(54)【考案の名称】スマートフォン保持補助シール

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図4

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、スマートフォンの保持補助シールに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
スマートフォンを車内や歩行中に操作する場合、右手または左手の第2指から第4指をスマートフォンの裏面に置き、第1指で画面をタッチ操作するのが常態であるが、その際スマートフォンが滑落して破損することが頻発していた。

【効果】

【0005】
本件考案のスマートフォン保持補助シールを貼付し、指挿入部に指を挿入することでスマートフォンの保持を安定させることを補助できる。
【0006】
シールタイプとすることで、安価でいずれの機種にも広範に対応し、スマートフォンケースの上からも使用できる。
【0007】
また、スマートフォン保持補助シール本体に着色したり、模様や図形を描くことによりファッション化したり、各種ロゴなどを記載することで、商用も可能となる。
無色であれば、スマートフォン本体またはスマートフォンケースの外観を損ねること無く保持を補助できる。

(57)【要約】

【課題】スマートフォンを操作する際の保持を安定的なものとし、スマートフォンの落下・破損を予防する保持補助シールを提供する。【解決手段】保持補助シールはシート状の形態を成し、接着部と指挿入部から成り、接着部にはスマートフォンまたはスマートフォンケース裏側に貼付するための接着剤が塗布されており、指挿入部にはスマートフォンを保持するよう第2指から第4指を挿入のための開口部を有し、開口部は第2指から第4指が独立して個々に挿入されるタイプ又は一括して挿入されるタイプの形状があり、更には接着部と指挿入部との間を谷折することにより、指挿入部が自然起立し各指の挿入を容易にしたことを特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):