン、カラーを印刷できる。表面装飾層12にはアクリル樹脂が使用され、均一に中間基層の表面にコーティング形成された透明保護層とされる。底面粘着層13はPU樹脂、PSA感圧樹脂、或いはPU弾性体で形成され、中間基層の底面に結合されて一体とされ、外表面にライナー14が設けられる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):