(54)【考案の名称】誤消印防止郵便往復はがき

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は郵便往復はがきの誤消印防止に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
現在郵便往復はがきの消印は人間の手作業によるものであり日常誤消印がたえず発生し問題となっている。
通常は先に往信元へ配達されるべきなのにあやまって返信元に先に誤消印、配達され往復はがきの本来の機能が阻害されてしまっている。
【考案が解決しようとする課題】
人間の手作業での郵便往復はがきへの誤消印をなくす事である。

【効果】

郵便往復はがきの往信面を着色し、返信面を白色にして、色を変える事により誤消印のまちがいをなくす事が出来る。
【図面の簡単な説明】
【図1】本考案の全体正面図

郵便往復はがきの形態は従来のままにし往信面を着色し、返信面は白色にする。

(57)【要約】

【課題】日常的に発生している誤消印を防止できる郵便往復はがきを提供する。【解決手段】往信面を着色し返信面を白色にして明確に往信面、返信面をわかりやすくして誤消印をなくす。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):