(54)【考案の名称】スイッチ結線端子台構造

(73)【実用新案権者】進聯工業股▲分▼有限公司

(73)【実用新案権者】進聯電子科技(上海)有限公司

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図4

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案はスイッチ結線端子台構造に関し、特に端子台についてリード線端子のネジ止めに用いられるネジ止め構造の改良であり、とりわけ端子台を大型化することなく、螺着部材とネジ止め孔との間に十分な隙間を保持して、丸形リード線端子を用いた端子台構造に有利となり、使用利便性を高める。

【従来の技術】

【0002】
スイッチ結線端子台は通電端子を有する電源スイッチング要素であって、電子及び電気分野の回路系に応用されており、主に電子、電気設備の操作パネル又は配電盤の内側に取付けられて、電子、電気設備の配線回路の接続に用いられる。このスイッチ結線端子台は、操作パネル又は配線盤の表面に露出している押しボタンを備えており、しかもスイッチ結線端子台は電子、電気設備内部にてその他配線回路のスイッチ結線端子台に結合することで、操作者が押しボタンを押下して、各配線回路の通電又は遮断を操作、調整し、回路の電源をオン又はオフする作用を備えている。
【0003】
従来のスイッチ結線端子台の断面図である図1を参照されたい。この説明によると、前記端子台はハウジング1aを備えており、前記ハウジング1aの前端には押しボタン2aが可動的に配置されており、且つ押しボタン2aはハウジング1a内に延在してスプリング21aの弾発力が付与されている。前記ハウジング1a内には押しボタン2aの両側に位置している第1の通電端子41a及び第2の通電端子42aと、第1の通電端子41aと第2の通電端子42aとの間に配置されている導電性素子3aとが設けられており、且つ導電性素子3aは押しボタン2aに結合されている。前記第1の通電端子41a、第2の通電端子42aの両端はそれぞれネジ止め孔411a、421aと、導電性素子3aに対応するコンタクト部412a、422aを備えており、押しボタン2aを押下することで、導電性素子3aが押しボタン2aにより連動して第1の通電端子41a及び第2の通電端子42aのコンタクト部412a、422aに接離して、第1の通電端子41aと第2の通電端子42aとを通電又は遮断することができる。
【0004】
また、前記ハウジング1aの後端には二つの収容孔15a、16aが設けられており、それぞれ第1の通電端子41a及び第2の通電端子42aのネジ止め孔411a、421aに連通するとともに、ハウジング1aの両側端にはそれぞれ線挿入口17a、18aが設けられており、それぞれ収容孔15a、16aと交差して連通している。しかも、前記収容孔15a、16a内にはネジ止め孔411a、421aに螺着可能なネジ51a、52aが配置されている。使用に際しては、外部のリード線端子をネジ51a、52aの外周に固定し、次にネジ51a、52aを第1の通電端子41a、第2の通電端子42aのネジ止め孔411a、421aに螺入することで、第1の通電端子41a、第2の通電端子42aが電気的に接続することができる。
【0005】
しかしながら、外部の各種タイプのリード線端子91a、92a(Y形及び丸形を含む)をネジ51a、52aの外周に汎用的に固定することができるようにするためには、前記ネジ51a、52aの末端とネジ止め孔411a、421aとの間に、未緊締状態で充分な隙間Hを残して、丸形リード線端子を含む各種タイプのリード線端子91a、92aをネジ51a、52aの外周に挿入させて固定するのに適応させる必要がある。
【0006】
収容孔15a、16aと線挿入口17a、18aとは交差して連通していることから、ネジ51a、52aがネジ止め孔411a、421aから緩んで外れた後、ネジ51a、52aが線挿入口17a、18aなどの方向に傾斜して、そしてネジ51a、52aの螺着端がネジ止め孔411a、421aの対応位置から偏って離れやすくなり、再度ネジ51a、52aをネジ止め孔411a、421aに螺着させたいときには、ネジ51a、52aをネジ止め孔411a、421aに位置合わせして螺着することが難しくなる事態が発生して、ネジ51a、52aはネジ止め孔411a、421aに螺入させにくくなるという不具合が発生しやすくなる。
【0007】
これに鑑みて、従来のスイッチ結線端子台でもまたネジ51a、52a上に補正案内用の金具61a、62a(つまり、パッド、ワッシャ)を装着する設計を備えており、通常は収容孔15a、16aの側面がネジ止め孔411a、421a方向に延在しているガイド溝151a、161aに連通するとともに、金具61a、62aの縁部からネジ止め孔411a、421aへの方向にガイド溝151a、161aに摺設されているガイド条611a、621aが延在して形成されることで、ネジ51a、52aを金具61a、62aを介してガイド条611a、621aとガイド溝151a、161aにより案内してネジ止め孔411a、421aに位置合わせするようにしている。ところがこの場合、ガイド溝151a、161a及びガイド条611a、621aはいずれも導電性素子3a、第1の通電端子41a及び第2の通電端子42aのコンタクト部412a、コンタクト部422aの方向に延在して設けられていることから、もし接近しすぎると、導電性素子3a、第1の通電端子41a及び第2の通電端子42aのコンタクト部412a、422aと干渉しやすくなり、もし干渉を充分に回避するためには、ハウジング1aの高さを増加させなければならず、ハウジング1aがいたずらに大型化し、本体小型化の進化に不利となるという欠点がある。
【0008】
さらに、ネジ51a、52aがネジ止め孔411a、421aから外れた後、必ずしも前記ネジ51a、52aがネジ止め孔411a、421aから離れるとは限らず、特にハウジング1aの押しボタン2a端が下方に向いて、そして収容孔15a、16aを上方に開放している場合には、前記ネジ51a、52aは重力の影響を受けてネジ止め孔411a、421aから離れることができず、ネジ51a、52aの末端と各々ネジ止め孔411a、421aに対応する間に隙間Hを維持できない状態となり、丸形のリード線端子91a、92aがネジ51a、52aと第1の通電端子41a、第2の通電端子42aとの間に進入できないという不具合が生じてしまう。前記問題を解決するために、従来のスイッチ結線端子台でもスプリングによりネジ51a、52aを緩めたときに付勢して、常態的にネジ止め孔411a、421aから離れる方向で移動させる設計、例えばスプリング70aをガイド溝151a内に設けることで、スプリング70aがガイド条611a及び金具61aにてネジ51aをネジ止め孔411aから離れる方向に移動するように連動するというものがある。しかし上記のように、ガイド溝151a、スプリング70a及びガイド条611aと、導電性素子3a、第1の通電端子41a及び第2の通電端子42aのコンタクト部412a、422aとの干渉を回避するためには、同様にハウジング1aが大型化するとともに、上記不具合が発生してしまうという欠点がある。
【考案が解決しようとする課題】
【0009】
そこで、本考案の主な目的は、端子台全体を大型化することなく、螺着部材とネジ止め孔との間の螺合ストロークを効果的に増大して、丸形を含む各種タイプのリード線端子を有する端子台構造を使用しやすくすることで、上記した従来の端子台構造における諸々の欠陥を改善するスイッチ結線端子台構造を提供するところにある。

(57)【要約】

【課題】端子台全体を大型化することなく、螺着部材とネジ止め孔との間の螺合ストロークを効果的に増大して、端子台の使用利便性を高めるスイッチ結線端子台構造を提供する。【解決手段】スイッチ結線端子台構造は、ハウジング1を備えており、前記ハウジング1内には少なくとも一つの通電端子が設けられており、且つ通電端子はネジ止め孔411、421を有する。前記ネジ止め孔411、421はハウジング1内に設けられている収容孔に直通しており、前記収容孔は前記ハウジング1内に設けられている線挿入口に交差して連通しており、前記収容孔内には前記ネジ止め孔411、421に螺着可能な螺着部材51、52が設けられ、螺着部材51、52には金具61、62が装着されており、前記収容孔の内壁は、前記螺着部材51、52の螺合方向に対して、ガイド溝151、161が延在して設けられ、しかも前記金具61、62上にガイド溝151、161に摺設するガイド部611が、螺着部材51、52が螺合するのとは反対方向に延在している。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):