(54)【考案の名称】プリンセス立体カード

(73)【実用新案権者】株式会社アートプリントジャパン

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、プリンセスの形状の人形を平状に畳んだ状態から自立した立体形状にすることができるプリンセス立体カードに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来から、クリスマスや新年などの年中行事、或いは誕生日等のプレゼント用品として、所謂「グリーティングカード」と称する贈呈用のカードが使用されている。また、このようなグリーティングカードには、季節や流行に応じたキャラクター等を利用した物品が添えられることがあり、女子の間では、プリンセスの形状をした人形に人気が集まっている。
【0003】
このようなプリンセスの人形は、ドレスを身に着けている形状となるが、封筒等に入れる際、平状に畳むことが要求される。また、封筒等から取り出した際、このプリンセスの人形を自立した状態にし、身に着けているプリンセスのドレスが本物のドレスのように膨らんだ立体形状になるのであれば、商品価値の高い物品となる。
【0004】
そこで、上記のように平状に畳むことができ、しかも自立した状態にすることができる人形として特許文献1を参照する。この文献には、ウエディングドレスを着た花嫁の人形を宴会用座席置として利用し、折り畳んだ足部を展開することによって自立した状態にすることができる花嫁の人形が記載されている。
【0005】
しかしながら、上記の人形は、折り畳んだ足部を展開するだけの形状であって、人形が身に着けたドレスを膨らんだ立体形状にする構造は全く記載されてなく、リアリティのある意匠性に欠けるものであった。
【0006】

【効果】

【0010】
本考案のプリンセス立体カードは、上記のように構成されているため、人形が身に着けたドレスの内部にて本体の足部の切込線に補助部材の切込線を差し込んだ状態で平状に畳む一方、本体の足部に対して補助部材を交差した状態に展開することによって人形を自立した状態にすることが可能となる。
【0011】
従って、このプリンセス立体カードをグリーティングカード等に添えて贈呈する際、プリンセス立体カードを平状に畳んで封筒等のように平状な隙間に収納することが可能となる。また、このプリンセス立体カードを封筒から取り出して、ドレス内の本体と補助部材を交差状に展開することによって人形を自立した状態に設置することが可能となる。
【0012】
また、本考案において、人形の足部の両側と補助部材の両側を外側に膨れた湾曲状に形成すると共に、可撓性の素材で形成したドレスの上部を人形の腹部の周りで絞り込んだことにより、ドレスを膨らませた形状にすると共に、ドレスの周囲にできたひだ状の凹凸で本体の足部と補助部材の湾曲状の外側部を係止することができる。従って、足部と補助部材の切込線を差し込んだだけでは不安定な交差状の展開形状をドレスのひだ状の凹凸で押さえることによって安定した状態で人形を自立した状態に保持することが可能となる。
【図面の簡単な説明】
【0013】
【図1】本考案による実施例のプリンセス立体カードの全体斜視図である。
【図2】本考案による実施例のプリンセス立体カードの内部構成に関する分解図であり、(a)は本体の平面図、(b)は補助部材の平面図である。
【図3】(a)は本考案による実施例のプリンセス立体カードの内部構成を組み立てた状態を示す斜視図であり、(b)は下面図である。
【図4】本考案による実施例のプリンセス立体カードを封筒等の袋に収納した状態を示す平面図である。
【図5】(a)は本考案による実施例のプリンセス立体カードに添える装飾品の展開図であり、(b)は組立後の斜視図である。

【0014】
以下、本考案の実施例について図面を参照しながら説明する。
【0015】
本考案による実施例のプリンセス立体カード1は、図1又は図2に示すように、ドレス2を身に着けた形状の人形3を平状に畳んだ状態から自立可能な立体形状にしたものである。
【0016】
このような本実施例のプリンセス立体カード1について詳細に述べる。図2(a)及び(b)に示すように、本実施例のプリンセス立体カード1は、人形3の身体部3aから足部3bに至る平板な形状を足部3bの下辺4bに向けて広がるように形成した本体4と、この本体4を自立可能に補助する補助部材5と、人形3の腹部3cから下方全体を包むドレス2(図1参照)とから構成されている。
【0017】
上記の本体4は、厚紙や合成樹脂等による板部材によって形成された人形3の身体部3aから足部3bに至る平板な本体4の外形を足部3bの下辺4bに向けて広がるように形成した形状としている。このような構成において、本体4の下辺4bは直線状に形成してあるが、他の形状として不図示の曲線等を使用した形状であっても、立たせたときに安定した状態となる形状であればよい。
【0018】
また、本体4には、足部3bの下辺4bの中央から上方の途中に至る切込線4aが形成されている。この切込線4aの切込み幅は、後述する補助部材5を構成する板厚と略同等のものとし、この本体4の切込線4aに補助部材5の切込線5aを差し込んだとき、容易に抜け出ないようにする。
【0019】
一方、補助部材5の全体形状は上部から下辺5bに向けて広がるように形成してあり、この補助部材5の上部中央には、上記の本体4の切込線4aとクロスした状態で差し込み可能な切込線5aが形成されている。
【0020】
このような構成により、図3(a)(b)に示すように、本体4の切込線4aに補助部材5の切込線5aを差し込んだ状態にして、本体4の足部3bに対して補助部材5をクロスさせた交差状に展開することで、立体的な人形3を自立させた状態にすることが可能となる。
【0021】
また、本実施例では、図1に示すように、上記のように構成された人形3をプリンセスの容姿を有する形状に形成してあり、本体4の腹部3cから下方の足部3b全体を包むような膨みのあるドレス2で包囲するようにしている。このドレス2は、布や微細なメッシュ状の可撓性を有する繊維で円筒状に形成してあり、裾2aにはドレス2の意匠にふさわしいフリル等の装飾を施している。また、ドレス2の上部を折り返して紐通し口8を形成し、この紐通し口8からリボン9を通した構成としている。
【0022】
このような構成により、図1に示すように、ドレス2を人形3の腹部3cから本体4の足部3bと補助部材5を覆うように身につけさせ、リボン9の両端を引き込んで結ぶことにより、ドレス2の上部を絞り込んだ状態にして、本体4の腹部3cで係止させる。
【0023】
上記の構成により、ドレス2を身に着けたプリンセスの容姿を有する人形3が形成されるが、その容姿はプリンセスの容姿に限定されることなく、他の容姿やキャラクター等による人形でもよい。
【0024】
また、本実施例において、図2(a)(b)に示すように、人形3の足部3bの両側3d、3dと補助部材5の両側5c、5cを外側に膨れた湾曲状に形成すると、可撓性の素材で形成したドレス2の上部を人形3の腹部3cの周りで絞り込んだことによって、膨らんだ形状のドレス2の周囲にひだ状の凹凸6が形成される。
【0025】
このドレス2のひだ状の凹凸6で足部3bの湾曲状の両側3d、3dと補助部材5の湾曲状の両側5c、5cを係止することができるため、本体4の足部3bと補助部材5との交差状の展開形状をドレス2のひだ状の凹凸6で押さえることによって、ドレス2を膨らませた形状にすると共に、人形3の自立状態を安定した状態に保持することが可能となる。
【0026】
また、図4に示すように、上記のプリンセス立体カード1を平状に畳んで、グリーティングカードを入れる封筒7に添えて透明のビニール袋10等に収納することにより、畳んだ状態のプリンセス立体カード1を外方から見えるように展示することも可能である。また、プリンセス立体カード1を畳んだ状態で封筒7に収納して贈ることも可能であり、プリンセス立体カード1を封筒7やビニール袋10から取り出して、ドレス2内の本体4と補助部材5を交差状に展開することにより、図1に示すように、人形3を自立した状態に設置することも可能である。
【0027】
なお、図5(a)(b)に示す物品は、本実施例のプリンセス立体カード1に添えて使用する装飾品11である。この装飾品11は、希望する外形に形成した厚紙等による展開形状を折曲げ線11aで折り曲げ、端部の固定片11bで接着することによって立体形状に形成することが可能である。
【0028】
また、装飾品11を折り畳むことによって、図4に示すように、上記のプリンセス立体カード1と共にビニール袋10等に収納することができ、プリンセス立体カード1の意匠性をより効果的にすることが可能となる。
【産業上の利用可能性】
【0029】
本考案のプリンセス立体カードは、グリーティングカードやその他のプレゼント用或いは装飾用として使用することができ、プリンセスの形状の人形を平状に畳んだ状態から自立した立体形状にすることが可能であり、しかもその人形の身に着けているドレスが実物のドレスのように膨らんだ立体形状となるようにしたプリンセス立体カードとして利用可能である。
【0030】
1 プリンセス立体カード
2 ドレス
2a 裾
3 人形
3a 身体部
3b 足部
3c 腹部
3d 両側部
4 本体
4a 切込線
4b 下辺
5 補助部材
5a 切込線
5b 下辺
5c 両側部
6 ひだ状の凹凸
7 封筒
8 紐通し口
9 リボン
10 ビニール袋
11 装飾品
11a 折曲げ線
11b 固定片

(57)【要約】

【課題】グリーティングカードやその他のプレゼント用或いは装飾用として使用することができ、プリンセスの形状の人形を平状に畳んだ状態から自立した立体形状にすることが可能であり、しかもその人形の身に着けているドレスが実物のドレスのように膨らんだ立体形状となるようにしたプリンセス立体カードを提供する。【解決手段】人形3の身体部3aから足部3bに至る平板な本体の外形を足部の下辺に向けて広がるように形成すると共に、この足部の下辺の中央から上方の途中に至る切込線5aを形成する一方、本体の切込線4aにクロスした状態で差し込み可能な切込線を有する補助部材を設け、この補助部材の外形を上部から下辺に向けて広がるように形成し、ドレスの内部にて本体の切込線に補助部材の切込線を差し込んだ状態で畳むことによって人形全体を平状にする一方、本体に対して補助部材を交差状に展開することによって人形を自立可能にした。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):